社会的見地

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
ドラマ『明日、ママがいない』についての私考

イメージ 1


ドラマ『明日、ママがいない』がいたって評判がよろしくない。
仕方のない事だと思う。
福祉施設の仕事に長く携わっていた私にとっても、不愉快きわまりないドラマです。
テレビ局はドラマの初期設定に失敗したという感じですね。おそらく綿密な下調べや考証もせずに作ってしまったのでしょう。
それとも逆にウケをねらって意図的に変なドラマを作ったのでしょうか。
児童福祉施設というものや、それに関わる福祉行政というものをしっかりと勉強した上で作られているとは思えません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00000095-jij-soci&pos=3

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140123-00000016-pseven-soci

芦田愛菜を主役という構想のもとで作られたのでしょうが、舞台設定があまりにも無知でお粗末でした。

イメージ 2


もともとドラマはフィクションだからそんなに目くじらを立てる事はない。
よくドラマの舞台とされる警察や病院にも変な刑事や医者が出てくるが、誰も何とも言わないじゃないか。
という風におっしゃる方もいるでしょうが・・・。
でも警察や病院は社会に直接馴染みのある存在で、どんなところか、知る人も多いはずです。

でも児童養護施設はそんなに有名じゃないんですよ。
「孤児院!」と時代錯誤的な呼び方をする人もいるし、「児童養護施設は悪い事をした子供が入れられている」と思っている人もいます。
「少年院」と間違っているんですね。
その程度しか知識がない世間が、ああいうドラマを見せられると、「ああ、やっぱりああいう施設は不潔で、職員の程度も低いし、ろくな子供が育たない」と間違った偏見を持ちかねないのです。
まるで産業革命の頃を扱ったミュージカル「オリバー」の時代の物語のようです。

病院の変な医師や警察の変な刑事はそれなりに富と権力を持っています。でも施設職員や施設の子供達には富も権力もないのです。反論する術もありません。

イメージ 3


社会問題を提起した良いドラマだとか、表現の自由を圧殺するのかという意見もあるようですが、児童養護の問題を議論したいのなら、まず、まともな取材をして、実態と現状を社会に知らせる事から始めるべきでしょう。その上で問題提起をするべきでしょう。変なドラマでは社会喚起はできません。

また、表現の自由により、人権が侵されのであれば、それは本末転倒です。人権の保護は表現の自由に優先されるはずです。

イメージ 4


二回ほど見ただけではこのドラマの良さがわからない、全編を見てこのドラマの主張したい事を判断してほしいと、ドラマの継続を希望する人もいるかも知れない。おそらく回を追うごとに育児放棄や虐待、施設のあり方、ひいては児童福祉に対する行政の不備・怠慢などにも踏み込んで、いろいろな問題点を掘り起こしていくのかも知れないが、それにしてもその前提がお粗末だ。

例えれば、
どんなに美辞麗句を並べてもそれが嘘では信用されない。
立派なお屋敷でも玄関が汚くては、誰も訪問してくれない。
どんなに運転技術が巧みでも、酒酔運転や法律を守らない運転は賞賛に値しない。

イメージ 5


もしどうしても児童福祉に対して、もしくは親子の情愛に対して世間の人に訴えたいというのなら、今すぐドラマを放送中止して、あらためて1,2回分を脚本を書き直してから後日再開すればいい。
施設の実態や現状を徹底的に取材し、考証し、真の問題点を掘り起こす。それでこそほんとうの社会派ドラマと言える。
そんな事どうでもいい、視聴率さえ取れて、話題になれば勝ち、という気持ちならば、いつか、しっぺ返しを喰らうでしょう。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/mizushimahiroaki/20140125-00031838/

イメージ 6



この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

冬の夜ほど心暖かく・・・雪中元気 2

イメージ 1


冬、雪の中で半ズボンを履く。
ある意味、先進国の贅沢かも知れない。
彼らはずっと寒いところにいるわけではない。
家に帰れば暖房を施された部屋がある。温かくて栄養のある食事が待っている。
温かいシャワーを浴びる事ができる。
暖房の効いた建物や乗り物で過ごす事ができる。

