ここから本文です
洋楽の奇妙な和訳
こんなブログを読もうとするなんて・・・。シブイねェ…まったくおたくシブイぜ

書庫廃墟

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

久々に廃墟に行ってきました
場所は茨城県某所。
結婚式場の廃墟です。

イメージ 1

国道沿いにあるので簡単に見付かると思いますが・・・この廃墟は危ないので行かない方がよろしいと思います。
(廃墟自体が危険ですが)

イメージ 2

ここから入れるのですが、ガラスの破片が多くて危険です。

イメージ 3

今回はホルガデジタルとスマホのカメラで撮影しました。

イメージ 4

1枚目の写真を見て気付いた方もいると思いますが、この物件・・・放火されております。
人為的な破壊も多いので非常に危険な廃墟です。
絶対に行かないで下さい。

イメージ 5

ご覧の通り、黒焦げ。

イメージ 6

この廃墟を発見したのが去年の12月下旬。
行くか行かないか迷っていましたが、欲望に負けて行ってしまいました

イメージ 7

結婚式場の廃墟はコレで2件目。
笠間にある平安閣に比べると小規模な物件です。

イメージ 8

普通のデジカメを持ってくれば良かったと後悔しました。

イメージ 9

中は何気に暗い
懐中電灯があると便利ですね。
(自分は忘れましたが)

イメージ 10

この結婚式場、2階建てです。

イメージ 11

地元の不良連中の溜まり場になっていたと聞きましたが・・・。

イメージ 12

人為的な破壊は多いですが、落書きがありません。
大抵はあるんですけどね。

イメージ 13

ここで結婚式を挙げた方々は、この物件を見てどう思うんだろう。
悲しい?切ない?
それとも・・・
特に何とも思わない!?

イメージ 14

中は荒れ放題。
ガラスの破片がとにかく危険です。

イメージ 15

比較的、侵入しやすい物件ですがお勧めはしません。

イメージ 16

定期的に警察が見回りに来ているという話も聞きました。

イメージ 17

放火があったからでしょうね。
そこそこ車が通る国道沿いにあるのに・・・。

イメージ 18

失礼を承知で書きますが・・・。

イメージ 19

この結婚式場じゃあ、結婚式は挙げたくないよなぁ

イメージ 20

田舎のこんな場所にあって
お洒落でもないし。

イメージ 21

こうなる運命だったんでしょうね。

イメージ 22

ただでさえ、田舎なんて少子高齢化してるのに

イメージ 23

1本だけ中身が入っているHI-C。
瓶のジュースって不思議と美味しく感じますよね。

イメージ 24

似たような写真ばかりで申し訳ありません。

イメージ 25

特に見所のない物件です。
それでも久々の廃墟だったんで楽しく感じましたが

イメージ 26

HI-Cのあった部屋。
厨房だと思います。

イメージ 27

酷い状態の階段。
危なかったのでこの階段は使いませんでした。

イメージ 28

放火されたせいでボロボロ。
放火犯は捕まったのかな!?

イメージ 29

放火って重罪なのに・・・。

イメージ 30

毎日、コップ一杯の塩を入れなければならなかった物体。

イメージ 31

くどいようですが、この物件はガラスの破片がそこら中に散らばっていて危険ですので侵入しない事を強くお勧めします。
本当に危険です!

イメージ 32

写真が白飛びしていて分かりにくいですが、ウェディングケーキの模型らしき物体。
汚れないようにビニール袋に包まれています。
少し切ない気持ちになりました。

石岡にある廃墟、料亭・ふるさとに行ってきました。

イメージ 1

結論から言うと全くお勧め出来ない廃墟です。






イメージ 2

ご覧の有り様ですから





イメージ 3


わざわざ行く価値の無い廃墟です。




イメージ 4


この廃墟は生板池の畔にあるんですが、この生板池はバス釣りが楽しめるそうですよ





イメージ 5


生板池を見ながら食事が楽しめます♪
汚い池を見ながら食事して楽しいのかな?





