テンコのダイエット情報ブログ

ブログ始めました!ダイエット情報紹介していきます!
◇闘病家族に笑顔を 滞在施設、奇跡の実現
 医療水準の高さで全国的に知られる県立こども医療センター(横浜市南区)から、急な坂を下って西に5分も歩くと、たくさんの花と樹木に囲まれた建物が見えてくる。小児患者とその家族が滞在する「リラのいえ」だ。
 5年前、多くの人の寄付により建設されたこの施設は、NPO法人「スマイルオブキッズ」理事長の田川尚登(ひさと)さん(55)=川崎市幸区=が娘の“宿題”に出した答えでもある。
    □
 酸素マスクが外されると、心電図のモニターの波は徐々に小さくなっていった。1998年2月15日午前10時、田川さんの次女はるかちゃんは家族に見守られ、医療センターの病棟で、わずか6年の生涯を終えた。
 「余命は半年」。97年9月、川崎市の病院で、医師から思いもよらない宣告を受け、頭が真っ白になった。脳幹に見つかった腫瘍は、放射線で一時的に取り除いても再び大きくなり、回復の見込みはないというのだ。
 医療センターを紹介され、はるかちゃんは入院した。面会時間が終わりそうになると、「帰らないで」と必死に引き留めた。さみしがって泣く娘を残して去るのはつらかった。
 「パパ、お泊まりしたい」。はるかちゃんの提案で98年1月、妻、長女と4人で千葉県に1泊2日の旅行に出かけた。はるかちゃんは宿をはしゃいで歩き回り、花畑で花を摘み、ずっとニコニコしていた。容体が急変したのは、楽しい旅から帰った翌日だった。
 息を引き取る1週間ほど前、田川さんは人工呼吸器を外す決心をした。はるかちゃんは呼吸が一時止まり、脳死状態となっていた。「親のエゴでは一日でも長く生きていてほしい。でも体につながれたチューブに血が混じっているのを見て、つらいんだなと思った」
 医師は丁寧に説明してくれ、自分を納得させる用意はできていたはずだった。でも、涙は止まらなかった。
    □
 はるかちゃんを失ってしばらくの間、田川さんは喪失感にさいなまれた。その中で次第に、最後まで娘と真剣に向き合ってくれた小児科医たちのひたむきさに感謝の思いが強まった。娘と同じ境遇にある子どものため何かできないだろうか。2003年、スマイルオブキッズを設立した。
 県立こども医療センターは、治療の難しい病気を持つ子が全国から集まる。はるかちゃんの付き添いに通っていた際、親たちが窮屈な車の中で寝泊まりする姿を目にしていた。周囲に宿泊施設はなく、若い親たちに経済的な余裕はない。

この記事に

開く コメント(0)

 直径2.7キロの巨大な小惑星「1998QE2」が31日、衛星を伴って地球の近くを無事に通過した。

米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所(JPL)は米東部標準時間午後5時、短文投稿サイトの「ツイッター」上で小惑星が無事に地球付近を通過したと発表した。

1998QE2は、地球から約580万キロの距離まで接近したが、それでも地球から月までの距離の15倍以上も離れていたため、衝突の危険はなかった。

この小惑星は、1998年8月19日に発見されたことから、1998QE2と名付けられた。「Q」は8月を意味する。直径約2.7キロと巨大で、さらに直径約610メートルの衛星を伴っており、地球に衝突すれば世界規模の大惨事となる恐れもあったため、NASAは監視を続けていた。

1998QE2は最終的に、木星軌道と火星軌道の間に存在する外部小惑星帯に向かう。

ジェット推進研究所によると、この小惑星は2028年7月12日に再び地球に接近するが、その時は今回よりもさらに遠い、地球から約724万キロ離れた空間を通過すると予想されている。

また200年以内に今回よりもさらに近い距離まで接近するが、科学者らは衝突の心配はないと見ている。

この記事に

開く コメント(0)

夏の節電対策の一環として、「クールビズ」よりも、いっそうの軽装を促す「スーパークールビズ」が、3日から本格的に始まった。
3日からスーパークールビズが始まったが、半袖では少し肌寒い気温のため、ジャケット姿の人も見受けられた。
スーパークールビズは、クールビズで認められているノーネクタイ、ノージャケットなどのほか、ポロシャツやアロハシャツなども認めることで、冷房の稼働を抑え、いっそうの節電効果を期待するもの。
環境省は、2013年から初めて、女性向けのクールビズを提案する。
環境省にアドバイスを行うスタイリスト・樋田直子さんは「(ことしのポイントは)きちんと見えて、でも出すところを、首を出していれば、実際は涼しい。まあ、知っている人は知っていると思うんですけれども...」と話した。
環境省国民生活対策室の佐藤匡廣室長補佐は「(女性向けクールビズについて)確かに、余計なお世話と思われる方も、結構いらっしゃるかもしれません。そういった意見も含めて、皆さんが、こうだよね、ああだよねといった議論が喚起されれば」と話した。
スーパークールビズは9月末まで、クールビズは10月末まで行われる予定。

この記事に

開く コメント(0)

ビビッドな色使いとバラエティに富んだフレーバー、そして甘さ控えめのすっきりした飲みやすさが好評を博し、世界中で爆発的な売り上げを記録している清涼飲料水「グラソー ビタミンウォーター」。そんなグラソーシリーズに、新商品「b-フリー ラズベリー&バニラ」(6月より全国順次発売)が登場!他のシリーズ商品との味の違いを確かめるべく、早速編集部では全商品の飲み比べを行った。

