須藤甚一郎ウィークリーニュース!

目黒区議会議員・ジャーナリスト須藤甚一郎のウィークリーニュースです。

記事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全49ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

須藤のおしゃべりリポート・YouTube報告をご覧になるのは、
このアドレスでどうぞ!:https://youtu.be/GBMfLYK2bXc

 2018年(平成30年)最後のYouTubeによる目黒区議:須藤甚一郎「おしゃべり リポート」です。今日は12月29日(土曜)ですから、あと2日で今年は終わりです。
 
さあ、どんなリポートをしようか、ってんでまず浅草の浅草寺に、ビデオ収録してくれる加藤さんと一緒に駆けつけた。雷門の真ん前にある観光センターの9階の最上階に昇った。空は真っ青で快晴。浅草寺周辺は、大勢のひとたちでいっぱいだよ。すでに正月になったような勢いだよ。

そして、観光センターも仲見世周辺も日本人より、むしろ外国人のほうが多いほどだね。
観光センターから見えるのは、ビール工場の上にある巨大な黄色いさつま芋のような形の物が目立つ。20年ほど前だろうか、この遺物を載せた工場を見た子どもたちは、「うんこビル」と言ってからかった。

★「うんこビル」から「うんこ辞書」へ!

しかし、いまでは「うんこビル」と言っても、なんら問題になるまい。いでは小学生のための国語辞書は「うんこ辞書」と呼ばれ、新聞広告にも「うんこ辞書」の名称で通っているのだから、変わったもんだよ。

観光センターのてっぺんから、浅草寺を眺めると仲見世通りを外国人を交えた多くの人たちが、押し合いへし合いして歩いている。ぼくらはその様子をビデオに収めて、上野の繁華街「アメ横通り」に向かった。正月の食べ物を買いに来た客でごった返している。

★各週刊誌が皇太子が新天皇即位で特集号を!

 正月には欠かせない蟹、タコ、イカ、マグロなどの海産物が店先に山ほど積んである。と同時に店の奥で大勢の客がそれを買い、ビールや酒を飲みながらおいしそうに食べていたよ。

週刊誌は正月のための特集号を発行している。
来年五月1日に、いまの皇太子が新天皇に即位する。そうしたことがあり、各週刊誌は特集号を発行している。どんな内容なのか、週刊誌をチェックしてどんな内容か、紹介しよう!

須藤のおしゃべりリポート・YouTube報告をご覧になるのは、
このアドレスでどうぞ!: https://youtu.be/5-SOgaBgjYc

★目黒区・青木区長が拒否した不動産は、なんと40億円もの価値がある!

お久しぶりの「須藤甚一郎おしゃべりレポート」です。今年最後の定例区議会も12月日で終わりました。つぎは、来年3月の定例区議会でして、来年4月には区議会選挙控えています。まあ、3月は、この4年間の最後の区議会ってわけだ。

今回の目黒区議会で注目すべきことが、二件あった。一番目が、自由が丘3丁目にある約3,600㎡つまり、わかりやすく坪数にすれば、約1、090坪もの広い土地を目黒区の不動産として入手したければ、できるのに目黒区長・青木英二は,なぜか拒否した。現在は、一坪単価が400万円もするので、土地全部では約40億円にもなるのです。

詳しくは、須藤がおしゃべりで、データ、資料などを見さながら説明します。
この土地は、在野の動物学者だった平岩米吉(1898年〜1986年)さんの不動産であり、死後は相続した娘さんのものであった。が、その後、娘さんも他界して、東京都や目黒区が希望すれば、所有できたのだが、東京都は断り、目黒区も同様に区長・青木は断った。しかし、なぜそんなもったいないことをしたのか!ぼくは、「おしゃべりレポートでし資料をお見せして、説明しています。

ぼくは、平岩先生と昭和30年代に先生のご自宅で何度も会っていました。当時、ぼくは東京大学の正門前の学術書籍の、大手書店の井上書店で働いていたので、書籍と届けにいっていたのです。

★同性パートナーシップの公的承認に関する陳情

区議会が二つに割れた。不採択と採択に割れたのだ。結果は、不採択の自民12と我々無所属5のトータルで17。採択の公明6、共産4、立区3、維新2、無所属1のトータルで16。で不採択となったのだ。詳しくは、「おしゃべりレポート」で報告します。


イメージ 2イメージ 1
写真左:東郷健 写真右:カルーセル麻紀


★9月目黒区議会本会議!目黒区行政・区議会の問題点を徹底追及!

