酔月亭

ブログを引っ越しました! 今後ともよろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

今回は訳詞を読む前に、全曲私訳を試みようと思います。
全然詩的じゃない、そのうえやっぱりなんちゃって訳なので、とことん自分のための行為です。
幸いまだ手元に訳詞はありません。
同時に残念ながらオフィシャルの歌詞もないので、ファンサイトから拾ってます。
オフィシャルを入手したら手直しします。




海みたいな女の子を知っている。
毎日ぼくのために姿を変える彼女を見つめる。

静まり返っているかと思えば、またすぐに大きくうねる。
彼女の貝殻に耳を当ててみるといい。宇宙が聴こえる。

水平線には境界がない。
空と海を隔てるものなどない。

心に穴の空いた女の子を知っている。
無限を出発点にするのは最高だと、彼女は言っていた。

「時間なんて関係ない。まっすぐじゃないから」と言っていた。
ぼくの耳に舌を押しあてて。

水平線には境界がない。
空と海を隔てるものなどない。


きみの頭の中で生まれた曲が、今この胸の中にある。
きみがぼくのポーズ・ボタンを押す。
ぼくは巻き戻して、もう一度再生しようとする。

毎晩同じ夢を見るんだ。
ぼくは何かを企てている。たくらんでいる。

ぼくは交通警官で、マレ通りにいる。
サイレンがやかましく鳴っている。ぼくを追い払おうとして。

水平線には境界がない。
空と海を隔てるものなどないんだ。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ほんと、曲の雰囲気を(満月さんなりに)うまくとらえてますよね。
抽象的・観念的な歌詞ですが、よくイメージできました。

どこに掲載されていたものか、
「時間は無意味で、直線上に進むわけじゃない」
これでは、日本語として、意味をなしていません。

“linear”という言葉を聞くと、われわれは、あのリニア・
モーターカーが走る映像を想い浮かべますが、語源的には“line”
と共通するのでしょう。

全く異質なものと思われがちな、空気と水の間(水平線)には境界
(line)なんてないんだというメッセージは、ボノが経験して
きたあらゆる対立(宗教、人種、貧富、戦場の敵)も、本当に心を
開き合えば、境界はなく、イコール(ジャケット・ケース)なんだ、
共生(coexist)できるんだという力強い叫びなんだと理解
しました。
ありがとうございました。 削除

2009/3/11(水) 午後 10:59 [ モト ] 返信する

顔アイコン

>モトさん
ボノの言うsheがどういう女の子なのか、割とはっきり決めつけているので、こういう言葉遣いになっています。二十歳前後のパンクな感じの美人で、たぶんテーブルに肘をついて喋ってます。
いろいろ悩んでいて、でも開き直って強がったりする。
「ぼく」の高校の同級生で、高校時代はそんなに親しかったわけではないのに、再会して恋人同士になったんだと思います。
(という具合に妄想が止まりません)

日本語詩が手に入ったので、そろそろレビューをしたいと思っています。

2009/3/12(木) 午前 1:36 鈴木満月 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事