愛媛県立宇和島水産高等学校 水産増殖科ブログ

愛媛県立 宇和島水産高校 水産増殖科の活動について紹介します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
1 うわじま圏域子ども観光大使 
 期 日  平成30年5月26日(土)  
 内 容  おさかなクイズ、施設見学
 参加者  宇和島圏域子ども観光大使 小学生 40名

2 宇和島環境教育推進協議会 高校生育成講座
  期 日 平成30年6月9日(土)
  内 容 磯生物観察について 小学生用学習プログラム作成について
      かご網漁体験、魚食教育
  参加者 宇和島東・宇和島南・宇和島水産 高校生

3 宇和島市立住吉小学校 6年生 
  期 日  平成30年7月15日(日)
  テーマ 「生物飼育から学ぶ・施設見学」       
  内 容  おさかなクイズ・施設見学・タッチプール・サメタッチング
  参加者  学校・PTA 児童25名・兄弟9名・保護者など 計55名

4 宇和島市立城東中学校・愛媛県立宇和島水産高等学校 中・高連携交流学習
  期 日  平成30年7月11日(水)
  テーマ  「キンギョ飼育から学ぶ」
  内 容  講義、施設見学・飼育生物(キンギョ・マダイ)の説明、タッチプール
  参加者  宇和島市立城東中学生1年生 140名
  説明生徒 3A生徒全員

5 三浦保育園納涼祭 
  期  日 平成30年7月28日(土)
  内  容 ミニ水族館・タッチプール・サメタッチング・キンギョすくい・お魚クイズ
  参加者  三浦保育園園児・保護者 

6 中学校の教職員対象見学会
  期 日  平成30年8月3日(金) 
  内 容  施設見学説明・真珠ストラップ作成 
  
7 Sea級グルメスタジアムin愛媛
  期 日  平成30年09月28日実施
  内 容  おさかなクイズ・じゃこ天づくり指導・新商品ネーミング、パッケージ作製
  場 所  田中蒲鉾工場
  参加者  宇和島水産高校 高校生8名、うわじま圏域子ども観光大使 小学生 約30名

8 Sea級グルメスタジアム in 東京銀座
  期 日  平成30年10月20・21日(土・日)
  内 容  じゃこ天販売・愛媛の水産業の発表
  場 所  東京銀座マロニエゲート銀座2
  参加者  宇和島水産高校生 2名、うわじま圏域子ども観光大使 小学生2名
 
9 宇和島環境教育推進協議会 
  期 日 平成30年10月28日(日)
  テーマ 「船に乗っていこう! 体験型環境学習プログラム 海遊びから学ぶ」
  内 容 磯生物観察(磯生物マップ、磯生物ランキング)、かご網漁体験、魚食教育
 
10 宇和島市立吉田中学 「吉中笑顔未来フェス」
  期 日 平成30年12月8日(土)
  内 容 キンギョすくい、魚拓教室

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6


******************************************************************************************
https://education.blogmura.com/img/education234_60.gif

      ↓文字をクリック

にほんブログ村 教育ブログに参加中です。  ←クリックお願いします!

suisanzoushokuka@live.jp ← 水産増殖科へのお問い合わせはこちらまで。
******************************************************************************************

大寒波襲来 

 昨日の坂下津実習筏です。
 8:40, 天候(晴), 気温9.6℃, 水温15.7℃

 イメージ 1 

 飼育しているマダイです。
 
 イメージ 2
 
 今朝の坂下津実習筏です。今朝の管理時に初雪をみました。
 8:35, 天候(曇), 気温3.5℃, 水温15.0℃

 イメージ 3 

 今朝のマダイです。餌食いも良好です。

 イメージ 4 

 私たち水産増殖科は、飼育生物の維持管理を日々頑張っています。年末年始に大寒波の影響が心配されますが、良い年を迎えられますようご祈念申し上げます。



 私たちはこれら学習を通じて、地域の自然や生物から水産業について学びを深めていきたいと思います。



【平成30年12月27日‐28日給餌管理】
******************************************************************************************
https://education.blogmura.com/img/education234_60.gif

      ↓文字をクリック

にほんブログ村 教育ブログに参加中です。  ←クリックお願いします!

suisanzoushokuka@live.jp ← 水産増殖科へのお問い合わせはこちらまで。
******************************************************************************************
【研究指定】
1 平成29・30年度 環境のための地球規模の学習及び観測プログラム(グローブ)推進事業(文部科学省)
テーマ「宇和海における海洋環境保全のためのグローブ活動の推進」
 〜宇和海の環境保全と水産業発展のための取り組み〜  
                                
2 水産多面的機能発揮対策事業  (三浦アサリ研究会)(平成26年度〜)(水産庁)
  テーマ「アサリ資源量の回復・増大に関する研究」           
 宇和島市、愛媛県農林水産研究所 水産研究センター、三浦漁業協同組合と連携し、三浦アサリ研究会を設立し、宇和島市三浦地区におけるアサリ資源量の回復・増大に向けての取り組みに参画した。    

3 平成30年度 地域産業スペシャリスト育成事業「農林水産業スペシャリスト育成講座」(愛媛県)

4 宇和島真珠PR用パネル作製と模型作製の制作  (宇和島地域ブランド化推進事業実行委員会:宇和島市)

