buuboroの虫眼鏡

植物、動物少し変な観察.

メモとしての随感録

すべて表示

初冬の日の光

今の時期、コケ群に降り注ぐ日の光も随分低くなり時間も短くなっている. 露を纏ったコケ群に低い日差しが当たるとキラキラと輝いて目を奪う程それは美しいものであるけれど、おいらがレンズ越しにコケ群を覗き込む時は意識して日陰を作ってから覗き込む. 肉眼と違ってカメラは激しく輝度差のある光景、場面には対応することが出来ないからだ. 肉眼で見るような調整がカメラで瞬時に出来るならばそんなことをしなくとも済むのだけれど. 極小さいムシとコケと光の煌めきが同画面に写し込めたらよいのにと思う. コケ群のトビムシは強い日の光を嫌うようだ. 何時も薄暗いところにいる. すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

コケ群  8月26日

2017/8/26(土) 午後 8:54

今日も覗けたコケ群の光景を手の悪い(下手という意味です)なりに記録している. 記録は私の不確かで危うい記憶力を補完して、本来なら脳内に止め置くべき記憶を外部保存する為の手段であり時に提示する手段でもある.そのような想いを廻らせながらパソコンに向かっている. ...すべて表示すべて表示

コケ群 8月18日

2017/8/18(金) 午後 10:13

地べたに在るコケ群を相変わらず覗き続けている. 掌ほどの小さな群でさえ覗いても覗いても探訪しきれない. この先もまだまだ覗き続ける積りではあるけれど、見たいものを覗く為の能力が追いつかない. (途方に暮れているのが実状であるが)...やみくもに覗くしかないのだろうな. ...すべて表示すべて表示

コケ群は秋風

2017/8/13(日) 午後 9:00

感傷に浸るほどの気分ではないが、muraは夏を終え秋の気配を覚える日々. サクの枯れ果てたコケ群になお生の営みを見て安堵する. ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事