須藤のおしゃべりリポート・YouTube報告をご覧になるのは、
このアドレスでどうぞ!https://youtu.be/s2K-s9-WZEg


1「理事者とは何だ」
2「請願と陳情はどう違う?」
3「インターンはどういうもんか!」

★理事者とは
目黒区議会と目黒区行政(区長をはじめ役人ら)は、日常的に「理事者」、「請願・陳情」、「インターン」などの用語を頻繁に使用しているが、その意味が定義されているのではなく、いい加減そのものだ。
そんなことでいいのか!

本会議の開催中には、本会議場の隣りの部屋に「理事者控室」の張り紙があり、管理職の部長、課長らが使用している。それ以外にも、理事者というが、理事者」とは何者なのかは、きちんと決められていないし、むろん定義もされていない。
ぼくが目黒区議になったのは19年前だが、「理事者とは何か」の説明はいまだかってない。いったい何なんだ!それを追及した!

★請願と陳情の違いは何だ
地方自治法の第124条には、「議会に請願しようとする者は、議員の紹介により請願書を提出しなければならない」の規定がある。しかし、請願に似て陳情は議会で一定の事項につき適当な措置をしてもらいたいと訴えることだが、請願のように地方自治法の規定には存在しないのだ。

 しかし、目黒区は「陳情は紹介議員は必要ないし、請願と陳情は効果は同じである」と陳情者に説明している。けれど、いつ、どんなことで、請願と陳情は同じになったのかの説明はまったくない。地方自治法も規定無視といえる。そんかことがあってはならない。
そこで、ぼくは請願と陳情の違いについて追及した。
けれど、いつ、どんなことで、そうなったのかは不明のままだよ。

●「インターン」に関して目黒区は、余計なお世話をしていないか!目黒区議会も目黒区行政も「インターン制度」などは決めていない!
 
 目黒区議会議員が、学生などを使用して「インターン」と称して、目黒区議会の控室などで手伝いをさせている。しかし、そんな制度は存在しないのだから、問題である。その件についても、ぼくは追及した。

●「同性パートナーシップの公的承認に関する陳情」について、東郷健氏とカルーセル麻紀さんの例を取り上げ、同性者の戦いぶりを紹介した!

新潮社「波」掲載(2018年9月号)生誕100周年 写真家・林忠彦撮影の傑作 太宰治写真について驚愕の真実公開!

イメージ 1


(須藤甚一郎コメント)
2018年新潮社「波」(9月号)に「昭和文学史を語り継ぐ作品集」(林忠彦(1918〜1990)生誕100周年作品BOX『無頼』)の題名で写真家・林忠彦の令息で写真家の林義勝氏が、寄稿している。
今月号の「波」の表紙は、ぼくはそのまま紹介するが、写真家・林忠彦が銀座のバー「ルパン」で太宰治(1909〜1948)を撮影した写真である。そして林義勝氏が「波」で紹介している文章の一部を引用します。
―――――――――――――――――――
「波」本号の表紙は太宰治の写真――父・林忠彦の代表作として知られ、写真集やポスターなどで頻繁に露出してきた、おなじみのカットです。しかしこの写真、いつも縦長の長方形にトリミングして使われてきましたが、オリジナルはブローニー判で撮影されていたのです(左頁)。須藤注:「波」107頁に掲載されたのは(85ミリx85ミリの写真)。

先日、フジフィルムスクエアの写真歴史博物館で開催された「昭和が生んだ写真・怪物 時代を語る林忠彦の仕事」展の第一部(4月1日から5月31日)で、初めてノートリミングの状態で展示してみたのですが、ご覧になった方々は皆、驚いていました。

写真の右側に写っているのは坂口安吾さん。銀座のバー、ルパンの一コマです。戦後間もない昭和21年。当時、父はカストリ雑誌ブームに乗って、20誌以上も掛け持ちで仕事をしていましたが、一方で坂口安吾、織田作之助、太宰治をはじめルパンにやってくる無頼派の文豪たちを撮影していました。その多くは翌年12月から始まった「小説新潮」巻頭グラビア「文士」シリーズに、2年間にわたって掲載されました。

太宰の写真もその中の1枚。ただ父の記録によれば、父は太宰を作家だとは知らなかったそうです。この日も織田作之助の写真を撮るためにルパンに行ったのですが、そこに酔った太宰がいて、「俺の写真も撮ってくれ」とせがまれたとのこと。仕方がないので最後にたったひとつ残っていたフラッシュバルブを使って撮った、まさに1枚だったのです。それが今や父の代表作となっています。(以下省略)
――――――――――――――――――――
★写真家・林忠彦氏が太宰を撮影したときは、作家とは知らなかったとは!