5 平成30年度 宇和島市地域調査研究事業 (宇和島市)
  テーマ「宇和島市近郊のメダカ実態の解明」

【地域連携】
1 宇和島環境教育推進協議会への参画
 
 愛媛大学(南予水産研究センター)、NPO法人SO-EN、宇和島市教育委員会、宇和島南中等教育学校・宇和島東高等学校と連携し、ESDの観点から海を中心とした環境学習プログラムを制定し、ESDの観点から展開した。本年度は、宇和島市蒋渕の磯生物の観察会(磯生物マップ、磯生物ランキング)を実施した。

2 日本財団「海と日本PROJECT」  (海洋キッズスクール実行委員会)

 あいテレビ、うわじま圏域子ども観光大使、田中かまぼこと連携し、「Sea級グルメスタジアム」で指導した小学生が東京で宇和島の水産業について発表した。また、マダイのじゃこ天「宇和海の色白美人 うまタイじゃこ天」を開発した。               

【表彰・研究発表】
1 愛媛県「三浦保」愛基金成果発表報告会  (平成30年7月24日)
 「宇和海における干潟の環境調査と保全活動」

2 つなぐ生物多様性高校生チャレンジシップ(愛媛県)(平成30年度)(平成30年8月18・19日)

 「ESDの観点による宇和海の環境保全活動」をテーマに発表した。 (愛媛県)
 「生物多様性愛顔賞」を受賞した。

3 平成30年度 高校生ボランティアアワード2018 表彰(認定書) (平成30年8月20・21日)
  (公益財団法人風に立つライオン基金)
  「ESDの観点による宇和海の環境保全活動」
  
4 平成30年度 全国水産・海洋系高等学校生徒研究発表大会四国生徒研究発表会(平成30年11月15・16日)
「アサリ資源量から環境をみつめる」
 (全国水産高等学校長協会 四国地区)

5 平成30年度 第10回 GLOBE 生徒の集い  (平成30年11月23・24日)
  (文部科学省・グローブ日本事務局:東京学芸大学)
  「宇和海における海洋環境保全のためのグローブ活動の推進」
〜宇和海の環境保全と水産業発展のための取り組み〜(東京都)

6 えひめ地域づくりアワード・ユース2018  奨励賞 (公益財団法人えひめ地域政策研究センター)
「高校生によるESDの観点による宇和海の環境保全活動」

          イメージ 1

******************************************************************************************
https://education.blogmura.com/img/education234_60.gif

      ↓文字をクリック

にほんブログ村 教育ブログに参加中です。  ←クリックお願いします!

suisanzoushokuka@live.jp ← 水産増殖科へのお問い合わせはこちらまで。
******************************************************************************************
 私たち水産増殖科第1学年は、前回の実習で製作したスパイキを用いて結索(スプライス)を行いました。
 前回の実習では、クラウン・ノットとバック・スプライスを学習しました。


 今回の実習では、小型実習船いたしま2の係留索を3本作製します。まずは前回の振り返りをします。クラウン・ノットとバック・スプライスを思い出してみましょう。

イメージ 1

 スクリーンを見ながら、手順を復習します。

イメージ 2

 いよいよ係留索の製作です。練習用ロープよりさらに太くなります。スパイキを上手に差し込みながら作っていきます。うまくできている生徒はできていない生徒を手伝ってあげましょう。仲間に教えることで自身の技術がさらに向上します!

イメージ 3





 本日、12月11日に製作した係留索を小型実習船いたしま2へ装着しました。船首および船尾の右舷側2本に真新しい係留索がつながれました。

イメージ 4

 さらに船尾左舷側にも1本係留索がつながれました。

イメージ 5

 すべての係留索がつながれました。完成です!

イメージ 6

 科目『水産海洋基礎』では、海と水産業に関する基本的な知識と技術を観察、実験、実習などの体験を通して習得することを目標としています。今回は安全な操船をするために必要なロープワーク(結索)と係留索の製作を行いました。
 今後、いたしま2に乗船する機会が増えることとなります。その際、水産増殖科第1学年のみなさんが作った係留索が船舶を係留するためにどれだけ必要な道具であることや当時の実習のようすを振り返りながら新しい学習を積極的に取り組んでほしいと願っています。



 私たちはこれら実習を通じて、地域の自然や生物から水産業について学びを深めていきたいと思います。

【平成30年12月11日製作,19日装着】
******************************************************************************************
https://education.blogmura.com/img/education234_60.gif

      ↓文字をクリック

にほんブログ村 教育ブログに参加中です。  ←クリックお願いします!

suisanzoushokuka@live.jp ← 水産増殖科へのお問い合わせはこちらまで。
******************************************************************************************

明日は終業式です 

 学校行事の多い2学期でしたが、明日は終業式です。
 今朝の第3教棟の生物飼育室です。各水槽の点検を行っていきます。

 イメージ 1 

 飼育しているマダイです。
 
 イメージ 2 
 
 ガラス水槽の魚たちも元気です。

 イメージ 3 

 漁業者の方から提供していただいたイサキの黄色個体も元気です!

 イメージ 4 

 私たち水産増殖科は、飼育生物の維持管理を日々頑張っています。



 私たちはこれら学習を通じて、地域の自然や生物から水産業について学びを深めていきたいと思います。



【平成30年12月19日点検】
******************************************************************************************
https://education.blogmura.com/img/education234_60.gif

      ↓文字をクリック

にほんブログ村 教育ブログに参加中です。  ←クリックお願いします!

suisanzoushokuka@live.jp ← 水産増殖科へのお問い合わせはこちらまで。
******************************************************************************************

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事