全体表示

[ リスト ]

監督 高畑勲
声 (朝倉あき)かぐや姫  (高良健吾)捨丸  (地井武男)翁  (宮本信子)媼  (高畑淳子)相模
  (田畑智子)女童  (立川志の輔)斎部秋田  (上川隆也石)作皇子  (伊集院光)阿部右大臣
  (宇崎竜童)大伴大納言  (古城環石)上中納言  (中村七之助)御門  (橋爪功)車持皇子
  (朝丘雪路)北の方  (仲代達矢)炭焼きの老人
劇場公開日 2013年11月23日
配給 東宝
上映時間 137分

高畑勲監督が「ホーホケキョとなりの山田くん」(1999)以来、約14年ぶりに手がけた監督作。日本最古の物語といわれる「竹取物語」を題材に、「罪を犯したために、この地に下ろされた」とされてるかぐや姫の犯した罪、そして、罰とは何かを描き出す。主人公のかぐや姫役の声優は、映画「神様のカルテ」やNHK連続テレビ小説「てっぱん」などに出演した新進女優の朝倉あき。2012年6月に他界した俳優の地井武男が、作画完成前に声を収録するプレスコ方式で生前に収録を済ませており、かぐや姫を見つけ育てる翁役として声優出演を果たした。宮崎駿監督作品で常連の久石譲が、高畑監督作で初めて音楽を担当。(映画,comより)
イメージ 1

11月23日、MOVIX清水にて鑑賞。

日本人なら誰でも知っているのに、実に謎の多い『竹取物語』。そもそも、かぐや姫は地球に何をしに来て、どうして月に帰らなければならなかったのか。そしてその時かぐや姫は何を思っていたのか…。宮崎駿監督の盟友にして、永遠のライバル高畑勲監督が、満を持して発表した『かぐや姫の物語』は、そんな疑問の答えを、可能性の一つとして提示して見せる。それも緻密な画作りの宮崎監督とは対照的に、余白を感じさせる淡彩に敢えて挑み、日本最古の物語の世界観を作り出し、かぐや姫の心情に迫ることに成功している。

かぐや姫は、何やら罪を犯してこの穢れた地球上に“おろされた”らしい。その罪とは何だったのか、知らないはずの唄の記憶と、天の羽衣。そして知ってしまった愛という、人としてどうにも抑えきれない、摩訶不思議な感情。78歳の高畑監督が描く昔話は、いつの時代にも通じる普遍的なテーマを内包した、最もピュアな物語であった。

竹取の翁は、山で小さな姫を見つけ、媼と共に育てることにする。発見時は小さいが美しい姫の姿をしているのだが、家に連れ帰ると赤ん坊の姿に変身し、物凄いスピードで成長を始める。赤ん坊の姿に返ることで、過去の記憶がリセットされたと思われる。翁と媼は自分たちの子どものように大切に育て、愛情を育んでいく。這えば立て、立てば歩めの親心で、姫の成長する姿を見守っていく様子に、自分も娘を育てた記憶が甦り、愛おしい感情が甦って来る。

その後も金が溢れ出たりと、竹が月からの転送装置の役目を果たす。翁が感じ取ったように、これは翁たちへのご褒美というより、姫がこの地で経済的な苦労はしないようにとの、天上からの配慮なのだろう。豪勢な屋敷で、お姫様修行に励むのだが、やがて親が望む幸せと、子どもが欲する幸せとの違いが明確になってくる。大きな家や、上等な着物に囲まれていても、かぐや姫の心は満たされない。子ども時代、捨丸にいちゃんたちと山で駆け回った頃が、懐かしく思い出される。突然の別れの日、みんなで捕まえたキジで鍋を囲む約束。それをどんなに楽しみにしていたことだろう。姫の心は山に、そして捨丸に残されている。

富や名声が人を幸せにするとは限らないと、この日本最古の物語が既に伝えようとしているのが興味深い。自分の想いとは裏腹に、進められていく大人たちの思う姫の幸せ探しとのギャップに、姫自身が苛まれていく葛藤のドラマとしても見応え十分である。

