カントリーぱぱ&まんま

半給半足を目指すカントリーぱぱ&まんま

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

   先日 サークルの親分(国定忠治ではありません)じゃない 会長から 花梨(かりん)を頂いた。
 
花梨(かりん)には苦い思い出がある。 昔のこと 長野勤務時代 諏訪湖の湖畔に
美味しそうな果物が生っており、香りも良いしちょっと失敬して食べてみたら
その渋いこと。 口が曲がるとはこのことを言うのでしょう。
 
 花梨はかりん酒や砂糖漬け、のど飴などで知られていますがNETで調べたら
ジャムも作れるとあった。
 
 渋いジャムなんて考えただけでいやになる。
 渋抜きはどうすればいいんだろう?
 
 そこはまんまが考えてくれました。
 
イメージ 1
            香りはいいし、つい食べたくなります
 
 
 
イメージ 2
                 ピーラーで皮を剥いた
 
 
 
 
イメージ 3
             硬めのパパイヤのような色をしていてきれいだ
 
 
 
イメージ 4
         切ってしばらく茹でたらなんと渋みやえぐみが消える
 
 
 
イメージ 5
           お湯を捨ててフードプロセッサーで滑らかに
 
 
 
 
 
イメージ 6
                蜂蜜、砂糖を加えて練り上げる
 
 
 
 
イメージ 7
                瓶やプラスチック容器に詰める
 
 
作ってみて気づいたことは
① 香りがよくてジャムでは最高の部類に入る
② 果実は水分が少ないので目減りがしない、よっていっぱいできる。
③ 風邪で喉が痛いときはお湯で溶かして飲める。
 
 
ぱぱは見てただけ。作ったのはまんま。
ただし食べるのは一緒。
 
 まんまがラベルを貼り完成、アラーよく見ると日付が先付だ〜 20日となっている
これはいけませんぞ、今日は16日ですよと言うことで二重線を引き書き変える。
 どこかの国ではありませんよ。
 
 
 
 
 
 
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事