カントリーぱぱ&まんま

半給半足を目指すカントリーぱぱ&まんま

家庭菜園

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


 昨年宿儺(すくな)かぼちゃという長〜いのを作ったあとに、野菜の屑や雑草、家の野菜くずを積み上げて堆肥作りをしていた。 ところがその堆肥のところにかぼちゃが芽を出し、どんどん伸びた。
 
昨年は好き勝手に蔓を伸ばしたので
 今年は蔓をのばさずに行儀よく育てることにした。

イメージ 1
           ともかく芯を止めてます


 なにしろ今年は30株位のかぼちゃを植えたり、種を播いたりしたので
好き勝手に蔓を伸ばされては困るのでびしびし鍛えてこちらのいうことを
聞いてもらうことにする。
株もそのうち選考会を開いて株数も半分ほどに絞ります。
 それとあんまり生るとかぼちゃ地獄をみることになりそうなので、1株
2〜3個に制限したいものです。 
 


 ゴーヤを播いてもさっぱり芽をださない。 ところがインゲン畑に出ているではありませんか。
ならばと真竹で棚をつくった。太いのを使ったので台風がきても大丈夫でしょう。

イメージ 2
   最初の3株

 昨日インゲンを採っていたら まだ3株残っていた。 ラッキー!
合計6株 今年もゴーヤは大豊作の予感がする。



イメージ 3




 畑は人をリラックスにしてくれる。
土地はいっぱいあるし、マリーゴールド畑を作った。土手にも植えて散歩する人にもきれいな花を見てもらおう。

イメージ 4


イメージ 5
      まだ売るほどあります。野菜畑改め花畑としなくっちゃ。


向日葵も咲き始めた。


イメージ 6



 胡瓜もなりはじめ、枝豆も大きくなってきた。もうすぐ ビールの季節だよ〜と唄い始めることでしょう。

イメージ 7
これは地這え胡瓜ですが枝を刺して特別サービスを実施中。
地這えだって上に伸びたがるのです。小生意気なものです。
 
イメージ 8
           もういくつ寝ると食べられるかな?


イメージ 9
                 地這え胡瓜
     親ばかと申しましょうか、相変わらず過保護でございます。

 家庭菜園は何回にも分けて定植したり、種を播いたりしませんと どんとできると配達先を探すのに一苦労します。 すこしづつ何回にも分けて作るのがべたーなようです。ちなみに胡瓜はただいま3回に分けて作っています。来月は秋用を蒔く予定です。




開く コメント(15)

開く トラックバック(0)

 昨夕の雨は降ってくるのでなく、猛烈な風で横から雨が襲ってくる感じでした。 これを夏雨(かう)というそうです。霰か雹も一緒に降ってきました。

イメージ 1
       外に出ることはできず、窓越しに撮りました。
    ぼけてるのではありません。雨でよく見えないのです。

     一夜明けて今朝は来月に蒔く人参畑作りをしました。
この辺は6世紀ごろ 榛名山の噴火で軽石が地表を厚く覆ってしまった
関係で水はけがすこぶる良いのです。

イメージ 2
 スコップで掘り返し(これを天地返しといいます)最後に苦土石灰を振り撒いて完了なのですが、疲れて途中でストップし続きは時間を見ていつかやります。人参は小石や木の根があると艶めかし人参ができるのです。
艶めかしい人参の好きな方は小石や木の根のある畑でお作りください。
ただし出来不出来の苦情は当方一切受付いたしません。

イメージ 3
   脇芽をせっせととったら立派な中玉になろうとしています。
 甘みを増すために ようりんをあげてきました。


 その脇芽を利活用してトマトを殖やしております。

イメージ 4
10本ほど殖やしました。ミニトマトや中玉トマトです。元手は0円。

トマトとくればサラダでしょう。 サニーレタス、胡瓜、バジルすべて
自給可能です。
イメージ 5
           サニーレタスも大きくなってきました

イメージ 6
   胡瓜も間隔をおいて第1陣、第2陣、第3陣と時期をずらして
  作ると夏中ず〜と食べられると教えられたので実行中です。
  手前が遅番の胡瓜です。そのうち草防止の藁を敷きます。

