タイ・イサーンのくらし

毎日のくらしの出来事。その中で感じたことを書く。

全体表示

[ リスト ]

       ムアングタム遺跡の発掘と
    ムアングタム遺跡周辺の集落の発掘調査報告書

  第一部
    ムアングタム遺跡の発掘
       仏暦2531年−2532年
       西暦1988年−1989年

イメージ 1
  
  はしがき
 ムアングタム遺跡は先祖が建設した文化遺産として、仏暦2474年・西暦1935年3月7日、古代遺跡目録 「ラーチャギット・ジャーヌベクサー」 【ราชกิจจานุเบกษา  raachakitcaa-nubeeksaa】 第52巻75章に登録された。
 社会の現状と必要に応えるためにこれらの歴史上非常に価値のある財産・遺産を維持することが大切です。それはまた、現在の社会、文化、自然その他さまざまな学問の専門分野、古代史や人類史、建築学、工学などを研究する手助けになります。そのほかにも過去の文化やわれわれの祖先が何をしてきたかをしてきたかを知る上にも不可欠です。

 この古代遺跡のある場所は、ブリラム県プラコンチャイ市チョラケーマーク地区バーンコークムーアング部落です。
 農家の多い中規模の部落で、パノムルング遺跡の南東の方角8㎞の所にあり、お寺と学校があります。
 ムアングタム遺跡の北側に幅約500m、長さ約1000mのため池(バーライ)があります。子のため池の北西方にクティールッシーと呼ばれる小さなラテライトの遺跡があります。建築学上仏暦17世紀の建物です。ここから南西方向にカオクライバット山と呼ばれる低い山があり、小さな宗教施設が2か所あります。そこは仏暦16世紀の建物です。
 ムアングタム遺跡は仏暦15−18世紀に広がったカムボジア(クメール)文化の勢力下にあったものです。
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事