だから一日のひとときを半ズボンで過ごす事ができる。
時には裸になる事ができる。

イメージ 2



一日中、雪の中だったり、寒風吹きすさぶ戸外で過ごす事がない。
そんな事をすれば死んでしまう。

子供は風の子と言うけれど、そういった環境だからこそ、半ズボンでいられる。

いわば少年達の真冬の半ズボン姿は、恵まれた国であるという象徴かも知れない。

イメージ 3


だったら、中途半端に長いハーフパンツを履いている少年達が多いと言う事は、その国は恵まれていないのかも知れない。

イメージ 4




イメージ 5


分厚い防寒具と、暖かい山小屋が待っている。

イメージ 6

やっぱり寒い時はこの格好。


********************************
白銀はまねくよ




この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

冬の夜ほど心暖かく・・・厨房少年

よい子の皆さん、おうちのお手伝いしていますか?

いよいよ大晦日です。一年でいちばん忙しい日です。

大掃除や、餅つきはもう終わっているかも知れませんが、おせち料理を作ったり、新年の飾り付けをしたり、けっこう忙しいはずです。

よい子の皆さん、むかしは「男子、厨房に入らず」などと言って、男の子が台所に行くと、お母さんから叱られたものです。
でも今は、キッチンとダイニングの境目もはっきりしませんし、お父さんだって料理教室に通ったりしているわけです。

料理は男の身だしなみのひとつになりつつあります。

少年のエプロン姿は、少女よりもかわゆく見えるのはなぜでせう。

イメージ 1

職業体験かな。


イメージ 2

おばあさんも、お母さんも彼を便りにしているって感じです。



イメージ 3

なかなか料理がはかどらないかも。



イメージ 4

ネコ耳ウェーターの休息です。天海君。

イメージ 5




イメージ 6

彼の作る料理はきっと高蛋白だ。


イメージ 7
陽だまりの休息。


********************************

ミツカン カンタンいろいろ使えま酢



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

冬の夜ほど心暖かく・・・冬のおやつ

イメージ 1


一週間のうちで二回ほど、スーパーに買い物に行く。
主に食料品の買い出しだが。

今日も行ったが、さすがに正月前とあって、買い物客がいっぱい来ていた。
さらに冬休みという事で平日には見ない小学生たちも親に連れられ多く来ていた。
なかなかの目の保養だった。

イメージ 2



いつもの光景だが、その子供達、ずっと親にくっていて買い物をしているわけではない。
どこにいるか。

お菓子売り場だ。
一生懸命、お菓子を物色している。
その真剣そのものの目、普段活発に動き回る子もその時だけは、じっと立ち尽くし、お菓子を両手に持ってをどちらにしようか決め倦ねている。
その可愛らしい事。


イメージ 3



おそらく親から、お菓子はひとつだけと、念を押され、究極の選択を余儀なくされているのだ。
量で選ぶか、味で選ぶか、それとも珍しさで選ぶか、おまけで選ぶか・・・考えて、考えて、考え抜いた末にひとつのお菓子を選択する。
両方買えたらこんなに苦労はしないのに。おそらくそんな事は思っていないだろうな。

でも、そこにおじいさんとか、おばあさんが一緒に来ていて、「両方買ったら」なんて言われると、それこそ天にも昇った気持ち、無類の幸福感を経験する事となる。

イメージ 4



人間、飢え(かつえ)ると、なんとかしようと考える。考えてよい思案を導きだし、成長、発展していくものだ。
そして、その結果、そのかつえが解消されたとき、生きる喜びを味わう事となる。
子供の頃から、多くの菓子を与えられると、その喜びも、その甘さも感じなくなってしまう。
贅沢していませんか。

子供の頃、おやつがなかったら、はったい粉(麦焦がし)に少量の砂糖を混ぜて、それに少量の熱湯を掛け、スプーンで混ぜて、こねるとちょっとしたおやつができていたものだ。

