カントリーぱぱ&まんま

半給半足を目指すカントリーぱぱ&まんま

B級グルメ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1

 色つやがよく完熟したらさぞかし美味しいと思って自然落下を待った。
一昨日あたりから落ち始め、今日で全部落ちました。

 美味しくてほっぺが落ちるかな?
ん!? まずい。 酸っぱい。こりゃ 生食は駄目だ。
こういうのを羊頭狗肉というんでしょうか?
見かけ倒し。
外観だけがよくて中身なし。
悪口も言いたくなる。

 いずれにしても生食は無理。
どうりで蟻も食べてなかった。
 
 ならばジャムに加工。




イメージ 2
1時間ほど水につけアクだし。よく拭いてから二つに切って種をぬいた。




イメージ 3

種をとって量ったら 1.2kgあったので 砂糖を500gにした。ほんとうは400gにしたかったが 酸っぱいので100gたした。

砂糖をまぶして1時間、水があがってきたので火にかけた。
途中アクは取りました。

イメージ 4
皮まで溶けてジャムっぽくなってきた。
20〜30分とろ火にかけ水分を飛ばし、最後にレモン汁を
入れて完成。

いい加減な作りだが瓶に入れればそれなりに見られる。
まさに馬子にも衣装か?

イメージ 5

手前左の色の違うのは梅ジャムです。 同時進行で作ったのです。
瓶はもちろん消毒しましたよ。
結構手抜きもしました。
手抜きあんずジャム? そんなこと言わないでください。
保管は冷凍庫にしておけば安心。

手抜きしたい人には内緒でお教えしますよ。




 昨日はパチンコ玉大の雹(ひょう)が降リました。

イメージ 1

  
 畑はどうなっているのか見に行ったらやはりすごい雨でした。
イメージ 2
          金時豆畑が無残に流されていました。
          豆はどこへいったのでしょうか?

 畑は明日にでも直すとして桜の追っかけをしてきました。
   桜も伊香保温泉まで満開です。

       伊香保♨近くの運動公園に行ってきました。
イメージ 3
満開です
イメージ 4
                  赤っぽい桜です
イメージ 9
 400mトラックを独り占めですが、走るには-------やめておきます

                 
                 さかさ桜です

イメージ 5
    水たまりに写った桜です。昨日の雹で花びらが落ちてました。


イメージ 6
           伊香保グリーン牧場も満開です。



      老舗の叶屋さんでさくらうどんを買って帰りました。
イメージ 7


イメージ 8

      さくらの香りがして春を感じさせてくれるうどんです。
                季節限定です






  服喪中なので今年の正月は静かな筈だったのが 横浜から息子一家が年末から来たので おせちを作ってのいつもの正月になってしまった。
 
 孫たちにはお年玉を用意。あげるだけでなく、たまにはお年玉を貰ってみたいなどと勝手に思っていたら、息子がGショックの時計をお年玉としてスマホで手配してくれた。
 
 孫は来て良し、帰って良し などといわれていますが、後片付けでへとへと
 
ようやく疲れもとれたので、1か月遅れの干し芋作りに取り掛かった。
 
たまたま新聞に干し芋作りのプロの話が出てたのでそれを参考に作ってみました。
 
イメージ 1
           寒さが続いたので皮が少し傷み始めていました
           干し芋用のさつま芋 玉豊(表皮が白い)
 
イメージ 2
皮を剥いて
丸一日水につけて
アク抜きをしました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
ふかし鍋に入れて
弱火で
4時間蒸かしました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
                軟らかすぎるので丸1日干します
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
乾燥すると半分になるので それを見込んで
カットします
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
                 干し網に入れて干します
 
   普通は幅広にカットするのですが、まんまの要望でステック状にしました
 
 
 寒風と日光に10日から1か月干します
プロは1か月ほど干すとのことですが、軟らか目が好きなので10日から2週間くらいで完了にするつもりです。この間何回かひっくり返します。
 
 
 買って食べていた頃は何とも思っていませんでしたが、いざ自分で作ってみると
結構手間がかかることに気づき、手作り品が高いのは材料費でなく手間代なんですね。
 
 
 田舎生活をエンジョイするには自分でいろいろなことに挑戦することがたいせつです。 わからないことはネットで調べたりすると意外にできるってことが分かってきました。
 
 豚汁にも挑戦しました。上手くできたのですが量のことを考えなかったのが失敗で
来る日も来る日も豚汁が食卓に顔を出します。
 
 二人暮らしは二人が食べて丁度良い量にしないといけないとつくづく思いました。
でも失敗しなければそんなことも思いつかないことです。
 
 失敗は成功のもと。 いや失敗はリベンジのもと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   先日 サークルの親分(国定忠治ではありません)じゃない 会長から 花梨(かりん)を頂いた。
 
