須藤甚一郎ウィークリーニュース!

目黒区議会議員・ジャーナリスト須藤甚一郎のウィークリーニュースです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

新潮社「波」掲載(2018年9月号)生誕100周年 写真家・林忠彦撮影の傑作 太宰治写真について驚愕の真実公開!

イメージ 1


(須藤甚一郎コメント)
2018年新潮社「波」(9月号)に「昭和文学史を語り継ぐ作品集」(林忠彦(1918〜1990)生誕100周年作品BOX『無頼』)の題名で写真家・林忠彦の令息で写真家の林義勝氏が、寄稿している。
今月号の「波」の表紙は、ぼくはそのまま紹介するが、写真家・林忠彦が銀座のバー「ルパン」で太宰治(1909〜1948)を撮影した写真である。そして林義勝氏が「波」で紹介している文章の一部を引用します。
―――――――――――――――――――
「波」本号の表紙は太宰治の写真――父・林忠彦の代表作として知られ、写真集やポスターなどで頻繁に露出してきた、おなじみのカットです。しかしこの写真、いつも縦長の長方形にトリミングして使われてきましたが、オリジナルはブローニー判で撮影されていたのです(左頁)。須藤注:「波」107頁に掲載されたのは(85ミリx85ミリの写真)。

先日、フジフィルムスクエアの写真歴史博物館で開催された「昭和が生んだ写真・怪物 時代を語る林忠彦の仕事」展の第一部(4月1日から5月31日)で、初めてノートリミングの状態で展示してみたのですが、ご覧になった方々は皆、驚いていました。

写真の右側に写っているのは坂口安吾さん。銀座のバー、ルパンの一コマです。戦後間もない昭和21年。当時、父はカストリ雑誌ブームに乗って、20誌以上も掛け持ちで仕事をしていましたが、一方で坂口安吾、織田作之助、太宰治をはじめルパンにやってくる無頼派の文豪たちを撮影していました。その多くは翌年12月から始まった「小説新潮」巻頭グラビア「文士」シリーズに、2年間にわたって掲載されました。

太宰の写真もその中の1枚。ただ父の記録によれば、父は太宰を作家だとは知らなかったそうです。この日も織田作之助の写真を撮るためにルパンに行ったのですが、そこに酔った太宰がいて、「俺の写真も撮ってくれ」とせがまれたとのこと。仕方がないので最後にたったひとつ残っていたフラッシュバルブを使って撮った、まさに1枚だったのです。それが今や父の代表作となっています。(以下省略)
――――――――――――――――――――
★写真家・林忠彦氏が太宰を撮影したときは、作家とは知らなかったとは!

(須藤甚一郎コメント)林勝義さんの解説を読んで、びっくりすることばかりでした。太宰を銀座のバー「ルパン」で父の林忠彦さんが太宰を撮影したときは、作家だとは知らなかったとは知らず、織田作之助撮影していたら、「俺の写真も撮ってくれ」とせがまれて撮ったというのであるから、当時の太宰の知名度はその程度だったとは驚いた。
 
バー「ルパン」での太宰の写真は、ずいぶん昔から見ているのですが、合点がいかなかったね。だって、太宰はバーの椅子の上でドタ靴を履き、あぐらをかくようなおかしな格好で、薄ら笑みを浮かべてどこを見ているのかわからない。おかしなヤツだとおもっていたよ。
 
ところが、トリミングをしない写真がはじめて、今回公表されて、バーのカウンターで太宰の右側には坂口安吾が座っている。写真には安吾の後ろ姿が写っている。太宰はやや右を向いて、少し左を見ている安吾としゃべっているのがわかるよ。そうだったのか!トリミングをしないこの写真で、はじめて理解できた。織田作之助は、すでにバーの席を立って帰ってしまったのだろう。
―――――――――――――――――――――――
新潮社では、「林忠彦生誕100周年作品BOX 無頼 選・解説:高橋睦郎」予約受付中 限定120セット 本体価格 1セット 120、000円
写真8葉A4サイズ
太宰治 坂口安吾 三島由紀夫 瀬戸内晴美 壇一雄 織田作之助 高見順 田中英光

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事