全体表示

[ リスト ]

医局の秘書さんもワクチンを打ったのにやられたそうです。
タミフルを5日分処方されたんだって。。

インフルエンザ

ふつうにインフルエンザといわれているのは、
インフルエンザウイルスによる急性感染症の一種で、流行性感冒、
略称・流感(りゅうかん)とも呼ばれるものです。
発病すると、高熱、筋肉痛などを伴う風邪の様な症状があらわれます。

インフルエンザワクチンというものがありますが、
これをしたからといって必ずしもかからないわけではありません。
しかし、かかったとしても軽症で済むかもしれません。
効果が現れるとしても、1ヶ月程度はかかると思われる。
鶏卵アレルギーの人は注意が必要です。

「ジクロフェナクナトリウム」(商品名ボルタレン等)や「メフェナム酸」(商品名ポンタール等)、
「アスピリン」などの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を15歳未満の小児に使用すると、
ライ症候群の併発を引き起こす可能性が指摘されているため、原則使用が禁止されている。
よほど高熱の時のみアセトアミノフェンを少量使用するのが現在では一般的。

インフルエンザウイルスには、A型、B型がある。
綿棒で鼻の奥をグリグリして、ウイルスを検出するキットがある。15分程度で結果が出る。
しかし、発症した直後ではウイルス量が少ないため陽性と判定されないことがある。
発症後2日目が最も陽性率が高いとされ、発症後4-5日たつと陽性率は減少する。

A・B型双方に有効な吸入薬ザナミビル(商品名リレンザ)、
A・B型双方に有効な内服薬オセルタミビル(商品名タミフル)、
A型のみ有効なもともと抗パーキンソン病薬であったアマンタジン(商品名シンメトレルなど)
が使用されるが、発症後48時間以内でないと効果が期待できない。。

鳥インフルエンザ

主に鳥や豚に流行するインフルエンザ。
鳥インフルエンザウイルスを原因とするが、
人の体内に大量のウイルスが入ってしまった場合に、ごくまれにかかることがあることが知られている。
しかし、これまで人から人にうつったことが確認された例はない。

この鳥インフルエンザウイルスが遺伝子に突然変異を起こし、
人に対して強い感染性を獲得したものが、人のインフルエンザウイルスになるらしい。

これまで、鶏肉や鶏卵を食べることによって、人に感染したという事例の報告はない。

新型インフルエンザ

かつてのスペイン風邪のような、人類が今まで経験していない
新型のウイルスで、つまりまだ抵抗力を持たないウイルスで、
爆発的に世界中に広がり、莫大な被害を出しそうなインフルエンザ。
いつ、起こるか予想がつかない。


インフルエンザ桿菌

インフルエンザ、インフルエンザウイルスとはまったく別物で、こちらはバクテリア、細菌。
むかし、ウイルスが発見される前に、
二次感染の肺炎の原因菌をまちがえた。

院内感染でない市中肺炎の原因菌は、黄色ブドウ球菌に次いでインフルエンザ菌であることが多い。

この記事に

閉じる コメント(41)

顔アイコン

ちゃあさん、タイミングが悪くてあるいはぐりぐりのやり方がまずて陰性だったのかもしれませんね。ちょっと損した気分わかりますとも。

2007/2/12(月) 午後 1:47 ask 返信する

顔アイコン

くぅ先生、そんなに簡単に胃への感染が同定できるのかなー。どう考えても暗殺なの??

2007/2/12(月) 午後 1:48 ask 返信する

顔アイコン

starさん、このまま乗り切りたいですね。。

2007/2/12(月) 午後 1:49 ask 返信する

顔アイコン

どくぜつさん、どうもお健康なイメージがあるから、インフルエンザなんぞにかかると重症化しそうで心配です。

2007/2/12(月) 午後 1:50 ask 返信する

顔アイコン

金魚さん、そーですね。。気をつけてくださいね。

2007/2/12(月) 午後 1:50 ask 返信する

顔アイコン

kfile先生、気をつけてくださいね。。

2007/2/12(月) 午後 1:51 ask 返信する

顔アイコン

トリニティさん、医療機関で決めてもいいようです。聞いたところでは、原価は1本1700円、1本で2人分は取れるから。。。

2007/2/12(月) 午後 1:53 ask 返信する

顔アイコン

ぎゃおす先生、うちの病院でもそのくらいです。リレンザの効き具合をまた教えてくださいね。

2007/2/12(月) 午後 1:55 ask 返信する

顔アイコン

CLOVERさん、よかったですね。血液の検査でインフルエンザウイルスに対する抗体ができているかどうかを調べることもできるのですが、時間が少々かかります。

2007/2/12(月) 午後 1:57 ask 返信する

顔アイコン

cloverさんは、ワクチンが合わないんですかー。デリケートな体質、ということにしておきましょう。。

2007/2/12(月) 午後 1:58 ask 返信する

顔アイコン

トリニティさん、そうです。名前は紛らわしいけど、細菌性の肺炎を起こす菌のひとつです。

2007/2/12(月) 午後 1:59 ask 返信する

顔アイコン

さくらさん、そうですねぇー。高齢者ではあまり熱が出ないこともありますが、さくらさんがインフルエンザにかかればばんばん熱が出るでしょうね。

2007/2/12(月) 午後 2:00 ask 返信する

顔アイコン

たまごっちさん、最近では医療機関ではワクチンを義務付けているところも多いですね。

2007/2/12(月) 午後 2:01 ask 返信する

顔アイコン

miっちゃん、いいことです。ずっとかからないに越したことはないです。

2007/2/12(月) 午後 2:02 ask 返信する

顔アイコン

花ちゃん、タミフルを服用後に変な行動をして自殺?事故死?した人がいますが、多いものではなく、副作用のところには付け加えられたようですが、因果関係は?ですね。

2007/2/12(月) 午後 2:03 ask 返信する

顔アイコン

いんふるえんざ。なんで、今頃流行るねんっ!!!

2007/2/12(月) 午後 8:10 [ - ] 返信する

去年の夏沖縄でインフルエンザが流行ったそうで、東南アジアと同じ型じゃないかって言われてるそうです。今は冬しか流行らないけど段々夏にも流行るようになるんですかねー。。。

2007/2/13(火) 午後 8:36 おとぼけjoy 返信する

顔アイコン

菌もあるんですね〜(@_@)。。。おバカな私は風邪一つひかず、おかげさまで元気です(笑)。スペイン、香港、ソ連(なつかしい響き^^;)とかっていうのは、そこから始まった(そこで流行した)という意味なんですか?? だとしたら、特定の都市でいつも同じようなウイルスが流行るのはなぜなんだろう??香港なんて湿度がすごく高いのに???

2007/2/14(水) 午前 1:43 del**_11wa* 返信する

顔アイコン

一周年のお祝い、ありがとうございます。 昨日、インフルエンザにかかっている主治医=院長=僕の顧客と、病院&関連施設をE−メールで統合管理するシステムの打ち合わせをしてきました。インフルエンザにも、僕の「超高濃度たんぱく療法」が効くと思うのですが、問題は、それを飲む勇気があるかどうかです。

2007/2/18(日) 午前 2:30 [ bosho_no_nushi ] 返信する

顔アイコン

そうだ、「超高濃度たんぱく療法」の派生として「低濃度乳酸液療法」というのを、、、いかん、先生の高尚なブログが、、、

2007/2/18(日) 午前 2:37 [ bosho_no_nushi ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事