まあ、何も古いものだけがいいとは限らないが・・・。
イメージ 5



イメージ 6


********************************
マーブルチョコ


この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

冬の夜ほど心暖かく・・・頼れる父

イメージ 1


イメージ 2


最近、親と子に関する裁判で気になるものがあった。
ひとつは「60年も前の赤ちゃん取り違え事件」に関するもの。
http://mainichi.jp/select/news/20131128k0000m040116000c.html

「違う人生があったとも思う。生まれた日に時間を戻してほしい」。東京都墨田区の病院で60年前、出生直後に別の新生児と取り違えられ、東京地裁で病院側の賠償責任を認める判決を勝ち取った都内の男性(60)が27日、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、揺れる思いを吐露した。

男性は1953年3月に出生。13分後に生まれた別の新生児と、産湯につかった後に取り違えられ、実母とは違う女性の元に渡された。育った家庭では、2歳の時に戸籍上の父親が死去。育ての母親は生活保護を受けながら、男性を含む3人の子を育てた。6畳アパートで家電製品一つない生活だったが「母親は特に(末っ子の)私をかわいがった」と振り返る。「この世に生を受けたのは実の親のおかげ。育ての親も精いっぱいかわいがってくれた」。既に他界した4人の親への感謝を口にした。

男性は、中学卒業と同時に町工場に就職。自費で定時制の工業高校に通った。今はトラック運転手として働く。

取り違えられたもう一方の新生児は、4人兄弟の「長男」として育ち、不動産会社を経営。実の弟3人は大学卒業後、上場企業に就職した。

兄弟で「長男」だけ容姿が異なることから、3人の弟が2009年、検査会社にDNA型鑑定を依頼。血縁関係がないことが確認された。その直後から実兄捜しが始まり、病院の記録を基に11年、男性を捜し当てた。


最近では映画にもなった「赤ちゃん取り違え」。
でも映画と違うところは、人生の大半を過ごした60年という長い歳月の果ての、取り違え判明である。
赤ちゃんも60歳になって、親も、おそらく取り違えをした、病院の医師や看護婦もいなくなっているであろう。
60歳になって、その一生を否定されるような事実を知らされたのだ。
貧乏だけれど、やさしかった育ての母親の元で育ち、悔いのない人生だったと思っていたが・・・。

でもやっぱり血の繋がった家族というものを知りたくなったのだろうなあー。

イメージ 3



イメージ 4



この裁判、子の立場に立っての裁判であったが、逆に親の立場に立っての裁判がもうひとつある。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1102H_R11C13A2000000/

性別変更の夫と人工授精の子は親子 最高裁

 性同一性障害で性別を女性から変更した男性が、第三者からの精子提供で妻が出産した長男との戸籍上の父子関係を認めるよう求めた家事審判を巡り、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は11日までに、請求を退けた一、二審の判断を破棄し、男性を父親と認める決定をした。

性別変更に伴う同種事案で、血縁関係のない父子に法的な親子関係を認める司法判断は初めて。性同一性障害の人が結婚して家族を持つことを後押しする内容で、家族のあり方を巡る議論が活発化しそうだ。

性別変更の手続きなどを定めた2004年施行の「性同一性障害特例法」は、性別がいったん変更された後は、変更後の性別とみなして民法などの各種法律を適用すると定めている。

最高裁は、女性から男性に性別変更した人は「民法に基づき夫として結婚できるだけでなく、婚姻中に妻が妊娠した場合は夫の子と推定すべきだ」と指摘。結婚することは認めておきながら、親子関係の形成を認めないのは許されないと結論付けた。


つまり性別変更した父親と、第三者から精子提供されて妻が出産した長男との間に父子関係が認められたのだ。
これは、ほんとうに血の繋がりがないのにである。
父親は裁判結果に満足だろうが、子供は大人になってから、自分の父親に生殖能力がないのがわかったら、ほんとうの父親探しを始めるだろうな。
罪な裁判結果だと思う。

イメージ 5



イメージ 6



この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事