(須藤甚一郎コメント)林勝義さんの解説を読んで、びっくりすることばかりでした。太宰を銀座のバー「ルパン」で父の林忠彦さんが太宰を撮影したときは、作家だとは知らなかったとは知らず、織田作之助撮影していたら、「俺の写真も撮ってくれ」とせがまれて撮ったというのであるから、当時の太宰の知名度はその程度だったとは驚いた。
 
バー「ルパン」での太宰の写真は、ずいぶん昔から見ているのですが、合点がいかなかったね。だって、太宰はバーの椅子の上でドタ靴を履き、あぐらをかくようなおかしな格好で、薄ら笑みを浮かべてどこを見ているのかわからない。おかしなヤツだとおもっていたよ。
 
ところが、トリミングをしない写真がはじめて、今回公表されて、バーのカウンターで太宰の右側には坂口安吾が座っている。写真には安吾の後ろ姿が写っている。太宰はやや右を向いて、少し左を見ている安吾としゃべっているのがわかるよ。そうだったのか!トリミングをしないこの写真で、はじめて理解できた。織田作之助は、すでにバーの席を立って帰ってしまったのだろう。
―――――――――――――――――――――――
新潮社では、「林忠彦生誕100周年作品BOX 無頼 選・解説:高橋睦郎」予約受付中 限定120セット 本体価格 1セット 120、000円
写真8葉A4サイズ
太宰治 坂口安吾 三島由紀夫 瀬戸内晴美 壇一雄 織田作之助 高見順 田中英光

★目黒区は、職員が駅頭で強引にキスしたセクハラ・ハレンチ事件の次は田園都市線内で教員がスカートの中をスマホカメラ盗撮で現行犯逮捕!

●目黒区は、職員のセクハラ破廉恥事件につづき教員の電車の中で女性のスカートの中をスマホで盗撮事件!青木区長及び教育長の責任はどうする!
 
イメージ 1
写真左、尾崎富雄教育長、右、青木英二区長

目黒区は、6月に職員が駅頭で強引に女性にキスしたセクハラ破廉恥(ハレンチ)事件の発覚、そして7月には教員が田園都市線の電車の中で、乗客の女性のスカートの中をスマホのカメラで盗撮したワイセツ事件。神奈川県警に現行犯逮捕された。こんな事件の連発だよ。
東京都23区の特別区中で最悪だぜ。

・しかも、青木英二・目黒区長は、セクハラ事件では、ひた隠し同然でただちに職員や区議会に報告せず。どういうつもりだ。

 A4判の紙に事件の概要を印刷して、職員と区議会議員に配布しただけだって。私たち区議会議員には、FAXで送信しただけで、何の説明もなかった。こんなやり方は、区長失格である。こんなことでは、区長の資格なしだよ。

・目黒区教員の山田大斗容疑者が現行犯逮捕されて、目黒区教育委員会 尾崎富雄・教育長は、私たち区議会議員には、単に「FAX 目黒区教育委員会事務局・目黒区立中学校教諭の事故に係る情報提供について」と書かれただけの文書が、何の説明もなくファクシミリで送信されてきただけだった。

★目黒区十一中学 山田教諭が、電車で女性のスカート盗撮し現行犯逮捕の事件の新聞・テレビの報道の一部を紹介しよう!

★目黒区青木区長&尾崎教育長の責任はどうなるんだ!

