杉並おやじの手作農園●手作りエネルギー、手作り野菜で自然災害に!

住宅の屋上,屋根も緑化、手作り農園★工夫で都市の中にも農場★ 手作りエネルギーで、食料自給自足を!★自立する家

全体表示

[ リスト ]

薪ストーブの耐熱ガラスが杉並おやじの不注意で割れてしまいました。
薪ストーブ用の新しい耐熱ガラスが到着しました

イメージ 1

薪ストーブの中が、、、きれいなガラスを通して見える 
炎、火
気持ちよく燃えています。

久しぶりに新品同様の我が家の薪ストーブ、
やはり、薪ストーブはガラスが命ですよね
改めてガラスの重要性を認識


周りの鋳物の部分も耐熱塗料をべたべた塗るのではなく
普通のらだオイルなど食用油で拭くとさび止めにも良いし塗料の溶剤が出ずエコです。

しっとり自然なつやも出ていい感じです。
見た目は新品以上です。
写真映りは20年たった薪ストーブには見えません???


それと

どういうわけか耐熱ガラスが新しいとガラスに汚れが付きにくいようです。
ガラスも古くなると、細かな傷がついているのでしょうね
新しいファイアライトのガラスを取り付けてまだ3日目ですが汚れはほとんどついていません。
畳と何とかは新しいほうがよい、、、、、、
もちろん耐熱ガラスも!


確かに。

前回ガラス交換をした時にも当分はガラスがきれいだったような、、、、
薪ストーブの耐熱ガラスも何年かおきに交換したほうがいいのかもしれません



我が家のダッチウエストFA225は20年近く使っています。

10年ほど前に一度ガラスを割ってしまい純正品に取り換えたことがありました。
このダッチウエストFA224薪ストーブは小型で使いやすく燃焼効率もよく、冬は毎日薪を燃やしています。
ほとんどこの薪ストーブだけで過ごしています。
ちなみにうちはエアコンがありません。
東京でエアコンがない家は珍しいとよく言われますが、薪ストーブのおかげです。

今回もダッチウエストジャパンさんにお願いしようと見積もりをお願いしました。
少々お値段が、、、、、昔の価格をはっきり覚えてはいませんが、今回円安の影響でかなり高くなったそうです。

ネットで調べていたところFA225の耐熱ガラス交換をされた方の記事に遭遇。

さんの「ファイアライト」に出会いました。


★そこで信頼できる国産品、、、、価格は結局ダッチウエストさんの半分程度で済みました。

株式会社コーワさんはメールでのやり取り採寸寸法の確認など丁寧で信頼できる業者さんでした。

出来上がりも
採寸通り、丁寧な仕事で満足です。

★電気硝子建材(株)の製品で耐熱温度は800℃
ファイアライトの物性はなかなかです。


この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

良かったですね〜。
割らないと買えない、割ったから綺麗なガラスになった。
う〜ん、女も分かれると新品で綺麗なネーチャンが登場するといいですが、無理ですね(笑)

2015/2/15(日) 午前 5:09 エコバカ 返信する

顔アイコン

確かにそうですね。

それにしても新しいガラスはどう言う訳か、すすがつきにくいようです。前の硝子が10年前の事なので忘れてしまいましたが、、、、

一番目立つところなので耐熱硝子は時々取り替えるメリットはありますね、

薪ストーブの耐熱硝子は古いものより新しいものの方が暖かくなったような気がします。

2015/2/15(日) 午前 8:07 [ 杉並おやじの手作り農園 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事