水耕栽培でうはうは!

かんたん!水耕栽培 土を使わないはじめての野菜づくり

全体表示

[ リスト ]

この文章は私の推測で書いています。
全くの的外れの可能性も有りますがおそらく当たっていると思って書きました。
水耕栽培をしている方はできるだけ転載してください。転載可能になっています。
できるだけ沢山の人からのフィードバックがあると嬉しいのです。
本当なら実験すべきですがこれは真夏がもっとも適した季節ですので来年実験します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ずいぶんと長いこと水耕栽培をしていますが
その中でごくたまにこんなことを質問されます。

「順調に育っていたのに急に枯れた」

この質問がたまに聞かれるのです。
私自身もごくまれに急に枯れた経験があるのですが
本当に少ない確率なのであまり気にしていませんでした。

でも、この質問は確実に年に数回私の所に来ます。
それで、じっくりと考えてみたのです。

詳しく話を聞くと水替えをして次の日くらいにしおれ始めるというケースが多いようです。

でも、私の所ではほとんどそのようなことはおきないのです。
なぜ?????
私と質問をしてくる人の違いは?
溶液の濃度を間違ってる?でも少々間違っても急に枯れてしまうのは
考えにくいのです。
エアレーション不足?  確かに枯れますがなぜ水替えの時?




たった一つだけ思い当たることがあります。
それはエアレーションしていない?

私は水を塩素抜きのために24時間常にエアレーションしています。
少なくても20リッターのタンク一個は常にぶくぶくしています。
でも、普通の人はそんな子としてませんよね?
たぶんこれが原因です。

水耕栽培で使う水はできるだけ塩素の入っていない水を使うべきなのです。
これは肥料成分が塩素と結びついて根にとって毒性を持ってしまうからです。
ただその毒性は量が少ないためあまり表に出てできませんが害には間違いありません。
ですから私が水耕栽培の説明をするときはできるだけエアレーションをして
塩素を抜いてくださいと説明してるのですが、その反面エアレーションをしなくても
ほとんどの場合、育ってしまいます。
だからあまり強く言っていませんでしたが、これが間違いの元だったのです。

先に謝っておきます。ごめんなさい。

この水道水の塩素はごくごく特定の条件でおそらく根を枯らしてしまいます。
この条件は下記のようになります。

1.植物がある程度以上の大きさで根が沢山育っている。
2.その沢山の根の中に老化した根があり、少々死んでいるが他の根は元気である。
3.気温が高い。真夏が多い。

この条件がそろったとき水道水のカルキ(塩素)が根を枯らすのです。
正確にはカルキが根を枯らすのではなく引き金を引くのです。
何が起こっているかというと・・・・・・
沢山の根を持った植物は少しずつ根を枯らしながら生長しています。
それは老化した根が寿命で死んだり、いろいろなストレスで死んでいるのです。
土の中なら何の問題もないのですが水の中ではその根は分解されてアンモニア、亜硝酸へ変化します。
そのアンモニア、亜硝酸は猛毒でありとあらゆる生物を殺します。
根も例外なく枯らすのですが普通は枯れることがありません。
それはすぐに硝酸塩という肥料成分へ変化するから。
この変化を促しているのが細菌、バクテリア(ニトロモナスなど)の力で
根に沢山住み着いて働いているからなのです。
この細菌がたくさんいると植物は順調に育っていくのです。

ところがこの細菌はカルキにめっぽう弱い!!!
(上の3.の部分の条件は真夏は水道水のカルキ濃度が上がるからです。)

つまり今まで死んで分解されていた根を安全な硝酸塩(肥料成分)にしてくれていたバクテリアを
エアレーションしないで作られた栽培養液の中のカルキが殺してしまったため
アンモニアと亜硝酸の毒が蔓延し、栽培養液が毒養液になってしまったのです。
毒養液になったのかどうかを判断する最も簡単な方法は
1.アンモニア臭、腐敗臭がする。
2.養液が濁っている

1.はもちろんアンモニアが分解されていないから臭いのです。
2.の濁った原因は有効細菌、バクテリアが死んで水中で漂っているからです。

この説明で塩素を抜く必要性がわかってもらえたと思います。
でもねぇ、時間がないのよ〜♪
そんなときもあると思います。

例えば

まだまだ養液はたくさんあると思っていたらほとんど空っぽ!
すぐに養液を入れないと枯れてしまう!!!
さらに約束の時間に間に合わない!!!

