真意を探る

 言葉は、使い方を間違えると、時には誤解を招くことがあります。 特に慣れ親しんだ言葉は、意識せず、無意識のうちに使っているため、目の前の相手とは無関係で、条件が揃うと自動的に使ってしまいます。  例えば、方言がそれに当たります。  岐阜で「えらい」という言葉を使うことがあります。「えらい」は「偉い」という使い方が一般的ですが、「えらい」は「疲れた」という意味で使うことがあります。  方言だけではありません。 物事の判断もそれに当たります。  「やさしい人」・・・・イメージした「やさしい」と一致した時、やさしい人になります。  「大変な仕事」・・・・イメージした「大変さ」と一致した時、大変な仕事になります。  「力がない」・・・・・・イメージした「力がない姿」と一致した時、力がない事になります。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事