イメージ 6

行きたい方はネットで調べれば場所が分かります。
自分はナビを使って行きました。
本当に便利な時代です





イメージ 7

せっかく来たので二階にも行ってみました。





イメージ 8


特に見所は無し。





イメージ 9

この廃墟自体に見所は無し。





イメージ 10

この看板が目印。
本当にお勧め出来ない廃墟です。


茨城の廃墟 善光寺

今回は珍しいお寺の廃墟です
場所は茨城県石岡市。




イメージ 1

善光寺楼門。
所在地・石岡市太田940-1
製作時期は室町中期頃。
国指定の文化財です。
指定年月日・昭和58年12月26日)






イメージ 2

この石段の先に本堂があります。
国指定の重要文化財と廃寺という異色の組み合わせ







イメージ 3

お地蔵さん達が歓迎してくれています♪



イメージ 19




イメージ 4

これが本堂。
築300年以上を誇るお寺が廃墟となっています。







イメージ 5

1501年、善光寺は常陸国(茨城県)を治めていた小田氏が建立。
楼門もこの当時のものと言われています。






イメージ 6


楼門とは2階造りの門を意味するのですが、善光寺の楼門は一部が未完成の状態となっています。






イメージ 7


ここは歩く時慎重に歩きました
本来、こういった危ない場所は避けるべきなんですけどね。






イメージ 8


善光寺の楼門は何故未完成なのか?
それは戦乱の影響により途中で断念せざるを得なかったからと言われています。






イメージ 9


理由は分かりませんが、このお寺は住職が長期間空位で、1701年に建てられた本堂は半壊しています。






イメージ 10

国の指定文化財に登録されている楼門はきちんと管理されていますが本堂はご覧の有り様です。
廃墟状態。






イメージ 11

地方の廃寺としてはなかなかの規模で、参道の周りや本堂の奥には古いお墓や石碑等が数多く残っています。







イメージ 12

再興は厳しいでしょうね。
いずれは倒壊する運命かと思われます。







イメージ 13

因みにこのお寺、『仮面ライダー響鬼』のロケで使用された事があります。
(観た事ありませんが)

※写真は本堂の隙間から撮影。
 本堂の中に入る事は出来ません






イメージ 14

それで有名になったらしいですね。
自分の様な廃墟マニアの間で






イメージ 15

TBSのスペシャルドラマ、ザ・パートナーのロケ地としても活躍しました。
(観ていませんが)







イメージ 16

廃墟に行った事が無い人でも気軽に行ける廃墟でしょう。

※ただ本堂は半壊状態ですので気を付けて下さい。




イメージ 17

隙間から撮影。
(中に入る事は出来ません)






イメージ 18

供養塔。

途中、本堂の中には入れないと書きましたが、正確には入ろうと思えば入れます。
ただ、危険ですので絶対に入らない方が良いと思います。
隙間から覗き魔の様覗くだけにした方が無難です。

それと本堂は半壊状態ですのであまり近付かない方がよろしいかと思われます。
自分は馬鹿なので普通に近付きましたが

廃墟ファンの皆様、当ブログにお越し頂き有難うございます
廃墟に興味の無い方々はこれを機会に廃墟好きになりましょう♪

※但し、廃墟は危険がいっぱいですので写真や動画で楽しむ事を強くお勧めします。

どうしても行きたい場合は自己責任でお願いします


イメージ 1


今回の物件はこの廃屋です。
良い雰囲気ですね
玄関も『来て』と言わんばかりに開いていますし。








イメージ 2


それではお邪魔します!