こんな時はどうすればいいのでしょう?
塩素の入っていない水はない! 入れなかったら枯れるし、入れたら腐って枯れる!!
そんなときの為に「カルキ抜き」を用意しましょう。
イメージ 1

とても安全性の高い物ですので問題ないと思いますが
高級品と言われるタイプ(いろいろな効用の書いてある)の物には何が入っているかわからないので
写真のような物が安全かもしれません。購入金額は80円でした。金魚屋サンで購入。
チオ硫酸ナトリウムと言う化学物質。

適性使用量は1gのカルキ抜きで約1000リッターの水を処理しますが
季節や地方によって水道水の塩素の量が違うとか
計量のミスを考えて4倍程度使用するのが安全です。

実際の使用には大塚ハウス同様に濃縮液を作って薄めて使うのがいいと思います。
5gを500ccに溶かして保存。
10リッターの水に2〜4ccを入れます。
その後1号2号を投入すれば安全ですね。


ところで、ほとんどの場合水道水そのままで育つ理由ですが
たぶん、若い作物は根がほとんど老化していないため分解されても発生する
アンモニアなどの毒性物質が本当に微量だからとか
真夏以外は水道水のカルキ濃度が低めだから細菌が全滅していないとかだと思いますが
その辺はまだ不明です。
もちろん真夏以外でも起こりうることで、できるだけ塩素は抜いた方がいいようです。



全く違う話ですがこのカルキ抜き、便利です。
布巾をハイターで漂白したりするでしょ?
その後布巾がハイターくさいじゃない?すすいだ後、カルキ抜きを入れた水につけると
一瞬でハイターの匂いが消えます。

お洗濯で衣類の色落ちの原因はカルキなのですが・・・・・






この記事に

閉じる コメント(11)[NEW]

顔アイコン

こんにちは〜。
水道水中の塩素なんてスグ抜けると思いきや、
根回りに有用な最近が居て、塩素抜ける前に死んじゃうんですね。

他に液肥成分が、水道水の塩素に反応してことはないですか?
・水道水に液肥入れてエアレーションか、
・水道水をエアレーションして液肥か
において、出来れば前者で行きたいなぁ。
と思っているのですが。。

2012/9/26(水) 午前 8:36 [ ICHI ] 返信する

顔アイコン

科学的に塩素と肥料が結びついた物をエアレーションで
分解できるかな〜?

2012/9/26(水) 午後 11:31 うはうは! 返信する

顔アイコン

こんにちは。
塩素と、液肥の何か結びつくのですね。
それは、塩素と液肥の何と結びついて、何が出来るのか、ご存知ですか?

2012/9/27(木) 午後 8:17 [ ICHI ] 返信する

顔アイコン

なんだっけ?わすれました。

2012/9/29(土) 午後 9:38 うはうは! 返信する

顔アイコン

はじめまして。glass★hoppyといいます。

うはうは! さんのサイトは以前から何度も拝見し、勉強させていただいてましたが、ご挨拶が遅れました。
昨年、我が家でもトマトなどが突然死しました。このエントリーを読んで、カルキが原因ではないかと思い至りました。
今年は、この記事を参考に、カルキ抜きを徹底したいと考えています。また私のブログでもこの記事を紹介したいと思います。
これから、どうぞよろしくお願いします。 削除

2013/5/15(水) 午後 9:45 [ glass★hoppy ] 返信する

顔アイコン

どうぞどうぞ〜♪
小さな栽培でもすごく効果があることは実験で何度も確認しました。
カルキ抜きは重要です。

2013/5/18(土) 午後 11:21 うはうは! 返信する

顔アイコン

かんたんに水こうさいばいでトマトを作っているのですが肥料はハイポニックですが少し前から葉の色が黄色くなってきましたどうしてでしょうか?
よかったら教えていただけないでしょうか
できれば対処法教えてください
宜しくお願いします
削除

2013/5/27(月) 午前 11:05 [ yorisan ] 返信する

顔アイコン

>ハイポニック
ハイポネックス?でしょうか?
それは水耕栽培用の肥料ではないのでまずは肥料を変えましょう。

2013/5/28(火) 午後 0:25 うはうは! 返信する

顔アイコン

毎年きゅうりが溶液を足したら枯れてしまい、こちらに来ました。
4Lのペットボトルで溶液を作り置きしてたものを足すと元気で、その場で作って入れた今回が枯れました。きゅうりも液もエアレーションなしの培地は大きめのザルです。同条件でトマトとゴーヤは元気に育ってます。
原因はカルキだったんですね〜
来年はカルキ抜き水でやってみます。

2016/7/20(水) 午前 6:46 [ PHK ] 返信する

顔アイコン

ざるは良くないですよ。
よさそうに見えて根にダメージが出ます。

2016/8/5(金) 午前 11:06 うはうは! 返信する

こんな落とし穴があったなんて。成長期に全く問題無かったので水道水のカルキ抜きを完全に甘く見ていました。液肥水足したらすぐに枯れ始めました。この記事を見て急いで毒水をポンプで抜き、市販のペットボトル水で液肥を作り直して入れ替えました。
大きな葉は大半枯れ落ちていますが小さな新しい葉はまだ生きています。果たしてここから無事に生育してくれるのでしょうか…?
かわいそうなことをしました。

2018/4/20(金) 午前 9:18 [ and***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事