successのブログ

しきしまの 大和心のをゝしさは ことある時ぞ あらはれにける

全体表示

[ リスト ]

日本史の1ページ。



かつて 日本にこのような
歴史の1ページがあった。





終戦後、初めての天皇陛下のアメリカご訪問。
戦勝国となったアメリカでは 「あの第2次世界大戦を引き起こした 日本の元首」ということで
大きな注目を集めたご訪問となった。

下記は、新聞各社からの記事を紹介した 誰か昭和を思わざる様よりの記事から、その一部を
ご紹介します。
http://www.geocities.jp/showahistory/history06/50b.html

 1975年(昭和50年)9月30日午前10時34分、昭和天皇と皇后はアメリカはバージニア州のウィリアムズバーグのパトリック・ヘンリー空港に日航機で到着し、有史以来初の天皇訪米が実現した。午前11時24分にはウィリアムズバーグ・インのホテルに到着、ウィリアム・アンド・メアリー大学空手部の7人はじめ100人近くが出迎えた。「天皇訪米に反対している訳ではない」とするアメリカ人学生2人が「捕鯨反対」のプラカードを掲げるという混乱もあったが、74歳になっていた昭和天皇のアメリカ第一歩は歓迎ムードであった。中でも空港に出迎えた戦争花嫁たちは3時間も前から待ちわびて、「息子が『ママが生まれた国の王様が来るんだから』とクレヨンで描いてくれたんですよ」と手書きの日の丸を振っての歓迎であった。

昭和天皇は午後にはロックフェラー別邸のバセットホールの庭園を見学、その後、千葉一夫アトランタ総領事をマッカーサー元帥の墓に派遣している。これはマッカーサー未亡人のたっての要望があったものの日本サイドでは昭和天皇のマッカーサーの墓参りは予定に加えていなかったのだが、現地の対日感情を考慮して急遽、行われたものとされている。アメリカ側は官民挙げて昭和天皇がマッカーサーに感謝して当然という考えでいたところ、当の昭和天皇はじめ日本サイドではそうした空気が薄く、その感情の落差がアメリカの対日感情悪化につながるのを恐れたためであった。


10月2日午前9時40分、2人はウィリアムズバーグを日航機で出発して午前10時5分、ワシントンのアンドリュース空軍基地に到着、午前10時40分からはフォード大統領出席の下、歓迎式が行われた。この日、ワシントンは小雨であったが式典の頃にはあがっていた。記念写真の際にホワイトハウス報道担当官が「アト30秒デース」とたどたどしい日本語でアナウンスするので、昭和天皇も皇后も噴き出しそうになっていたという。その後、昭和天皇はスミソニアン博物館で海の生物の標本を見学、自ら採集したヒドロゾアを持参して博物館の標本と照らし合わせて一致したのを喜んでいた。皇后はフリーア美術館を見学した。尾形光琳の屏風などに関心を示したという。

アメリカでの昭和天皇、皇后の日程は総じて平穏で、ニューヨークタイムズなども連日1面報道で大きな扱い。しかし訪米の当初には「天皇は日本の国土の半分以上を所有している」とか「天皇は相撲のオーナーだ」といったいい加減な認識がアメリカの記者の間に多かった。しかし訪米も終わる頃には「海洋生物学者」「生きた歴史」といった認識が大半を占めるようになった。警備陣もアメリカ人よりも日本人を警戒していたという。2人の訪米直前に羽田で天皇訪米阻止闘争などと称して機動隊と乱闘して逮捕された極左団体メンバーの中に都立高の生徒2人が含まれている事が判明、この生徒らは「先生に勧められた」と警察に自供している。問題の教師は社会科学研究会なる左翼サークルを学内で組織し生徒を煽動していたが、都教委からの照会に「自分は引き止めた」などと責任逃れの発言を繰り返して生徒を裏切るなどしている。

10月2日午後8時30分からはホワイトハウスで公式晩餐会が行われた。ハンク・アーロン、ジンジャー・ロジャース、マーサ・グラハム、ヴァン・クライバーンなども参加、「さくらさくら」や「浜辺の歌」の流れる中、乾杯となり、海老や牛の料理を皆で食べた。この晩餐会の部屋はかつて勝海舟などが日米修好条約に調印した部屋であった。この晩餐会での昭和天皇の「私が深く悲しみとするあの不幸な戦争」というスピーチが英語で「deplore」と強い調子に訳されたので、日本語のニュアンスと英訳のニュアンスが違うのではないかと後に話題となった。

