タイ・イサーンのくらし

毎日のくらしの出来事。その中で感じたことを書く。

全体表示

[ リスト ]

老い


いつまでも若いつもりでいます。あまり鏡を見ませんが、たまたま鏡を見たら友達と同年配になっています。床屋に行くと頭のてっぺんが写ります。禿げ上がっています。ちゃんと年を自覚しないといけません。
夜、暑いので扇風機をかけて寝ると、足が冷えてつるので長ズボンをはいて寝ます。扇風機はかけません。汗をかき、汗が冷えて寒くて夜中に何回も水浴びをし、乾いたパジャマに着替えます。気温が35℃を超えていると何とか持ちこたえますが、30度近くまで下がると寒くて鼻水も出てきます。
ららさんがブログに健康問題を載せてくれます。それによると年を取ると体温が下がるから、体温を上げるように努力する必要がかかれています。多分体温がさがって寒いのだろうと思い、体温を測ったことがあります。35℃くらいでした。だから気温の35℃がちょうどいいのかもしれません。
足が弱って歩けなくなるといけないので、出来るだけ歩くように努めています。膝や足首が曲がりにくくなり、よちよち歩きになってきました。できるだけシャンと歩いているように見せているつもりですが、外から見るとどのように見えるのでしょうか。いつもは杖を持って歩いていますが、ふと杖をついていることに気づくことがあります。
前立腺肥大症は年寄り特有の病気だそうです。排尿時に激痛がして医者にかかりました。2年前に小便が出にくくなり、薬をもらった覚えがあります。家内が覚えていて、薬はもらわずに、以前もらった薬を飲み続けました。小便が近くなり、出がけに小便をして出かけても1時間の散歩に間に合わず、途中で立小便をしたり、家の近くに来ると立小便ができないので門前で漏らしたことを思いだしました。今回も同じで、トイレのすぐ前に寝床を移したのに、夜布団から立ち上がるのに間に合わず、トイレの前で漏らしていました。
左の足首が弱いので、立ち上がるときに体が左に傾きます。スリッパを立ったまま片足ずつはくことは極めて困難です。腰を掛けて履くか、どこかにつかまらないと履けません。
手の指先が不器用になり、細かい仕事がやりにくくなりました。字引を引くのにページがめくれなくなりました。腕の力も抜けて、パソコンのキーを打つのもつらいです。
近眼、老眼が進んで、周りの景色がかすんできました。まだ、大きなものの識別はできますが、道路の横断には神経を使っています。車のいないことを確認してから横断しています。タイは車が少ないので車の切れ目があるので幸いです。
自分の年を振り返って「老い」を自覚しなければいけません。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事