ここから本文です
Sugar Daddy's Cafe
呑んで食って遊んで、人生楽しもうぜぃ (^_-)-☆

書庫愛車遍歴 〔完結〕

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

シボレー タホに乗っていた時、真冬もスワンパーのままでしたから積雪が多くなると、

普通の路地ですれ違えなくなったり、長靴でスケートリンク走るかの如くでいよいよ乗り換えようと!

タホの記事はこちら d(^_^o)  
http://blogs.yahoo.co.jp/suger_1126/32039454.html

色々物色している内に、面白そうなのがヒットしました (ё_ё)

イメージ 1

このE34はBMW JAPAN 10th Anniversaryで、

BMW日本法人設立10周年/国内25万台突破記念特別仕様車で、900台限定販売の生き残り

当時新車価格650万もしたらしいけど、今となってはバブルの生き証人的セコハンなので、

中古の外車購入の心構え、当たりか外れか一か八かに賭けるには妥当な価格でゲット (*^-')b

イメージ 2

イメージ 3

現車が届いたら、うぅ〜〜ん! 程度も超いい感じで、セカンドカー使用だったのかなぁ ・・・

イメージ 4

室内も革特有のスレはあれど綺麗だし、いつものように何か壊れている訳でもなく (^◇^;)

一通り普通に動作するのも嬉しい ・・・ o(^-^)o


イメージ 5

特別仕様は、電動サンルーフ、レカロ風スポーツレザーシート(アームレスト、ヒーター付き)、

特製ウッドパネル、Mテクニック・ステアリング、フロントエアダム、サイドスカート、シャドーライン、

ドアステップ・レタリング、本来はダイヤモンドブラックかレッドの
スペシャル・ボディーカラーで、

センターコンソールには、Limited Edition Designed by Motor Sportsのプレートを装備


イメージ 6

以前の金持ちオーナーさんが限定車をわざわざALPINA仕様にしてくれ、ちゃんとエアロも交換

アルピナブルーにオールペンされ、足回りはビルシュタインでローダウンキメて、

ホイールも
アルピナに履き替えられてました d(o^v^o)b

バラしてパーツで売った方が高く売れんじゃねーのみたいなバブルの残骸的感がいいねσ(^○^)

イメージ 7

残念ながらビック6ではなく、ツインカム24バルブでしたが、

軽い排気音を響かせながら伸びていくエンジンはそれはそれでFAN!

内外装もBMWの伝統を継承した物で、心地良い閉塞感を伴うやる気にさせるインパネに、

非の打ち所の無いプロポーションを纏いながらも、丸目4灯式のヘッドライトやスラントしてない

フロントビューや切り落とされたリア周りは、いかにもスパルタンな印象 (*^-')b

イメージ 8

エンジンは好調でしたが、迫り来る年波にお決まりの電気系が悲鳴を上げ、

最後は、ダイナモが御臨終 ・・・ こちらも鉄則の外車は部品が高い (+_+)

ダイナも取り替えたら、次はコンピューターかなぁ ・・・ と思いながら断念しました (;_;)

イメージ 9

最後の最後に外したアルピナのパーツが、オクで冗談みたいな価格まで上がり
イメージ 12

イスラムかインド系の御名前の方に落札して戴き、瞬時にユーノスコスモのパーツになったと言う、

わらしべ長者みたいなあり
がたい車でした ・・・ イメージ 11

イメージ 10

ボディ    :  E-HD25   4720 x 1750 x 1415mm  1580kg 
エンジン  :  直列6気筒 DOHC24バルブ (M50)  192ps/25.5kg-m

開くトラックバック(0)

一時期、ワンボックスカー ブームみたいな流行があって、

周りの子持ちの皆さんは、タウンエースとかこぞって乗られていた記憶があります d(^-^)

当時は全く興味も無かったんですが、1台だけ気になる無骨な1BOXカーが存在してました

初代デリカスターワゴン! まるで装甲車みたいな四角いボデーの腰高なフォルム d(o^v^o)b

イメージ 1

どうですか? トラックに顔面から追突したらひとたまりも無い、思い切ったエッジ (^○^)

イメージ 9

軍用か? みたいな・・・

でもね! 以外と室内はラグジュアリーなんですよ d(^_^o)

イメージ 19

運転席はトラックだけど σ(^◇^;)

イメージ 24

実は、以前から温めていた壮大な構想があったんです ・・・ こんな妄想が (〃▽〃)

