水耕栽培でうはうは!

かんたん!水耕栽培 土を使わないはじめての野菜づくり

びりびりでうはうは

[ リスト | 詳細 ]

http://suikousaibai.is.land.to/mogplusx/?mode=img&js=2&guid=on
記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

マイコンで交流

マイコンで交流を作るには?


PORTA .1○


PORTA .2○

この二つのピンの間を抵抗で直結。

while(1){

porta.1.high();
porta.2.low();
porta.1.low();
porta.2.high();

}

この命令文を実行すると抵抗には交流が発生します。

簡単ですね。
もちろん精度が必要な場合はしゃんとを入れるといいかも?

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

水耕栽培をしていて水位を監視したいと思う人は多いのですが
簡易的な方法で済まそうとすると重金属を水に溶かしてしまう恐ろしい
結果が待っていそうなのでちょっと解説しておきます。

普通に考えると水(養液)は電気を通しますから
水位を監視するとき電極が水に触れたら・・・・・と考えがちですが
それだとどうしても金属イオンが水に溶ける危険性があります。

ECメーターは使用時間が短時間だから金属が溶ける量を無視できますが
水位計は無視できません。
そこでで推移を見るのにコンデンサの原理を利用します。

家電製品に使われる電線のように2本対の電線を適当な長さに切って防水すると
電気を通しません。
しかし、これを水につけると電気を通さなくても静電容量が変化します。
この変化をPIC等で見てあげると簡単に水位を知ることができます。


手順としては電線をショートして電圧を0にします。
高抵抗をつないで電圧(5V)をかけると電圧はすぐに5Vにならずに徐々に電圧が
あがっていきます。
5Vになるまでのその時間を記録したあと
今度はその電線をショートして電圧を0にした後、水につけて電圧をかけると
先ほどとは充電時間が違っています。
その時間を記録すると水の有り無しを判断できるのです。

簡単に説明するとこんな感じ。
参考になるといいな。

この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

B-CAS

B-CASはとんでもないことになってますね。
有料放送の契約情報書き換え方法が流出で、只見し放題の状態です。
事業者はつぶれてしまいますよ。

もともと、コンテンツを守ろうという考えで作られたと言うより
利権の利権による利権のためのB-CASだから
こんなことになるんでしょうね。

情報流出の前からすかすかのプロテクトだったからこうなるのは目に見えていた感じです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

自作のLED照明

最近はめっきりLEDの価格が下がってきたので
私も購入してみました。
放熱プレート付き3wの白色LEDが250円です。価格破壊ですよね。
ただ、これだけだといろいろ扱いづらいのでヒートシンクやらドライバやらを
買ったのでもう少し高くなりました。
550円かな?

照明用の傘を100円ショップで買ってつけると完成です。

イメージ 1
お隣の電池は単3ではなくて単4です。
イメージ 2
小さいですがファンもつけたので安心感が全くjちがいます。
全く熱くなりません。ひんやりです。
心配してたファンの音ですがとても小さくてこれなら近くて回っていても
気になりません。

イメージ 3

イメージ 4

後はアルミの反射材を内側に貼って完成ですがその前にどのくらいの明るさかというと




イメージ 6

27w インバーター蛍光灯



イメージ 7
自作3wLED照明


ほぼ同じ条件で撮影です。光源からの距離、カメラの絞り、シャッタースピードなど
肉眼だと3wのLED照明の方が少々暗く感じる程度ですがカメラで判定すると・・・・
しかし、3wと27wを比べてこのくらいですから良いかもしれません。
イメージ 8
肉眼で見た印象ではこんな風に見えています。





LEDの方は照射範囲が蛍光灯と比べて小さいので
その点は注意しないといけないのですが
この価格と明るさは魅力です。

LEDは3wですがドライバが若干少なめの安全圏電流を流しているので
正確に3wではないようです。





イメージ 5


植物育成灯として使用するなら2個でなんとか
太陽の補助として使用できそうです。
波長などは全くわからりませんが補助にはなりそう?
明日はお天気が崩れそうなので早速使ってみます。


この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

お買い得

苗のセールが先日始まったので出かけてみたら、何とも素敵な
たたき売り商品が!!
イメージ 1
季節外れですが今年の冬には大活躍してくれそうなプレートヒーターです。
暖めるだけの機能しかないくせに結構良いお値段がするので
いつも指をくわえていたのですがこの価格なら大満足。
温度センサは付いていませんがそんなのは使い回しで良いかな。

イメージ 2

ケースにも入れず100vという危なさといろんな妥協の産物なのでまねしないでくださいね。
それにしても部品点数の少なさsがすごいです。さすがPIC! 
今年こそはちゃんと綺麗に作ってケースに入れなくちゃ。

以前投稿した温度計のプログラムはちょっとバグがありました。
使う人はいないと思うけど動かすとすぐわかる簡単なバグなのでそのままです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事