列車やフェリーなどで訪ねたヨーロッパ

リパリ、ドブロブニク、コルチュラ、モンテネグロ、アルバニア、アマルフィ、サントロペ、ポーツマス

全体表示

[ リスト ]

ポルトガル:ファーロ

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18
イメージ 19 イメージ 20 イメージ 21 イメージ 22

イメージ 22

ポルトガル:ファーロ(Faro)

3月21日(金)、セビーリャ。アルマス・バスターミナル09:30発、ファーロ11:00着のALSAバスに乗る。ポルトガルとは1時間の時差があるので、スペイン時間12:00着の予定。朝は寒かったが、Tシャツに半袖のポロシャツを着た。

[01][02] ホテル・ムセオから徒歩5分でアルマス・バスターミナルに着く。09時頃、待合所の時刻表に、ファーロ行きバスの乗り場が34番と表示された。34番乗り場に行ってみたが、ALSAバスはまだ到着していない。
[03] 一旦待合所に戻り、09:20頃に34番乗り場に行ってみると、ALSAバスが停まっていた。バス下部の荷物庫にスーツケースを入れ、ドライバにEチケットを渡す。
Eチケットを購入した時の座席図では、ドライバの後ろが1番で、横に4席あったので4番を予約した。バスに乗車すると、4番の席は2列目の通路側だった。ほとんど眠っていたので、どの席でもよかったが。
[04][05] スペイン時間で12:40頃に、ファーロのバスターミナルに到着。時計を1時間戻したので11:40着。ビルの北側に出口があり、南に回ると、予約したエヴァ(Eva)ホテルの入り口がある。
[06]-[08] エヴァホテルはマリーナに面したきれいなホテル。シングル朝食込で61.20ユーロ。海側の部屋は78ユーロだったので、山側の安い部屋にしたが、海側の方がよかった。平日だと10ユーロほど高くなるようだ。
[09] ホテル前から東南の方を見る。左手にホテルファーロが見える。
[10] マリーナの傍にピッツァの店があった。ピッツァや薄いステーキなどが10ユーロ位。
[11] 旧市街門の前の建物。
[12] 旧市街に入って坂を上った所にレストランがあった。呼び込みのお姉さんの勧めで、8ユーロのステーキランチを注文した。4切れの小さなステーキにライスと豆で、4ユーロが妥当な感じだった。
[13]-[15] 旧市街にあった案内板や飾り。
[16] ホテルファーロ横の通り。真っ直ぐに進み、左側の坂道を上がるとスーパーマーケットが、左手の通りに入るとレストランが何軒もある。
[17] 夜の旧市街門。
[18] ホテルの朝食は、5階のレストランで。レストランからの眺めがとてもよい。
[19]-[21] ホテルの屋上から、市街、旧市街、西側の海を眺める。

――――――――――
旅の計画は、以下のブログで検討した。
 バレンシアの旅計画: http://blogs.yahoo.co.jp/sugit31/25899195.html

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事