全体表示

[ リスト ]

監督 ヴィンセント・ミネリ
出演 ジーン・ケリー(Jerry Mulligan) レスリー・キャロン(Lise Bourvier)
オスカー・レヴァント(Adam Cook) ジョルジュ・ゲタリー(Henri Baurel)
ニナ・フォック(Milo Roberts) ユージン・ボーデン(Georges Mattieu)
マーサ・バーマトレ(Mathilde Mattieu) メアリー・ヤング(Old Woman Dancer)
原題 An American in Paris
製作年 1951年
製作国 アメリカ
配給 MGM日本支社

1951年度のアカデミー作品賞をはじめ、8つの部門に受賞したテクニカラーのダンス・ミュージカル映画で、ジョージ・ガーシュウィン作曲の「巴里のアメリカ人」を主題とした作品。製作は「ショウ・ボート(1951)」のアーサー・フリード、監督は「若草の頃」「花嫁の父」のヴィンセント・ミネリ、脚本は作曲家出身で、近年M・G・Mと契約「宮廷結婚式」などのシナリオを書いたアラン・ジェイ・ラーナーのオリジナル。使用歌曲はすべてジョージ・ガーシュウィン作曲、アイラ・ガーシュイン作詞のもので、音楽監督はジョニー・グリーンとソウル・キャプラン。撮影監督はアルフレッド・ギルクス、バレー場面の撮影はジョン・アルトン、美術監督はセドリック・ギボンスとプレストン・エイムズが夫々担当する。主演は「踊る大紐育」のジーン・ケリー(この作品の舞踏振付けも担当)と彼がフランスで発見したシャンゼリゼ・バレーの踊り子レスリー・キャロンで、それにフランス人歌手ジョルジュ・ゲタリー、ピアニストのオスカー・レヴァント、ニナ・フォック、ユージン・ボーデンらが出演する。

パリに住むアメリカ人ジェリー・ミュリガン(ジーン・ケリー)は、気ままな感じ易い青年だ。パリに留まって一1人前の絵描きになることが宿望だが、絵の勉強は一向に進まない。だが友達はたくさんできた。米国人のピアニスト、アダム・クック(オスカー・レヴァント)やフランス人の歌手アンリ・ボウレル(ジョルジュ・ゲタリ)たちである。ジェリーの絵はさっぱりパリジャンにうけなかったが、モンマルトルで開いた個展を訪れた金持ちの米国婦人ミロ・ロバーツ(ニナ・フォック)は、彼の才能を認め保証人になってくれた。どうやらミロは絵よりもジェリーに思し召しがあるようだ。ミロと一緒にキャバレーにいったジェリーは、愛くるしい清楚なパリ娘リズ(レスリー・キャロン)を見染めて一目惚れ、強引に彼女の電話番号を聞き出した。あくる日から、ジェリーとリズは逢いびきを重ね、お互いに愛し合う仲となった。だがリズはアンリと内々に婚約していることをジェリーにかくしていた。(gooより)
イメージ 1

 
全編ジョージ・ガーシュウィンの音楽を使って作られたミュージカル。1951年度アカデミー賞8部門でノミネートされ、作品賞等6部門で受賞している。

パリに住むアメリカ人ジェリー(ジーン・ケリー)は、まだ芽の出ない画家。日本家屋よりも狭そうなアパートの一室。収納を有効利用している寝起きの光景が面白い。ベッドは天井に引き上げられ、クローゼットからテーブルや椅子が出てくる。夜から昼仕様に変更する際の、ジーン・ケリーの一連の動きがごく自然で滑らかだ。

友人は同じくアメリカ人のピアニスト、アダム(オスカー・レヴァント)。アダムの友達がフランス人歌手アンリ・ボウレル(ジョルジュ・ゲタリ)。ジェリーがアダムに金を借りようとする時のやりとりが笑える。アダムはこの時、アンリと初対面なのだ。アンリがジェリーにお金を貸そうとすると、「まだ出会って15分だから借りる訳にはいかない」と断るジェリー。それならとアンリがアダムに貸し、そのお金をアダムがジェリーに貸す。そこで、ジェリー曰く「アダムに貸すと帰ってこないよ」。ここでジェリーとアンリが音楽のことで意見の食い違いが生まれる。これは後にライバルになる二人の関係性としての伏線だ。