  食べるのだけが楽しみの年になったのでしょうか。
  はたまた舌が肥えて新鮮な野菜しか受け付けなくなったのでしょうか。

  どれも当てはまらないような気もしますがーーーーー。
 
 






開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

 雨も降らず、暑い日が続きました。
畑仕事も砂漠でやっているよう状態で、蒔いた種子はほとんど芽が出ず、出てもちりちりになってハイおしまいよ。

 そんな訳で まんまとふたりマイレージもたまっているので、NHKの花燃
の舞台である
             萩を歩き回ってきました。

イメージ 1
吉田松陰の私塾 松下村塾(しょうかそんじゅく)

イメージ 2
往時の面影を残す武家屋敷


イメージ 3
菊が浜から萩城址を眺める

そのあと下関、門司を見てきました。

本題に入りましょう。
種子は蒔いてもダメでしたので、種苗店からトマト.茄子、ピーマンなどを買ってきました。
地主さんから藁(わら)をいただいて日焼け対策をバッチリしました。
イメージ 4
      過保護と笑われようが黒マルチをして対策は万全?

イメージ 5
   藁(わら)はたっぷりあるのでばっちりサービスしておきました


イメージ 6
落花生が花が咲き始めましたので消石灰をあげました。
あまりたっぷりあげたので花魁(おいらん)のドーランみたいだ。
色白の落花生が採れるかな?
後ろは畑仲間のつくってる畑です。彼結構まめなんだ。

だからこっちのアラが目につくんです。

今日は日曜日でしたが、畑に出てる人は見当たりません。
日曜日は休むんですね。こっちは毎日が日曜日ですから
そんなことを言ってはおられません。

いまが勝負時期だと思ったら
我が行動は 月月火水木金金 です。

まんまは陰でいつまで続くのかな?と思っているのか

年のことも考えなさいと のたまう。

素直にすぐ従うところがカントリーぱぱの
よいところございます。






開く コメント(11)

開く トラックバック(0)

里山風景と捕獲檻

 夏日が続いて種播きもままなりません。
 こう暑くては出掛ける気にもなりません。

 数日前に撮った写真です
イメージ 6

   菜の花が咲いている土手のうえが耕作している畑です

    こんな風景を眺め鴬の鳴き声をききながらの畑仕事は
  なんと贅沢なことか。

イメージ 1


イメージ 2
25日には桜が満開でした


イメージ 3
小さな梅林のタンポポも満開でした



イメージ 4
上の屋根は今風で言えば暖炉の煙突かな?


イメージ 5
昨夏は畑仲間のトウモロコシが何者かに食べられて全滅。
今年はそんな悔しい思いをしたくないと仲間が役所に頼み捕獲檻を
設置したのですが・・・、引き付ける餌はリンゴ?

 ここ1週間ほど見てますがさっぱりかかりません。
   フレッシュなりんごはドライアップルになってきました。
敵はトウモロコシを食べたいでしょうからおめおめ
用意されたリンゴにはとびつかないのではないのかな〜。



開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

 昨日は東京に行ってきました。
年に一度出身地の人が懇親会を永年やっているのです。 今年も110名くらい集まりました。場所は毎年目黒雅叙園です。

 ところがJRの支柱倒壊の事故で交通網は混乱、地下鉄での振替輸送、日頃乗り付けない人たちですので会場にたどり着くのが大変だったそうです。

 当方もへとへとになって帰ってきました。 でも日曜でよかったのです。平日だったら大混乱だったでしょう。

 ただ外国の方は大変な様子でした。立て看板の案内地図は漢字で読めないし、駅員は外国語がしゃべれないみたいだし、観光立国を目指すならもうすこし対策を考えておかなくてはならないと思いました。

 今日は雨で寒いので家にいて保養することにしました。

       庭のニンニク行者も食べごろになりました。 

イメージ 1


 昨日高速道路のサービスエリアに売っていましたが、
レシピがついていないので食べ方を知らない人は絶対買わないと思います。どうして相手の立場に立って物事を考えないのかな?




イメージ 2
まんまがお遊びに桜に蝶々を飛ばしてくれました。
イメージ 3

チューリップはおまけだそうです。


イメージ 4
この前知人の見舞いに行く途中に芸術的な風景を目に留めました。
これが畑への入口です。


開く コメント(9)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事