イメージ 25

ある夜・・・こてんこてんに酔っぱらってヤフオクを見ていたら、あのデリカが格安で ・・・

鑑賞して楽しむだけのはずが、一気に入札モードに突入 ・・・ ↓ 仙台発7万円スタート売切り ↓

イメージ 26

壊れてるよなぁ ・・・ きっと (+_+)
 改造し甲斐あるよなぁ ・・・ 走るリゾートみたく o(^-^)o

ランクル売れるかなぁ ・・・ (ё_ё) もし買ったら置くとこどうしよう? ・・・ (≧▽≦)


心臓は早鐘の様に波打って生唾飲みっぱなし・・・・・・・・・無意識にぽちっと(゜o゜)

イメージ 2

届きました(;´▽`A``  結局、そこそこの金額にて無事に!

イメージ 3

欠品も無く石炭ストーブ並みに黒煙吐く意外、程度は思った以上 ・・・ なんとかなる ・・・ かな?

さぁ!思う存分いじりましょう o(^o^)o


イメージ 27

モール関係をブラックアウト!


イメージ 4

フロントのトーションバーを限界まで締め上げて、シャックルを特注してショックはランチョ (*^-')b


イメージ 5

トラックみたいな運転席も ・・・ (~_~;)


イメージ 7

少しだけスポーティ且つモダンに σ(^○^)

イメージ 6

外観もアルミ入れていい感じになって来ました! 

イメージ 8

残すはデリカ・リゾートの核、内装 d(o^v^o)b


イメージ 10

まずは、徹底的に断熱と防音!見えない所はウレタンスプレーも、ぷしゅーーーっ d(^_^o)

イメージ 13

イメージ 11

そして、フローリングから内装はパインの無垢材で張って行きます (〃^ー^〃)

イメージ 12

オーディオ・ボードも新設して!


イメージ 14

もちろん、大型のシンクキットも万全です (*^-')b

イメージ 15

シートアレンジも自由自在 o(^o^)o ワクワク

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

う〜〜〜ん! いい感じです (o^−^o)

仕上げは、外装をちょいアレンジして ・・・ d(^-^)


イメージ 20

イメージ 21

この間、黒煙克服やサイドドアがタイヤに当たって開かないとか、書ききれないマイナートラブルで、

結局、北海道上陸後約1年半を費やしましたが (^_^;)

出来上がった後は嬉しくて、嬉しくて、いつもリアシートに寝そべってました 。('-'。)(。'-')。

しかし・・・トーションバーを限界まで締め上げた乗り心地は、ノーサスのケンメリより酷い物で、


娘の イメージ 22 が、300Mも進まぬ内に酔って ・・・ イメージ 23

1年半掛け造り上げた理想のキャンピングは、3ヶ月の短命で本州に売られていきました o(ToT)o


今も、走ってくれているかなぁ ・・・

ランドクルーザー60

ハコ乗ってL型の魅力にどっぷりハマっていた頃に、対極的なキャンプにも同時にハマってました!
 
毎週のように助手席をはずしクーラーボックスを積んで行くのは、ちょと厳しいのと、
 
時に、帰りの駐車場でかぶらせてプラグ並べてシコシコも格好悪いし、エアコンが無い致命傷も ・・・
 
これまではより低く後輪駆動じゃなきゃ車じゃない!の個人的概念を全否定して4駆デビュー Y(^^)!
 
イメージ 1
 
ランクルの60! 4000ccのガソリンエンジン3F-E型を搭載したワゴンVX (FJ62G)
 
サファリのショートか、同じ60のバンGXの観音が欲しかったけど、居住性の面で却下 (T△T)
 
イメージ 2

これは最後の頃の写真ですが、どうしてもスワンパー履きたくて

パジェロ用の4インチ位のブロック
無理やりぶち込んでサスとシャックルでハイリフト (*^-')b

ボディをフォークリフトで片側ずつ持ち上げて、
ブロック組みました

両側入れて降ろしたら、ラジエーターの下近くエンジンが来てホース関係が全部外れてた (・o・)

結局、20時間近く掛けて
馬鹿でかい”チョロQ”になりました σ(^○^)

イメージ 3

スパトラのサイド出しで ”爆音おじさん” と化し、

バスが横に着くと同じ高さなので乗客が一斉に覗き込む (^^;) v


いじり始めの頃は、カンガルーバーに純正ライン! こんな感じで ・・・ d(^_^o)

イメージ 4
 
イメージ 5
 
折角4駆デビューしたのだから、山の醍醐味を教えてくれると後輩について行きましたが、
 
クロカンはこれ1回きりで懲りました (^o^) 車体は傷だらけの上にあちこちボコボコ  (・_・;)
 
イメージ 6
 
でも道なき道や川の中を走るって最高にスリリング o(^-^)o ジムニーがあればまた行きたいなぁ!
 
