社会的見地

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
冬の夜ほど心暖かく・・・頼れる父

イメージ 1


イメージ 2


最近、親と子に関する裁判で気になるものがあった。
ひとつは「60年も前の赤ちゃん取り違え事件」に関するもの。
http://mainichi.jp/select/news/20131128k0000m040116000c.html

「違う人生があったとも思う。生まれた日に時間を戻してほしい」。東京都墨田区の病院で60年前、出生直後に別の新生児と取り違えられ、東京地裁で病院側の賠償責任を認める判決を勝ち取った都内の男性(60)が27日、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、揺れる思いを吐露した。

男性は1953年3月に出生。13分後に生まれた別の新生児と、産湯につかった後に取り違えられ、実母とは違う女性の元に渡された。育った家庭では、2歳の時に戸籍上の父親が死去。育ての母親は生活保護を受けながら、男性を含む3人の子を育てた。6畳アパートで家電製品一つない生活だったが「母親は特に(末っ子の)私をかわいがった」と振り返る。「この世に生を受けたのは実の親のおかげ。育ての親も精いっぱいかわいがってくれた」。既に他界した4人の親への感謝を口にした。

男性は、中学卒業と同時に町工場に就職。自費で定時制の工業高校に通った。今はトラック運転手として働く。

取り違えられたもう一方の新生児は、4人兄弟の「長男」として育ち、不動産会社を経営。実の弟3人は大学卒業後、上場企業に就職した。

兄弟で「長男」だけ容姿が異なることから、3人の弟が2009年、検査会社にDNA型鑑定を依頼。血縁関係がないことが確認された。その直後から実兄捜しが始まり、病院の記録を基に11年、男性を捜し当てた。


最近では映画にもなった「赤ちゃん取り違え」。
でも映画と違うところは、人生の大半を過ごした60年という長い歳月の果ての、取り違え判明である。
赤ちゃんも60歳になって、親も、おそらく取り違えをした、病院の医師や看護婦もいなくなっているであろう。
60歳になって、その一生を否定されるような事実を知らされたのだ。
貧乏だけれど、やさしかった育ての母親の元で育ち、悔いのない人生だったと思っていたが・・・。

でもやっぱり血の繋がった家族というものを知りたくなったのだろうなあー。

イメージ 3



イメージ 4



この裁判、子の立場に立っての裁判であったが、逆に親の立場に立っての裁判がもうひとつある。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1102H_R11C13A2000000/

性別変更の夫と人工授精の子は親子 最高裁

 性同一性障害で性別を女性から変更した男性が、第三者からの精子提供で妻が出産した長男との戸籍上の父子関係を認めるよう求めた家事審判を巡り、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は11日までに、請求を退けた一、二審の判断を破棄し、男性を父親と認める決定をした。

性別変更に伴う同種事案で、血縁関係のない父子に法的な親子関係を認める司法判断は初めて。性同一性障害の人が結婚して家族を持つことを後押しする内容で、家族のあり方を巡る議論が活発化しそうだ。

性別変更の手続きなどを定めた2004年施行の「性同一性障害特例法」は、性別がいったん変更された後は、変更後の性別とみなして民法などの各種法律を適用すると定めている。

最高裁は、女性から男性に性別変更した人は「民法に基づき夫として結婚できるだけでなく、婚姻中に妻が妊娠した場合は夫の子と推定すべきだ」と指摘。結婚することは認めておきながら、親子関係の形成を認めないのは許されないと結論付けた。


つまり性別変更した父親と、第三者から精子提供されて妻が出産した長男との間に父子関係が認められたのだ。
これは、ほんとうに血の繋がりがないのにである。
父親は裁判結果に満足だろうが、子供は大人になってから、自分の父親に生殖能力がないのがわかったら、ほんとうの父親探しを始めるだろうな。
罪な裁判結果だと思う。

