Design working JENNIBEANS

プルメリアの花のように 神聖な名気持ちで・・・

全体表示

[ リスト ]

日本の旅

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00133297-kana-l14



新幹線の開業に伴い
JRは並行する在来線の経営から
手を引いていい、と国は定めている。
あれ?まだ国鉄なの?
と言いたくもなる株式会社・・・
そもそも民営分割とはなんだったのだろうか?
現在 JR九州関内でさえ 
熊本〜博多間での移動には
準急 特急無し
しかも1回乗り換えが必要なわけで
鉄道直通で行くならば
普通運賃の約3倍ほどの
スピードと直通乗り換え無しの高額な対価を払って
新幹線に乗車しなさい・・・ということになる。
膨大な借金をしている
せっかく作った新幹線だ。
国民はすべて
新幹線に乗ってくれ!
・・・
暗黙のうちにそう言われている。
もう少し長い旅をかかせて頂けば
それでは最終手段として安価にと
青春18切符を購入しよう。
その場合
熊本〜大阪間を移動したい場合
おおよそ8回ほど乗り換えが必要になり
熊本〜姫路まではほとんど
快速準急特急は無しの
鈍行で乗り換え乗り換え各駅停車だ。
目的地は関西なのに
それではその前にへたってしまう・・・
やっと姫路に出て
姫路〜大阪間にて快速乗車が出来る。
しかし
姫路ー大阪間は
もう目と鼻の先である。
うまく乗り継いで・・・
乗り降りを繰り返し12時間以上
必要になる。
もちろんこんな旅も時には良いけれど
普通の旅人は
主要都市間移動が目的で有り
最終地点から
ローカル各駅停車に乗車して
目的地へ鈍行なり各駅停車で移動する。
これが国鉄分割前の姿で有り
学生から社会人
老若男女が利用し
さまざまな出会いがあった。

ここでも書いてあるとおり
欧州を歩くとき
鉄道は欠かせない。
都市間高速から
ローカル特急 
準急がそろっており
もちろん各駅停車も
頻繁にでている。
ひとつのホームから
それぞれが停まり通過していく・・・
なおかつ言わせてもらえば
自転車で駅まで来たら
自転車専用車両を待てば
都市間での移動が
自宅ー自転車ー鉄道ー自転車ー鉄道ー自転車ー帰宅
これが中近距離で容易に出来るから
とても便利だ。
普通列車に乗ればさまざまな景色と
町の作りの移り変わりが
楽しめるという醍醐味が有り
安価にそれが出来るので
時間が掛かりすぎたときは
安宿を探して一泊なんて気楽な旅が
家族で楽しめる。
周りの人よりも多い回数
国鉄 ブルートレインを利用し
主要地点で降り
ローカルに乗り継ぐという
幼い頃から旅をした自分にとっては
今の国内旅事情は
とてもさみしい話だ。
最近は高速バスを出来るだけ使う・・・
夜に乗ってバス車中泊
目的地に朝に着く。
一晩眠れば早朝に着くので
朝には目的地で行動が出来る
とても便利である。
しかし
徹底的に違うのは
人との会話はなく
カーテンも閉め切った状態で高速道路を走るので
カプセルみたいなモノで
通路を立ち歩きトイレに行く
大きな窓から町の灯火
移りゆく夜から深夜
朝にかけての風景を見る
旅の旅情がないのだ・・・
ブルートレインでは
お金持ち風のおじさんに
朝ご飯をダイニングカーでご馳走になった。
列車を待ってる間に
駅前でパチンコをして
お菓子を取ってきたと
向かい合わせのおじさんに
景品の大量のお菓子を分けたもらった事もある。
同年代の女の子と向かえ合わせになり
それから文通
しばらく付き合うこともあった。
すべて楽しい想い出通いが甦るのは
高度成長期で
人々が明るい時代だったからだけだろうか?
高度成長期だからこそ
企業戦士たちは
移動する勤務時間という中で
のんびりと明日まで旅をする
と言う時間に置き換えられたのだと思う。
僕等学生はそのおじさんたちの
おおらかな旅の旅情の中に
引き込まれたのだろう・・・
現在 すべてがスピードで有り
その対価を
高額な支払いで賄う時代になってしまった。
ゆっくり
旅の旅情
こんな言葉はどこにいったのだろう。
日本の四季と
移りゆく海岸線の町のかほり
そしてなにより
ダイニングカーや
駅弁が楽しみだったあの頃に
戻れないのだろうか・・・
子どもたち 学生さんに
アルバイト代ぐらいの支払い低金額で
日本を旅する
そんな
小さくて
生きるための糧に
思い切り深呼吸が出来る旅
その選択肢がなくなってしまった。
美しい日本をあらためて見つめる
日本列島の海に囲まれた
その地域地域での
各駅の観光ポスターを見るたびに
ここで降りてもいかな
今度はここに是非来てみたいなと思ったモノだ。
大きな車窓はなくなり
ビューンと時速250キロ〜♫〜
以上に
全てがそうなってしまった。
非常に残念なことだと
僕は思っている・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00133297-kana-l14


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事