イメージ 3

玄関。
中も期待を裏切らない廃墟仕様。








イメージ 4


台所。
何か妙な生活感があります。

流し台の目の前に椅子があるでしょう?
それが気になりました。








イメージ 5


お風呂。








イメージ 6

荒れ果てた廊下。

この廃屋を見ていて思ったのは、このお家に住んでいた方はギャンブルが好きだったであろうという事です。
ギャンブル雑誌が多かったので

それとグラビアアイドルの切り抜きが何枚かありました。
正直、凄く不気味に感じた)

荒れ果てた廃屋で見たからそう感じたんだと思います。






イメージ 7


置いてあるコップやお皿が生活感を漂わせています。
銃(リボルバー)のモデルガンも置いてありました。

カメムシみたいな色のタンスが良い感じですね








イメージ 8


おそらくこの扉の先はトイレだと思います。
しかも、ボットン便所。(多分)
この蜘蛛の巣と闘いながら、わざわざボットン便所を見ようという気持ちにはなりませんでした。









イメージ 9

これは・・・!?




イメージ 10




写真は撮りませんでしたが、この部屋にお仏壇がありました。
そしてその横には遺影が何枚も無造作に置かれていたんです。
それを見て思いました。

「さて、帰るか・・・。他にやる事あるし。」

二階もあったんですが特に興味が無かったのでこれにて終了。







イメージ 11


まぁ、これはこの物件とは全く関係ありませんが・・この廃屋に入ってカメラの電源をONにしたら何か調子が悪かったんです。

まず、液晶が映らない。
写真を撮っても何故かピンボケする。
勝手にボタンが反応する。

5年保証あるから別に問題はありませんが。







イメージ 12

それでは皆さん、さようなら
こんな下らないブログを最後までご覧頂き誠に有難うございます。






家屋付きの小さな町工場の廃墟。
前から気になっていましたが遂に潜入
初心者にも優しい潜入しやすい廃墟でした。




イメージ 1


50号沿いから見えるので発見するのは簡単です。
具体的な場所を教える事は出来ませんので諦めて下さい。






イメージ 2


錆びた螺旋階段。
この階段を上る勇気はありませんでした。
本当は上りたかったけど







イメージ 3


何も無い
見る価値無しなのでさっさと移動。








イメージ 4


念の為に書きますが廃墟は危険ですので行かない方が良いですよ♪
写真で楽しんで下さい






イメージ 7


それと幽霊は居ないので肝試しはお化け屋敷でしましょう










イメージ 5


お家に移動。


イメージ 8




イメージ 6


汚い
廃墟の場合、綺麗だと逆に怖いけど。








イメージ 9

残留物の多い廃墟は好きです。
やっぱある程度は残留物が無いとダメですよ。











イメージ 10

古い洗濯機。










イメージ 11


この色々と物が散らかってる感じが良いですね。
廃墟らしくて










イメージ 12

ゴルフセットとスキー板。
まだ使えそうな感じです。
ルアーロッドもあるからゴルフとスキーと釣りが好きだったのでしょう。
多分。

毛糸のゴルフヘッドカバーが可愛らしい

でも、自分がゴルフクラブ買ったら間違ってもこのヘッドカバーは付けないな。
絶対に。

ゴルフやらないんですけどね。
でも、付けないな。
それだけはハッキリと言える。

可愛いとは思うけど。









イメージ 13


この汚さが廃屋の魅力を引き立てています。









イメージ 14

前方に三輪車を発見
隣には大量の消火器。(3つだけど)










イメージ 15


このカーテンどこかで見た事あるなと思ったら以前、イケアで買ったキッチンクロスと柄が凄く似ている。

結局、使わなかったけど。








イメージ 16


錆びた階段。
上るかどうか迷いましたがどうしても二階が気になったので上りました。







イメージ 17


二階に到着。








イメージ 18


古いポスター。
昭和のアイドルでしょうか?







イメージ 19


0.9迄なら何時でも視力検査可能。
いや・・1.0も可能か。
1.2もギリギリ検査可能!?







イメージ 20


敢えて写真は撮りませんでしたがこの先に子供の玩具が散乱していました。
二階には長く居たくなかったので退散。









イメージ 21


こんな下らないブログを最後までご覧頂き有難うございます。





イメージ 22





全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事