本作の作画について高畑監督は、「観る人の判断の余地を残す」描写に挑戦している。敢えて描いていない部分を残すラフなタッチのスケッチやドローイングで、彩色も白味が多く残されている。細部まで描かれていない部分は、観客が想像力豊かに補完して欲しいということだ。我々はその余白に光を感じ、美しい自然の姿を思い浮かべることになる。

絶世の美女と言われるかぐや姫の顔もラインが完璧ではない分、自分なりの理想の美しさを加味できる余地が残されている。これがきっとジブリ史上最高の美女と、自信を持って宣言できる所以であろう。いや、実際僕にとって、これほど美しく感じられたアニメのヒロインはかつてなかったのではないかとさえ思えた。

そして高畑描写の白眉はやはり、姫が十二単を脱ぎ棄て、野山まで疾走するシークエンスだろう。ラフさもここまでいけば究極と言える。その荒々しさが完璧に表現しているのは、姫がこの世から消えてなくなりたいと願うほどの、抑えようも無い感情の噴出である。この描写には度肝を抜かれ、こちらまで打ちひしがれた気分にさせられた。

一方、桜の木の下で、花弁と共にくるくる舞い踊る姫の美しさ、喜びの表現は躍動感に溢れる。更に宮崎監督の十八番を奪うような飛翔シーンのスピード感と高揚感はどうだ。これぞ「高畑勲の到達点」と呼ぶに相応しい映像ではないか。

宮崎監督とずっと組んでいた久石譲が、高畑作品の音楽を担当するとは思いもよらなかった。双方の作風が合わないのではないかと心配したが、そこはベテラン久石、今回は音楽だけでも感動できるような情感溢れる美しいメロディラインは控え目に、飽くまでも映像の引き立て役としてのサウンドトラック作りに徹底し、映像と重なり合うことによる効果を重要視したのが正解だった。高畑版“竹取物語”の作品世界と見事なまでの融合を見せて素晴らしい。

また、劇中で姫の過去の記憶に関する重要なキーとなる、わらべ唄の作詞・作曲を自ら手掛けた(作詞には本作の脚本を担当した坂口理子も参加)高畑監督の音楽センスも素晴らしい。エンディングで歌われる主題歌「いのちの記憶」の作詞・作曲・唄の二階堂和美の楽曲もまた、この世界観と見事にマッチしていて、感動させられてしまった。

いつもは映画館が明るくなると、すぐ席を立つ僕であるが、今作はしばらく座席に座っていたい気分にさせられた。高畑監督の最高傑作と呼びたいファンタジー。これを観た宮崎監督は何も言わなかったらしいが、心の底ではきっと悔しがっているに違いない。
 

閉じる コメント(16)

顔アイコン

昔話に、いろいろと新解釈が出たり、変形されるのはさびしいことですが、一面また面白味が増えることも事実です。
どう変形しても、竹取物語は揺るがないとは思いますが、高畠ワールドは独特の映像美のようですね。

2013/11/25(月) 午前 8:25 ギャラさん 返信する

顔アイコン

早く観たいです〜(^o^)丿楽しみ♪♪
今年は好きな作品が多くてベスト10は決められそうにありません^^;
「ジャンゴ」と「髑髏城の7人」の2本は断トツで好きです〜
邦画は質が高かったですね〜邦画だけでも10本超えちゃいます(笑)
もう一ヶ月ちょっとでお正月(@_@;)お・・・・恐ろしい速さで月日が過ぎます〜
あ〜話が飛びましたw
「かぐや姫」映像はもちろんですが音楽もとても楽しみです!!ポチポチ

2013/11/25(月) 午前 8:36 [ 猫やす ] 返信する

アバター

今回も★5ですね!?(確か『風立ちぬ』も満点だった♪)

ただね…。

どんなにどんなにストーリーが良くても、
実は“未知数の可能性を秘めてるからこそのこだわりの絵”だったとしても…

やはり宮崎さんの『風立ちぬ』と違ってあの絵のタッチはどぉしても好みではなくて…

予告編観た瞬間“こりゃダメだ”と思っちゃいました。

(追伸)
ざっとみる感じでは、今回も“声優”でなく“俳優”の名前が連なってますね!?