――――――――――――――――――――
「都内の中学教諭が盗撮の疑い 田園都市線で」、共同通信(2018年7月25日11時48分)

女性のスカート内を盗撮したとして、神奈川県警宮前署は25日、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、東京都目黒区立の中学校教諭山田大斗容疑者(29=神奈川県大和市つきみ野)を逮捕した。
署によると、「やっていない」と否認している。

逮捕容疑は13日午後11過ぎ、川崎市の東急田園都市線溝の口―鷺沼間を走行中の電車内で、20代の女性保育士のスカート内をスマートフォンで動画撮影した疑い。

署によると、一緒にいた女性の母親が気付き、別の利用客が取り押さえて駅員に引き渡した。山田容疑者は同僚と飲酒して帰宅中だった。スマホには他にも盗撮とみられる画像が複数あり、署が関連を調べている。
――――――――――――――――――――

「東京の中学教諭 盗撮容疑で逮捕」(NHK神奈川県のニュース)平成30年7月25日14時15分

東京の区立中学校の教諭が、川崎市内を走る電車内で女性のスカートの中をスマートフォンで盗撮したとして、神奈川県の迷惑行為防止条例の違反の疑いで逮捕されました。
調べに対し、教諭は容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、東京・目黒区の区立中学校の教諭、山田大斗(29)です。
警察によりますと、山田容疑者は今月13日の午後11ごろ、
川崎市内を走る東急田園都市線の電車内で、20代の女性のスカートの中をスマートフォンのカメラで盗撮したとして、県の迷惑行為防止条例違反の疑いがもたれています。

一緒にいた女性の母親が不審な行動に気づいて声をかけたところ、山田容疑者が直後に停止した駅で逃げようとしたため、挽きとめて駅員に引き渡したということです。
警察によりますと調べに対して、山田容疑者は容疑を否認しているということで、警察が詳しいいきさつを調べています。
―――――――――――――――――

★目黒区教員の電車の中の痴漢事件は何の説明もなくFAX送信だけだった!

●何の説明もなく、目黒区教育委員会から送信されてきた文書を紹介しよう。
――――――――――――――――――
FAX             目黒区教育委員会事務局

各区議会議員 様
              [発信者]
               目黒区教育委員会事務局教育指導課長
               (担当:教職員係長 田渕明美)
      

     [目黒区立中学校教諭の事故に係る情報提供について]
目黒区立中学校教諭の事故について、別添のとおり情報提供させていただきます。                              以上

(須藤説明:見出しを[目黒区立中学校教諭の事故に係る情報提供について]としているのは、電車の中でスカートの中まで撮影した痴漢事件であることを意図的に省略しており、正確ではない。尾崎教育長の責任逃れである。)


平成30年7月25日

情 報 提 供

 [平成30年7月25日(水)東急電鉄田園都市線車内での盗撮容疑で、目黒区立第十中学校 山田 大斗(やまだ ひろと)教諭(保健体育科 1年担任 男性)が、神奈川県警宮前署により「神奈川県迷惑行為防止条例」違反疑いで逮捕された。 現在、被疑者として取り調べ中である。

 山田教諭は本年4月から目黒区に勤務しており、勤務態度に問題があるという報告は受けておりません。
 本区の中学校に勤務する教員が逮捕されたことは、大変遺憾であり、誠に申し訳ございませんでした。
 また、在籍する生徒、保護者、地域の皆さまの信頼を裏切ることとなり、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びもうしあげます。

 教職員に対しては日ごろより、法令遵守はもとより、体罰を含む服務事故防止に取り組んできたところでございますが、その徹底が十分でなかったことを反省し、問題点を整理した、再発防止に取り組んでまいります。(下線部分の説明は、須藤による)


★教育委員会の説明は的外れでナンセンス!こんなやり方では再発するぞ!

須藤説明;
目黒区立十一中学校の山田教諭が、川崎市内を走る電車内で女性のスカートの中をスマートフォンで盗撮したとして、神奈川県の迷惑行為防止条例の違反の疑いで逮捕されたのである。しかし、教育委員会の説明では、「教職員に対しては日ごろより、法令遵守はもとより、体罰を含む服務事故防止に取り組んできたところでございますが、その徹底が十分でなかったことを反省し、問題点を整理した、再発防止に取り組んでまいります。」では、まったくの見当はずれであって、体罰を含む事故防止とはまったく関係はない。教育長がそんな愚かな考えで、教職員を指導しているから、電車の中での破廉恥事件を防止できなかったんだろう。

以上

●尾崎教育長を電話と通して、取材したが「まだ区として処分も決まっていないし、警察の事件としても結果も報告されてない」と逃げの姿勢ばかりである。教育長の立場の判断もなかた。駅頭での強引なキス事件及び電車の中スカート内の盗撮事件は続けて取材し報告しましょう!(須藤甚一郎)

全49ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事