あす県ブログ(あすの福井県を創る協会)

あすの福井県を創る協会(あす県)では、まちづくり・人づくり運動を推進します(*^_^*)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

3つのテーマで分科会が始まりました。
イメージ 1


第1分科会、美しい地球🌏環境を未来に遺すために

イメージ 3


第2分科会、食を通して未来に伝えたいこと

イメージ 2


第3分科会、未来につなぐ地域づくり



第3分科会の中で印象に残っている話をひとつ。

ごはんを作らない家庭、食べられない家庭の子どもがいる。
朝ごはんを食べずに学校へ行く子どもがいる。
平日は学校給食があり、1日に1回食事ができるのでまだいいが、学校が休みの日は、ごはんを食べられない子どもがいる。
そんな地域の子どもたちに、ごはんを食べさせたい思いで活動をしている。
すると、苦情や批判がでることもある。
続けるためには資金が必要。
この活動には難しさがあるが、地域の子どもたちのために続けたい。

このような現実に、衝撃を受けました。

兵庫県から参加の女性が会場に来る道中、柿があちこちに落ちているのを見て、兵庫県では考えられない。
全てお金です。というお話があったくらいなのに‥。


今年、助成金交付の申請をして助成を受けられる来年早々、「子ども食堂」を立ち上げることになったとのことで、ぜひ継続してほしいと思いました。


第2分科会では、食品ロス削減や、食べきり運動の発表でした。

食べ物を残さない、多く作りすぎない、ムダをなくす。などが話し合われました。
最近はインスタ映え用とかで、買った食べ物の写真を撮ったあとに、食べずに捨てられていると聞きました。


片や、食べられない。
片や、食べ残し。


これが現実なのか‥と切ない思いをしました。

自分にできること。
私は、買い過ぎず、食べ残しをせず、外食では食べられる分量で、注文し過ぎない。を実践しています。


第1分科会では、美しい地球環境を守るために調査研究し、活動を続けてきた結果を発表しました。

地球のため、地域のため、子どもたちの未来のために活動することは、今を生きる私たちの務めであると思います。

自分にできること。
私は、ゴミの分別、再生品の購入(買い支え運動に協力)、レジ袋は貰わずマイバックを必ず持参。を実践しています。

ブログでは書ききれないほど活発な意見交換が、それぞれの分科会で行われました。


分科会報告のあと休憩を取って交流会へ。

つづく‥・。

開く コメント(0)

25日・26日で開催しました「平成29年度生活学校・生活会議運動 中部・近畿ブロック研究集会」が昨日無事終了いたしました!

中部・近畿12府県のうち11府県から、快活な生活学校の方々、自分の住む地域が大好きな生活会議と地域づくりまちづくり団体の方々、約220名が一堂に会しました。

イメージ 4



今回は、毎年開催しております、「元気なふるさとづくり 県民のつどい」と合わせて、あわら温泉グランディア芳泉で、2日間にわたり行いました。





はじめに、(公財)あしたの日本を創る協会の榊理事長と、当協会の旭会長よりご挨拶をいただき、ご来賓の福井県教育庁教育振興幹と、福井県議会副議長よりご祝辞をいただきました。


つづいて、(公財)あしたの日本を創る協会主催の“あしたのまちくらしづくり活動賞”の、地方審査である当協会事業の、“元気なふるさとづくり活動賞”で受賞された団体の表彰を行いました。



先日、受賞団体を推薦しましたところ、「NPO法人 農と地域のふれあいネットワーク」が、あしたのまち・くらしづくり活動賞で、総務大臣賞に決定いたしました!

おめでとうございます!!






このあと、最優秀賞を受賞されました「小原ECOプロジェクト」の皆さまに、活動の紹介をしていただきました。





つづいて、毎年恒例のパネルディスカッション ざ・気楽にしゃべろう会part5〜持続可能な社会をめざして〜を行いました。




イメージ 1



イメージ 2



今回も、敏腕コーディネーターのおかげで、身近な問題を永年解決している団体や、地域の問題を解決しようと活動している熱心な方々のお話を聞くことができ、また、兵庫県の方からも貴重なご意見も出て、大変有意義な時間となりました。

イメージ 3








このあと、3つの会場で分科会が始まりました。

つづく・・・




開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事