酔月亭

ブログを引っ越しました! 今後ともよろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

U2log.comにGelsenkirchenのレポートが上がっています。
U2 conquer 'Auf Schalke'
以下はなんちゃって抄訳。


Vertigo//2005とエレベツアーの大きな違いは、グループ内のバランスに現れている。
ボノはエッジよりもアダムとラリー(どっちもキャットウォークやBステージでの演奏が多い)を頼りにしてるみたい。エッジはほとんどメインステージに釘付け。

Gelsenkirchenで、ベース・プレイヤーはボノから心のこもった「Adam Clayton, I love you」を受け取った。
 ※アダム含め、みんなよくわかってると思う。

ラリーは"Yahweh"でまさに文字通りボノを支えた。ドラマーとシンガーは背中合わせに立って、お互いを支えていた。
 ※「お互い」だったのかな、ほんとに。

濃密で力強く、また「安全」でもあるこのセレクションももちろんいいけど、もっと違う雰囲気も欲しい。
アコースティックセットとか、もっとジェントルな曲をいくつか――"Electrical Storm"や"A Man and A Woman"みたいな。
 ※おお。アメリカ人からもMan&Woman待望論が!

ところで、豆鯛ブログにも上がっている、この日のセットリストについて。

    イメージ 1

Party Girlがないのは債務削減をお祝いするサプライズだから。
ワタシの目を引いたのは2回目のVertigo。
1st legでは"40"と書いてあるリストを直前に変更して演奏していたようですが、ちゃんとリストに載ってますね。レギュラーになるのかな。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

トラバありがとうございます。Vertigoを2回演る時ってシートにどなたか賓客が居るような気がします。気のせいでしょうか?

2005/6/15(水) 午前 11:42 豆鯛(mametai) 返信する

顔アイコン

それは考えたことがなかったです。US legチェックしてみます。

2005/6/15(水) 午後 1:05 鈴木満月 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事