2013/11/25(月) 午前 11:17 ちゃーちゃん♪ 返信する

アバター

ギャラさん
誰もが知っている物語だけに、新しい現代的なアプローチが必要だったのだと思います。
独特の世界観の映像ですので、好き嫌いはありそうですね。

2013/11/25(月) 午後 0:33 出木杉のびた 返信する

アバター

猫やすさん
「映画生活」でも、「yahoo!映画」でも、概ね好評のようですが、どうしてもこの画風が受け入れられない方がいるようです。
猫やすさんが気に入っていただければいいのですが、もしダメだったらすみません。
でも僕はこの絵に感動しましたし、新しい映像表現の可能性が感じられました。

ベスト10本は選ばれませんでしたか。
ぼくも邦画洋画合わせてもう30本以上たので、選出に苦労しました。
年末年始には、邦洋のベストテンをもう一度選び直したいと思ってます。まだ12月公開作品もありますからね。
ポチポチありがとうございました。

2013/11/25(月) 午後 0:40 出木杉のびた 返信する

アバター

ちゃーちゃん
この絵の凄さが分かっていただけないのは、とても残念です。
でも、そういう方も多いようなので、ご安心ください(笑)。

2013/11/25(月) 午後 0:43 出木杉のびた 返信する

ごめんなさい、これは完全にひいてしまいました。
高畑さんは 好きな監督さんなのですが、14年ぶりという長い空間のせいか う〜んと。
画風そのものよりも かぐや姫についてゆけなかったという・・う〜んと。

2013/11/25(月) 午後 4:43 たんたん 返信する

アバター

たんたん先輩
ありゃりゃ、意外とダメだった方、多いですねぇ。
僕はもう『風立ちぬ』と並んでベストと宣言してしまったので、今更引くわけにはいかなくなてしまいました。

2013/11/25(月) 午後 5:46 出木杉のびた 返信する

こんばんは^^

「かぐや姫物語」まだ見ていませんので、観に行ってみたいと思っています。
大人が見る物語が、どのように演出しているのか、気になります。
しかも☆5ですから、観てみたいです

ナイス&ランキング往復です

2013/11/25(月) 午後 6:53 asa*i0*0107 返信する

音楽もすばらしいようですね。

楽しみにしています。
早く観たいものですが・・・
お元気で、明日も素敵な日でありますように。

2013/11/25(月) 午後 6:56 asa*i0*0107 返信する

アバター

asahiさん
作画が気に入らない人も多いようですが、如何でしょうね。
僕はとても素晴らしいと感じました。
これは娯楽作品ではなく、芸術作品なのではないかと思っています。

2013/11/25(月) 午後 8:03 出木杉のびた 返信する

アバター

久石さんの音楽は、毎回外れなく、素晴らしいと思います。
ナイス&ランキング往復ありがとうございます。

2013/11/25(月) 午後 8:04 出木杉のびた 返信する

余白を感じる映像…なるほど!
おじゃまんが山田君は苦手でしたが、かぐや姫はすんなり受け入れられるキャラクターでした。
見終わっても、どの音楽も口ずさめる
メロディーで、心地よかった映画でした。

2013/11/25(月) 午後 9:39 まう 返信する

アバター

まうさん
前作からかなり間があきましたが、「山田君」もかなり余白のある画風でした。その頃から、高畑監督は、こういう表現方法を模索していたのかも知れません。
久石譲の音楽の魅力は、高畑作品でもいかんなく発揮されましたね。

2013/11/26(火) 午前 5:58 出木杉のびた 返信する

顔アイコン

かぐや姫の話自体幼いころにしか触れていなくて物語自体があいまいな記憶だったので、ある意味新鮮でしたし、僕も凄く良かったと思います。
地井さんの声を聞けただけでも凄くありがたかったです。
TBお願いします。

2014/2/11(火) 午後 10:57 かず 返信する

アバター

かずさん
先に声を録音しておくというシステムに驚きましたが、おかげで地井さんの声が聞けたのは良かったですね。
映画も本当に素晴らしい傑作でした。

2014/2/12(水) 午前 4:54 出木杉のびた 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事