花梨(かりん)には苦い思い出がある。 昔のこと 長野勤務時代 諏訪湖の湖畔に
美味しそうな果物が生っており、香りも良いしちょっと失敬して食べてみたら
その渋いこと。 口が曲がるとはこのことを言うのでしょう。
 
 花梨はかりん酒や砂糖漬け、のど飴などで知られていますがNETで調べたら
ジャムも作れるとあった。
 
 渋いジャムなんて考えただけでいやになる。
 渋抜きはどうすればいいんだろう?
 
 そこはまんまが考えてくれました。
 
イメージ 1
            香りはいいし、つい食べたくなります
 
 
 
イメージ 2
                 ピーラーで皮を剥いた
 
 
 
 
イメージ 3
             硬めのパパイヤのような色をしていてきれいだ
 
 
 
イメージ 4
         切ってしばらく茹でたらなんと渋みやえぐみが消える
 
 
 
イメージ 5
           お湯を捨ててフードプロセッサーで滑らかに
 
 
 
 
 
イメージ 6
                蜂蜜、砂糖を加えて練り上げる
 
 
 
 
イメージ 7
                瓶やプラスチック容器に詰める
 
 
作ってみて気づいたことは
① 香りがよくてジャムでは最高の部類に入る
② 果実は水分が少ないので目減りがしない、よっていっぱいできる。
③ 風邪で喉が痛いときはお湯で溶かして飲める。
 
 
ぱぱは見てただけ。作ったのはまんま。
ただし食べるのは一緒。
 
 まんまがラベルを貼り完成、アラーよく見ると日付が先付だ〜 20日となっている
これはいけませんぞ、今日は16日ですよと言うことで二重線を引き書き変える。
 どこかの国ではありませんよ。
 
 
 
 
 
 
 
 加齢現象で 疲れはすぐ出ず、しかも出るとなかなか取れないなどと嘆く事勿れ。
 
ニンニクを毎日食べると疲れないと その昔 ピラミッドを作ったエジプトでは労働に従事した人にニンニクを供給したそうです。
 
ただニンニクを食べると臭いが気になるので週末以外は遠慮しているご仁が多いようだ。
 
私もその昔渋谷の人気のある居酒屋でうなぎの肝、かしら、ニンニクなどを食べて、
翌朝会社に出社したら「誰だ朝から餃子を食べてきたものは?」と先輩が言った。
こちらは餃子を食べてないから 「誰だ、誰だ」と言ったのだが 考えてみたら犯人は当の本人であった。(この件は結局うやむやになった記憶があります)
 
前は疲れるとよく栄養ドリンク剤なるものを購入していました。やれタウリン1000, 2000 と、まるで栄養剤が疲れをとる唯一のものであるかのような気になってました。
 
ところがまんまのお友達からニンニク味噌の作り方を教わってからニンニク味噌が
栄養ドリンク剤に代わって主役の座を占めるようになりました。
 
でもパン食の時も味噌汁ではミスマッチです。
 
そこで登場したのが甘酢ニンニク。
 
手軽に摂れて、しかも臭いがない! 朝から食べられる。
横浜の息子も甘酢ニンニクをリクエストしてきます。
 
 
まんまが作っているやり方は
イメージ 1
 
                      ニンニクの皮をむく
 
 
 
イメージ 2
                熱湯の中で2〜3分茹でる。
             ニンニクの粒のサイズでゆで時間は調整。
 
茹でる時間が短いとニンニク臭が残り、長いとニンニクが軟らかくなって歯触りがよくない。 
まんまは手間でもLL/L/M/Sとサイズ分けして失敗しないように茹でています。
 
 
イメージ 3
 
       甘酢は好みの味で作っておき茹でたニンニクから甘酢に漬け込んで2日から1週間たったら食べられます。
 
             一回に食べる量は2〜3個くらいです。
 
 
 
イメージ 4
7.8年前に寄せ植えで買ったハゼ、6年程前に庭に定植すると見事に伸びる
伸びるあっという間に4メートル程の木に成長。
今年は初めて真っ赤に燃えるような紅葉、魅せられています。
冬の装いを始めた庭が華やかです。
イメージ 5
 

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事