不協和音にも一分の理

オタクのオタコのタコ壷の日々・・・映画は黒澤明監督 漫画は手塚治虫先生 現在「ベルセルク」にハマってます

全体表示

[ リスト ]

龍の子太郎

イメージ 1

イメージ 2







「 龍の子太郎 」は・・・50年前・・・1960年に・・・


第1回講談社児童文学新人賞を受賞しています・・・


他に・・・国際アンデルセン賞優良賞なども受賞しています〜・・・


そのころは子供だったので・・・


なんとも思わず・・・ただ面白いな〜・・・と思って読んだのですが・・・


大人になって客観的に・・・


当時の状況を考えると・・・


異常な作品だったことに気がつきます・・・


子供向けの小説・・・というものの秀作が・・・


海外の翻訳物ばかりだった中で・・・


リンドグレーンやケストナーの前に出しても遜色のない・・・


日本の作品の第一号・・・だった・・・と・・・思います〜・・・











劇場用アニメは1979年に制作されました・・・


参照画面は・・・その上映の時の宣伝パンフレットです〜・・・


今年2010年の2月21日に・・・DVDが発売されています〜・・・


当時・・・アニメは実写映画より低レベル作品としてあつかわれ・・・


表向きの監督はほとんど手を出さず・・・


アニメ演出家にマル投げ・・・ということが多かったのですが・・・


浦山桐郎監督は真面目に取り組まれました・・・


彼を産んだ後・・・母親が死に叔母に育てられたためか・・・


人ならぬものになってしまった母親を探して旅する主人公に・・・


御自身をかさねたのかもしれません・・・


「 キューポラのある街 」「 夢千代日記 」の監督さんで・・・


そのためか母龍の声は・・・吉永小百合さんが演じておられます〜・・・


浦山監督は1985年( 昭和60年 )・・・心不全のため亡くなられました・・・


まだ55歳の若さでした・・・







原作も良いですが・・・アニメも良いです〜・・・魂こもってます!





冒頭・・・太郎が歌を歌いながら山を登っていく場面で・・・


ぞくぞく〜〜〜・・・っ・・・っとして涙がでます〜・・・


山の動物たちは日本的で・・・


ディズニー・キャラクターの動物たちを見慣れていた目からウロコが落ちます〜・・・


ウサギもネズミもウリボウも可愛い〜〜〜・・・です〜〜〜・・・








ムスコが保育園の時に・・・ビデオを見せたのですが・・・


そのあと私のことを・・・「 おっかさーん おっかさーん 」・・・


って・・・呼ぶようになっちゃって・・・


人前で大声で呼ばれた時には・・・恥ずかしかったです〜〜〜・・・

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

初めまして。
きららさんのブログから来ました。
一部しか読んでいませんが・・・
昔の懐かしさを感じて読ませていただいております。
また、訪問したいと存じます。
この場所を借りまして、ファン登録をさせて下さいね。

2010/7/10(土) 午前 10:37 [ yukiko_diary ] 返信する

顔アイコン

はじめまして・・・きららさんの御友達ですか〜・・・

よろしく御願します〜・・・

私は・・・あの・・・っ・・・オタクでして・・・

まま・・・偏った腐ったトゲトゲのある独善的なことを記事にしてます〜・・・

もしかすると傷つけてしまうような記事があるかもしれませんので・・・

先にあやまっときます〜・・・ご・・・ごめんなさい〜・・・

2010/7/10(土) 午後 4:55 [ suetumubana ] 返信する

顔アイコン

小学校の頃、これで感想文を書いた記憶が。

「食べ物を独り占めすると目をくりぬくハメに」という、なんだか途中がすっぽぬけた記憶しかない私って・・・・(~_~;)

2010/7/12(月) 午前 9:04 ほのぼの 返信する

顔アイコン

「 食べ物を独り占めすると罰があたる 」というモチーフは・・・

飢饉によって多くの人が飢死したことが元になっているのかも〜・・・

しかし・・・そ〜ゆ〜罪や罰は・・・

3歩あるけば自動販売機があり・・・10歩あるけばコンビニがある・・・

とゆ〜・・・現代で育っている子供達にはど〜思われるのかな〜・・・

2010/7/13(火) 午後 4:50 [ suetumubana ] 返信する

アバター

はじめまして。
私もこの作品大好きです。
公開当時、劇場で見てとても感動しました。
最近、DVDで見直して、まったく色あせていないことに驚きました。
残念ながら日本のアニメ史の中ではほとんど黙殺状態です。
たぶん、東映動画の労組が中心になって作った作品だからではないかと勘ぐっております。

2011/8/11(木) 午前 11:41 ぴんじょん 返信する

顔アイコン

ぴんじょんさん・・・っ・・・はじめまして〜・・・

コメントありがとう御座います〜・・・

私も公開当時・・・劇場で見ました・・・

会社の先輩の子供たちの為に・・・VHSビデオをダビングして贈ったりしました〜・・・

だって・・・ホントに良い作品だけど・・・ホントに知名度が低くて・・・

残念ですよね〜・・・

作品そのものは・・・思想的に左にも右にも・・・

かたよっていないと思うのですが・・・ダメなんですかね〜・・・

2011/8/13(土) 午後 1:59 [ suetumubana ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事