公益社団法人 須賀川青年会議所ブログ

福島県須賀川市の(公社)須賀川青年会議所 公式ブログです。

全体表示

[ リスト ]

続いて、牡丹園編!!!
 
須賀川牡丹園は、10ヘクタール(東京ドーム3個分)の園内に、
銘柄種や中国牡丹など、290種7000株 の牡丹が植えられています。

7000株の中には、なんと200年を超える古株も!!
さらに須賀川牡丹園で生まれた新品種も見ることができます。

これら7000株の牡丹が
4月下旬〜5月中旬にかけて見頃を迎えます。

牡丹園に、お邪魔した日にはまだ花は咲いておりませんでした(-_-;)

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


下記写真は牡丹園のホームページから抜粋
須賀川牡丹園で生まれた新品種

「希望の光」
イメージ 2

うすいピンク色の八重咲の花で、底の色に紅色が入っているのが特徴です。平成24年7月に名称が決定したそうです

「須賀川の微笑」
イメージ 3

薄紫色の中輪の品種
内側の花びらの色が淡く、紫の斑紋が入るのが特徴です。

「昭和の夢」
イメージ 1

淡い色のぼかしが特徴の、
昭和初期に須賀川牡丹園で生まれた品種だそうです。

須賀川牡丹園の歴史は古く、明和3年(1766年)、須賀川の薬種商「和泉屋」(伊藤忠兵衛祐倫)が、牡丹の根皮を薬用とするため
摂津国山本村(現在の兵庫県宝塚市)から牡丹の苗木を譲り受け、栽培したのが始まりです。

明治初期になり、須賀川市中町で錦糸商を営んでいた望族箸望渡され、観賞用の牡丹の場となり、その後「牡丹園」と改名されました。

大正期になると2代目望多景識劼猟甲法Ω斬析困牡丹園を継承。
源太郎は「牡丹と共に起き、牡丹と共に寝た」とさえ言われたほど
寝食を忘れて 牡丹の栽培に取り組んだそうです。

そして昭和7年(1932年)、文部省より国の名勝として指定を受けるまでになりました。江戸時代の牡丹畑としての地割の跡が残っていること・・・
そこに植えてある数百株の牡丹が江戸時代の古い品種であること・・
これらが認められ、牡丹園として全国で初めて、国の名称としての指定を受けました。

イメージ 6

ご来園の際には
樹齢200年といわれる古樹牡丹が咲き誇る姿をお楽しみください。
4月下旬からは、牡丹の他にもチューリップや芝桜も見頃を迎えています

イメージ 5


イメージ 4


5月頃には牡丹が見頃を迎えておりますので是非ご家族で足をお運びくださいm(__)m


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事