10月3日午前10時、21発の礼砲が鳴る中、アーリントン墓地を訪問、午前10時30分にはアメリカ赤十字を訪問、その後、昭和天皇と皇后はワシントン市内見物を行い、ポトマック河畔をヨットで下っている。ワシントン大統領旧邸訪問後の午後8時、スミソニアン博物館のコモンズホールでお返し晩餐会が行われてフォード大統領が出席、この手の晩餐会にアメリカ大統領が出席するのは異例の事で、ソ連のブレジネフ書記長とイラン国王の時に続いて3例目となった。皇后は晩餐会に和服姿で出席した。晩餐会への出席はアメリカ大統領にとって難行であるのはアメリカ国内のマスコミではよく知られた話で、英語を知らない昭和天皇のもてなしの会話にフォード大統領は大変に苦労したという。


 10月5日朝には2人はセントラルパークを散策、市立サイモン・バルーク中学校コーラス部の64人がミュージカル「オリバー」の替え歌で「ヨーコソ、イラッシャイマシタ」と歌い、皇后が「日本語ですよ」と昭和天皇に話すと昭和天皇は「あっ」という表情だったという。その後、ロックフェラー3世邸を訪問、昭和天皇は余りの豪華な邸宅に驚いた様子であったが、ロックフェラー3世の「私どもの銀行の東京支店が皇居に近いからぜひ利用してください」という問いかけに「預ける方か借りる方か」と答えて、「どちらでも結構です」とロックフェラー3世に返されて一座は笑いの渦となったという。午後2時55分、昭和天皇と皇后はシェーフスタジアムでアメフトのニューヨークジェッツ対イングランドパトリオッツの試合を観戦している。午後5時半には昭和天皇だけがマッカーサーのジーン未亡人と初めて会った。マッカーサーが日本にいた時も昭和天皇は夫人には会った事がなかった。「フットボールのルールがわからない」といったような会話をしたという。

 10月10日午後6時10分、日航機でハワイのホノルルに到着。5000人が出迎えたが日系1世の人々は日本の総領事の指示で万歳を禁じられて不満を隠せない様子だった。昭和50年時、ハワイに日系人は23万人、日本国籍の1世は1万2000人いたという。昭和天皇と皇后はカハラヒルトンホテルに宿泊している。10月11日午前11時からホノルル市長の歓迎会が2000人出席で行われ、午前11時45分からはアリヨシ州知事と会見、午後はビショップ博物館を訪問、午後4時25分からは日本総領事館の1400人のレセプションと昭和天皇と皇后は多忙なスケジュールを終えた後、午後8時10分にハワイ島のコナへ向かった。10月13日午前、コナからハワイアン航空で真珠湾を経てホノルルのヒッカム空軍基地に2人は到着。午前12時55分、帰国の途に着き、10月14日午後4時、日航機で羽田に到着、三木武夫首相ら2000人が出迎えた。午後4時38分に2人は皇居へ帰り、夜は自分らの訪米のテレビを見て、午後10時には就寝したという。

参考
毎日新聞東京版各記事など 1975 











日本が 今の日本になるためには
戦後 気が遠くなるような長い道のりがあった。

それは当然だという方もおられるだろうが
それは 並大抵のものではない道であったと思う。

その道筋の最初が この天皇陛下のアメリカご訪問であった。
何が起こるかわからない中、陛下が赴かれたそのご意志の先に
今、この日本が存在している、と思われる。


http://tamutamu2011.kuronowish.com/makasatotennnou.files/image003.jpg
http://tamutamu2011.kuronowish.com/makasatotennnou.htm
1945年9月29日の新聞各紙を飾った1枚=
勝者の余裕と敗者の緊張が並ぶ構図は、人々に日本の敗戦を実感させた。
『朝日新聞』の見出しは「天皇陛下、マツクアーサー元帥御訪問」




偶然の蓄積には 成功の結果 は起こり得ない。
日本の今は、多くの日本人の知恵と努力の結晶の上に
存在している。

success





この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

>日本の今は、多くの日本人の知恵と努力の結晶の上に
存在している。

まさにそのとおりです。

傑作

2011/7/13(水) 午前 7:55 釜坂信幸 返信する

顔アイコン

カマちゃんさま

御意にございます。
急に、今の日本がふって湧いてきた、と思うのは、思い違いでございます。

2011/7/13(水) 午前 9:52 [ success ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事