イメージ 5



イメージ 6



この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

 いつも一緒に 40 幼年二人組

ちょっと小さい少年。仲の良い二人組の画像を集めてみました。
このくらいの年頃の友達を「竹馬の友」っていうんですよね。

イメージ 1

たわいのない遊び。子供の頃は何でも遊びにしてしまう。



イメージ 2

同じだ。同じ物を持つ事によって、仲間意識が芽生える。



イメージ 3

視線の先に何がある。興味の的はいつも同じ。



イメージ 4

おしゃれして、どこへ行こうか。


イメージ 5

幼い頃のお祭りは心に残る。



イメージ 6

子供の頃の2,3歳の年の差は大きいよね。


********************************
 デューク・エイセス おさななじみ 1973



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

シルエットがたまらない こんなはずじゃあ

世の中、こんなはずじゃーなかった・・・というような事が多いよね。
大人だったら、あっさりと気分転換することも多いけれども、若い頃はなかなかむつかしい。

若い頃は柔軟性があるっていうけれど、そんな事はない。
一度、傷つけばなかなか立ち直るのに時間がかかる。

イメージ 1


望み高く、夢多ければ多いほど、傷ついたとき、立ち直るのに時間がかかる。
人間そうやって大人になっていくんだけれどもね。

イメージ 2


そんな時、夕焼けでも見て、心を慰める。
夕陽に向かって叫んだりして・・・。


イメージ 3


結局なんだろねえ。
明日を待ちこがれているのかな。
すがすがしい朝の空気を待ち望んでいるのかな。

イメージ 4


求める事が多すぎると、がっかりする事も多い。
何も求めないと、人生に張りがない。

イメージ 5


まあ、もう少し待ってみましょう。
若い人には時間はたっぷりある。

イメージ 6


朝の来ない夜はない。
夕焼けは希望の朝への入り口・・とか。

それにしても12月は陽の落ちるのが早い。

********************************
夕陽のガンマン テーマ




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

少年とウサギ 3

少年とウサギ 3

動物シリーズ続けますね。

イメージ 1

最近は家の中でウサギを飼っている人がいるらしいですね。
犬や猫と同じなんだ。


イメージ 2

気持ちよさそうだ。



イメージ 3

うさぎ・・・も可愛いでしょ。


イメージ 4
ウサギは吠えないしね。


イメージ 5

引っ越し会社のCMにもあったけれど、ぬいぐるみを抱いている男の子って何となく・・・・。
切なさが漂っている。
こんな子でも大人になったら、ヒゲを生やして、筋肉隆々になって、ドスのきいた声を出すんだろうなと思ったら、これまたせつない。


イメージ 6


そろそろ、ゆるキャラブームの終焉ではないかと思われる事件が起こった。
佐賀県鳥栖市のゆるキャラ「とっとちゃん」が猥褻な事を放送で言ったとかで話題になっている。
このゆるキャラもしゃべるんだ。ただボイス担当が別の人という事で、ゆるキャラ自体には責任はないんだろうが・・・。

http://www.narinari.com/Nd/20131123669.html

ただ、驚いたのは、このボイス担当をしていた人があの声優の浪川大輔という。浪川大輔といえば子役の頃、映画「E・T」や「ネバーエンディングストーリー」の声の吹き替えをやっていたという。
子供の頃、可愛い声をしていても、大人になったらふつうのおっさんになっちゃうんだね。

ひこにゃんやクマモンがピークの頃は、ゆるキャラは可愛いだけで愛されていたが、ふなっしーやちいさいオッサンなどしゃべるゆるキャラが出てきて、なんか俗っぽく、胡散臭くなってきた。そろそろこのブームも終わりかな。

********************************




この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

今でしょ!!」と「倍返し」

今年の流行語大賞の候補となりそうなこのふたつの言葉。
一応よく流行っているらしい。

でも若い人たちの中には、知らない人もいいるだろうから一応、言っておきますが、このふたつの言葉、新語でもなければ造語でもありません。昔から使われてきた言葉です。


イメージ 1


「今でしょ!」のほうは、使い方は昔と一緒です。
学校や塾の先生や、両親や先輩からよく言われてきた言葉でした。
「若いうちに勉強でも遊びでも何でも経験しておきなさい。若いうちだと吸収が早いし、一度覚えた事は一生忘れない。大人になってからでは仕事に追われて忙しいし、記憶力も吸収力も劣るから、若い今のうちに何でもやっておきなさい」と人生全般に対する教訓として・・・。

学校の勉強だけでなく、芸術やスポーツ、恋愛など、何でも情熱を持って一生懸命やりなさいという事でしょう。


イメージ 2




イメージ 3



若い頃って、ついつい自分の気にいった事には何度も繰り返し没頭するが、気に入らない事にはいっさい関心を持たない。また没頭する事があるうちはいいが、無気力、無関心、無感動といった、覇気のない若者になってしまっては人生、半分を捨ててしまったようなものだ。

そうそう、今の私がそうだ。大人になってからいろいろ勉強したいと思ってはいる。
いろいろ学びたいし、いろいろ体験したい。でも、予算とやる気はあるのですが、体力と時間と記憶力と集中力と協調性がない。困ったものです。



イメージ 4




イメージ 5



もうひとつ、「倍返し」
これは、私が子供の頃の聞いた事と使い方が変わっている。

男女が婚約した際、男性から女性の家へ結納金が渡される。(今頃こういう風習がまだ、あるのかどうかは知らない。)
まあ、婚約成立のしるしに、両当事者か、その親が金銭を取り交わすこと、と考えてくれればいいです。
多くは男性から女性に渡される事が多い。つまりそれで、新居で使う家具や着物など花嫁道具を購入する際の費用の足しにして下さいという事でしょうか。

さてその結納金ですが、もし婚約が破棄になった場合どうするか。
男性から破棄を申し入れれば、渡した結納金は慰謝料として、そのまま女性のものとなりますが、もし女性から破棄を申し入れれば、結納金及びそれと同じ額の金銭を男性に返さなければなりません。つまり結納金の額の2倍の金銭を返さなければならないのです。
この場合の「倍返し」の意味は「謝意」ですね。

でもドラマの「倍返し」は復讐または恨みの倍返しでしょう。
意味がだいぶ違ってきています。


イメージ 6


********************************
ウィリアム・テル序曲




私はこの曲を聴いたら、やる気が出るなあー。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事