ここから本文です
枢軸主義連盟広報
この画面に表示されている記事は一部ですので全ての記事を見たい場合は「すべて表示」をクリックしてください。
  • 枢軸主義概要

     枢軸主義とは、天皇と国民の両者による政治を目指す思想です。具体的には天皇の属する枢密院(仮称)と国民の属する国民会(仮称)、民行裁判所(仮称)による国政を目指します。  枢密院は立法及び行政を行います。枢密院は天皇と、民行裁判所の選定する各分野の専門家で構成されます。  国民会は枢密院の立法・行政に対して提案をし、必要とあらば拒否権を行使します。拒否された行政内容や法律は無効或いは廃止となります。国民会は選挙で選ばれた代表者で構成されます。  民行裁判所は上記の二つの機関を監視し必要とあらば解散させます。要するに、国政を正常なものにするための機関です。そのためこの機関は国民から厳しく審査され、国民は必要とあらば裁判官を総解職(リコール)することが出来ます。民行裁判所は国家資格を持ち、尚且つ厳重な審査に合格した者で構成されます。 ...すべて表示すべて表示

  • 書庫その他の最新記事

    すべて表示

    • 国防と憲法

      2018/6/9(土) 午後 8:32

      我々は、日本の自立を願っています。その為には、まずアメリカ依存から脱却しなければなりません。しかしながら、それは現状不可能です。 何故なら、アメリカの傘下から去って ...すべて表示すべて表示

    • ナショナリズムの再起

      2018/5/26(土) 午後 5:27

       「ナショナリズム」という言葉に皆さんはどんな印象を受けるでしょうか?やはり、戦中の全体主義(ファシズム)や帝国主義でしょうか?  ナショナリズムとは簡単に言えば「 ...すべて表示すべて表示

    •  今の国会の様子を見ていると、もはや滑稽で笑えてくるほどです。野党の露骨な「パフォーマンス」は、とても政治の場の光景とは思えません。政府が何を言っても批判、批判。「アベヤ ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事