新登場のb-フリー ラズベリー&バニラは、その名のとおり、酸味が爽やかなラズベリーの香りと、口の中に残るバニラのフレーバーが特徴的な商品。バニラと言っても、決してバニラアイスのような甘さはなく、ほんのり後味が楽しめる程度の飲みやすい味付けだ。喉が渇いている時や、スポーツの合間にもごくごく飲むことできそうな飲料になっている。また、ストレス解消に効果的なビタミンB6とマグネシウムが配合されているので、イライラしている時に飲めばリラックス効果も期待できそう。

続いて、既存のグラソーシリーズ「パワーc ドラゴンフルーツ」も試してみることに。こちらは、美容に良いことで知られるドラゴンフルーツの成分に加え、栄養補給に最適なビタミンCと果糖が配合された、フルパワーで勝負したい時にお勧めの商品。b-フリーよりも香りはやや強めだが、味自体はすっきりしていて、非常に飲みやすかった。しかし、女性スタッフからは「『ビタミンC配合』とあったので、もう少し酸味が強くても良かった」「スポーツドリンク感覚で飲む人が多いと思うので、香りはここまで強くなくても良かったのでは」といった、味の改良を望む意見も寄せられた。

同じく、既存のグラソーシリーズ「t-ボディー ミックスベリー&紅茶」は、脂肪燃焼の効果があるカルニチンとビタミンB6が配合された、ダイエットにぴったりの商品。商品名どおり、紅茶に近い味付けなので、食事の合間に飲んでも気にならず、「紅茶にちょうど良い具合にベリーの風味があり、すっと飲めた」「ヘルシーなうえにビタミンも摂れるので、ダイエット中は常に手元に置いておきたい」といった意見が出た。また、「トリプルエックス アサイー&ブルーベリー&ざくろ」は、美容効果の高い3種の果実の成分に、血液の流れを良くするナイアシンやビタミンCなどが配合されている。アサイー特有の甘酸っぱい香りが特徴的で、味も他のシリーズに比べて、やや酸味が強く感じられた。

そして、最後に試した「サニーサイド グレープフルーツ&グァバ」は、ダイエットに効果的なグァバの成分に、生活習慣病の予防効果もあるβカロチンやビタミンDを配合。それらをグレープフルーツのフレーバーで飲みやすく味付けしている。今回、飲み比べた商品の中では、見た目も香りも、最もフルーツジュースに近かったが、味自体は他のシリーズ同様、さっぱりとしており、飲みやすい仕上がりに。「後味がさっぱりしていて、口に甘味が残らないところが良い」「グァバ独特の甘い香りと、グレープフルーツのすっきりした風味が相性抜群。これからの暑い時期にぴったりかも」といった意見が聞かれた。

今回、各商品を飲み比べたことで、グラソーシリーズはいずれも香り豊かで口当たりが良く、水感覚の飲みやすい風味であることが分かった。お気に入りのフレーバーを見つけて、買い揃えるのも悪くはないが、せっかくなら「ストレスが溜まっている時」や「疲れているけど、もうひと踏ん張りしたい時」など、ライフスタイルに合わせて、最適な商品を飲むようにしてみてはいかがだろうか。【

この記事に

開く コメント(0)

英国放送協会(BBC)は、2005年から各国が世界に与える影響について毎年世論調査を行っている。同調査において昨年(2012年)世界にもっともよい影響を与えている国として評価された日本は今年4位に急落、ドイツが1位になった。

 同調査は、BBCの海外向け放送局「BBC World Service」が民間調査会社「GlobeScan」と国際政策観プログラム(PIPA)に依頼して2012年12月10日から2013年4月9日まで行われた大規模な国際世論調査。日本を含めた25か国の26,299名に「世界に対してよい影響を与えている国」と「悪い影響を与えている国」をリストアップし、集計した。日本国内では、読売新聞が調査に協力し、1,560名が回答した。

 評価の対象となったのは22か国。昨年「世界に対してもっともよい影響を与えている国」として評価された日本は、4位にランクイン。回答者の51%がよい影響を与えていると答え、昨年に比べ7ポイント減少した。今回の調査でもっとも評価が高かったのがドイツで59%がよい影響を与えていると回答、その後カナダとイギリスが55%で2位となった。下位はイランとパキスタンの15%、北朝鮮の19%、イスラエルの21%となった。

 昨年に比べランクダウンしたとはいえ、「よい影響を与えている国」として4位に入ったのは評価されるべきであろう。その一方で、「悪い影響を与えている国」としても日本は11位にランクイン、27%の回答者が日本は世界に悪い影響を与えていると評価したことが明らかになった。

 評価理由は明らかにされていないが、アジアでの評価が低いのが際立った。中国の回答者の僅か17%が日本はよい影響を与えていると評価し、74%は悪い影響を与えていると回答。韓国でも「よい影響」が21%、「悪い影響」が67%となった。その一方で、日本を好評価したのは、インドネシア、ナイジェリア、ブラジル、チリなどだった。

 各国の人々が日本をどのように見ているかを認識する上で興味深い同調査。今後多くの日本の子どもたちや若者が海外に活躍の場を広げる上で、海外での日本の評価は現地での生活に大きく影響する。来年の調査では、日本が世界に対して悪い影響を与えていると考える回答者の減少を期待したい。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事