ジーン・ケリーは風船ガムを配ってくれるので、パリの子供達から大人気だ。今日もたくさんの子供に囲まれてしまう。この時「アイ・ガット・リズム」に合わせて華麗なタップを見せてくれる。チャップリンやナポレオンの真似のパントマイムも達者だ。白眉は飛行機。両手を広げて回転するスピードの速いこと。やはり素晴らしいダンサーである。

ジェリーは金持ちのミロ(ニナ・フォック)に好かれ、個展を開くチャンスを得るが、彼はリズに一目惚れだ。演じるレスリー・キャロンは美人とは言い難いので、ちょっと画的には無理がある。しかし、バレリーナの下地があるので、その身体の柔軟さとダンスシーンは本当に素晴らしい。アンリが結婚を考えている女性を説明する時に、レスリーは様々な性格の女性を動きで演じ分ける。衣装のイメージカラーの演出もとても綺麗だ。ここで既に観客は彼女の顔が分かっているので、その後ジェリーがリズを見て一目惚れする時には、これはまずいぞと誰もが思う仕組みである。知らぬは当事者ばかりなり。アダムはジェリーとアンリの話を聞いているので、二人が同じ女性を愛していることに気付く。この時の慌てぶりが笑える。

リズにアタックするジェリーは本当に図々しくてしつこい。呆れられて「そのしつこさだけの魅力があれば…」と言われる始末。セーヌ川岸の二人のダンスの距離感がいい。とても控え目で、徐々に気持ちが重なりあっていく様子が表現される。後ろ手に回してのキスシーンが、何とも初々しい感じだ。これぞリズも恋に落ちた瞬間であろう。

アダムはあまり出番がないのだが、自分の理想の世界に浸るシークエンスは面白い。アダム一人で指揮者やピアノ、ドラムなど何役もこなしている。声援を送る観客さえも自分だ。セピアっぽい照明や、壁に映る大きな影が印象的。

アダムのピアノで歌い踊るジーン・ケリーがまた凄い。狭い部屋で、ピアノの上で、よくあれだけ動き回れるものだ。

美術学校のパーティ・シークエンスの参加者の衣装が、全て白と黒で統一されている。それぞれの衣装デザインが斬新で面白い。ここでのリズとジェリーの会話から、お互いの想いが胸に沁みてくる。「パリは人を忘れさせていく」「忘れるには美し過ぎる。人の心に沁み込んで…君と同じだ」。流れてくるタバコの煙の演出も味がある。

そして圧巻はクライマックス。20分近いガーシュウィンの交響詩「パリのアメリカ人」をフルに使う。ここではフランス絵画をモチーフにした大掛かりなセットと、バレエを融合した優雅なダンスのコラボが素晴らしい。デュフィをイメージしたコンコルド広場。クラクションの音のように聞こえる部分で、ジーン・ケリーは交通整理の動きを見せる。ユトリロはパスティーユ広場、ルソーは巴里祭。ゴッホは微妙に色が違うたくさんの黄色のセットで表現される。最後はロートレックか。

芸術的にも素晴らしいダンスとセットに圧倒されたまま、一気に映画も終わってしまう。とにかく見応え十分なのだが、物語的にはジェリーとリズの二人以外の登場人物たちがほったらかしなので、何か釈然としなくて残念だ。

 
 

閉じる コメント(4)

ナイス&村ポチです

2012/8/17(金) 午後 8:49 asa*i0*0107 返信する

コメントを読んでいましたら、是非見たくなりました。
コミュニティーセンターに、たくさんのDVDがあって、各自が登録しますと観ることが出来ます。
この映画もある感じがします。
まだまだ、そうしたことを知ったばかりですので、
今の映画を見ながら、楽しみです。

3年前パリにも行きましたんで、当時のパリの街並みも見たいです。

2012/8/17(金) 午後 8:53 asa*i0*0107 返信する

アバター

asahiさん
ナイス&村ポチありがとうございます。
映画ばかりのブログなのに、いつもコメントありがとうございます。

2012/8/18(土) 午前 11:39 出木杉のびた 返信する

アバター

コミュニティセンターのDVDをそこで観ることが出来るのですね。
そういえば以前清水の図書館にも、そういうコーナーがあったけど、今やめちゃってるみたいです。
パリに行かれたことがあるのですか。それは羨ましいですね。
僕の世界旅行はいつも映画の中だけの経験です(笑)。

2012/8/18(土) 午前 11:41 出木杉のびた 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事