全体表示

[ リスト ]

お茶の水の由来


お茶の水
東京都御茶ノ水駅周辺の地域。江戸初期高林寺境内の湧水を、将軍が茶に用いたのが地名の由来という。
イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2


山の上ホテル
東京お茶ノ水、駿河台の高台にあり、開業以来「文化人のホテル」として広く知られる
坂を上りきったところにあります。
イメージ 4

イメージ 6


駐車場が一面ナツヅタで覆われていて、秋の紅葉は見事だとか・・・
イメージ 5


ホテルの隣にある明治大学の学食で昼食でしたが、写真を撮り忘れました。この学食は一般の人も歓迎ということです。



太田姫稲荷神社
太田姫稲荷神社は、太田道灌の娘が重い疱瘡に罹った際、小野篁が創建した京都一口稲荷神社を勧請して、江戸城本丸内に長禄元年(1457)創建したと伝えられ、一口稲荷神社とも呼ばれていました。

太田道灌は後、当社を江戸城鬼門へ移しましたが、徳川家康入府後、神田駿河台裏側の大坂へ遷座、坂は一口坂と呼ばれ、神田駿河台の鎮守となったといいます。昭和6年、総武線延伸工事の際に、当地へ遷座しました。
イメージ 7



イメージ 8


イメージ 9


拓本禁止の注意書、こんな大きな物の拓本を取る人がいるのですかねぇ〜
イメージ 10


カンヒザクラの蕾はまだ固かった。
イメージ 12


カワズザクラ

イメージ 11


ビルの壁面に筒が沢山あり、その中に植物が植えられています。
イメージ 13

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事