イメージ 7
 
走り回った後は、森の中での焼肉で、 イメージ 8 ・・・ も大満足でした d(o^v^o)b
 
イメージ 9
 
キャンプに大活躍してくれた、ロクマル!
 
この後更に、俺のお馬鹿度合いもスーパースワンパー級に膨れて行きました ・・・ (^_^;)
 
次回は、懐かしい装甲車的四駆を紹介しますね _(_^_)_

開くトラックバック(0)

LEOPARD F31 レパード

 F30の後に、必然的にレパードを乗り継ぎました!

  F31 レパード V6 2000XS-Ⅱ JET TURBO

イメージ 1
 
打倒ソアラの思いは日産と共に日々燃え上がっていた所に、


『あぶない刑事』でF31レパードが全編に渡って登場し活躍! ようやく時代がついてきたと (o^−^o)

イメージ 2

エンジンはV6で、VG20ET型( 2000 SOHC ジェットターボ 空冷インタークーラー 155ps )のスペック


イメージ 3
( 写真が無くてお借りしました ・・・ _(_^_)_ )

未来的な青く浮き出る様な3D的デジタルメーター! 


個人的にはデジタル嫌いなんですが、こいつは嫌味が無くいい感じでしたね o(^-^)o

イメージ 4

リアピラーからのライン、素敵ですね ・・・ BMWの6シリーズに通じる華麗さが
d(o^v^o)b

イメージ 5

足回りと、ちょいブースト・アップとマフラー位でしたが、楽しく走れた相棒でした ・・・ (*^-')b


イメージ 6

今から、ちょうど20年前の彼女です
・・・ (*'-'*)

イメージ 7

開くトラックバック(0)

BMW M535i

 84年デビューのE28最上級車で、いわゆるMテク(BMW M GmbH)製 (*^-')b

 Mは、BMWの研究開発などを担当し
前身はBMWモータースポーツで、

 主にモータースポーツ関連の研究開発、モータースポーツ用車両の生産を行っていた会社!

イメージ 1

 水冷直列6気筒SOHC 3430㏄ 185HP 最高速度 210㎞ シルキー・スムーズなBIG6エンジン!

イメージ 2

イメージ 4

 今やいっぱしの高ビーおねぇーちゃんとなった娘も大のお気に入りでした ・・・ イメージ 5

イメージ 6

 まるでドイツ軍重戦車タイガーシリーズを彷彿させる重圧な概観と、上質で広いキャビン

 ダイヤモンドブラックのボディ同色スポイラーパッケージとMマークが主張してます d(o^v^o)b

 150㎞を超えてから路面に張り付くような安定性は、過去のオンボロ中古では経験した事が無く、

ドイツ車のボディと足回りの素晴らしさを実感 ・・・ (・-・)(・o・)(・-・)

イメージ 7

 なんか、今回は娘の成長記みたいな写真しかないのですが ・・・ (;´▽`A``

イメージ 10

 調子こいて、もう一発 ・・・ σ(^◇^;)

イメージ 8
( 写真が無くてお借りしました_(_^_)_ )

 インパネもシックだけどヤル気にさせる雰囲気と、長距離も全く疲れを感じない秀逸なシート


 しかし気に入っていた以上に、トラブルも多くBMW特有の4速ホールド状態にたびたび陥り、

 その都度10人近い諭吉が旅立っていく ・・・ (T△T) 

 おまけにMだからという事で中古部品も無くその上毎回本国からお取り寄せ o(ToT)o

 最後はガソリンタンクから漏れが出て、かちかち山になる前に廃車としました ・・・
(;w;) 。

イメージ 9

 こんなのに憧れてこちょこちょいじりながら楽しませてくれました ・・・ (o^−^o)

イメージ 3

 その後E34も乗りましたが、いつかまた乗って見たいと思うのはコイツの方かな ・・・ d(^-^)


こんな古い車でも、自分同様シルエットがお好きな方がいるようなので、拾ってきた画像を残り容量分 (^_^;)

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

THANKS

開くトラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事