タイ・イサーンのくらし

毎日のくらしの出来事。その中で感じたことを書く。

全体表示

[ リスト ]

安保法案の国会審議

安保法案が衆議院で強行採決されて、参議院の審議に移りました。
もともと、こんな憲法違反の法案を国会に掛けるなんて間違っています。
憲法には、政府が憲法を当然遵守すべきものとして罰則規定は設けられていません。
だからと言って憲法違反をしてもかまわないという政府の態度を見ると、なんと堕落した国なのだろうと情けなくなります。
もともと、日本国憲法には、「戦争をしない」という規定があります。安保法案を論議するなら、平和に足場を置いて論ずるべきです。戦争準備に終始するなど論外です。
毎日、論議の推移を見守っています。
まるで、戦争準備が大事な事のように論議されています。時間がたっても国民の理解が深まらないとアベ首相は嘆きます。そのはずです。国民はこんな法案を望んでいないからです。
自民党の議員は言いました。
「国民の理解が深まらないのは、国民の危機意識が低いからだ。もっと中国や朝鮮の危機をあおるべきだ」と。
国民は、この憲法違反に不安を感じ、反対の声は日増しに強くなってきています。
共産党や一部野党の議員は先を読んで、戦争の危険を国民に警告しています。
今回の問題は、単に平和か戦争か、という問題ではありません。
たまたま衆議院の審査の中で、自民党推薦の参考人を含む全員が憲法違反との意見を出したことで、憲法違反であるとみなされています。しかし、違います。憲法破壊が憲法違反なのです。
「憲法を変えて、自衛隊は憲法違反ではないとすべし」との強い主張を持っていた憲法学者・小林節教授が率先して違憲法案は取り下げるべし、廃案にすべきものと主張しています。独裁者アベの「俺の言う事を聞け」に国民の反発があるのです。
国会審議で、元防衛大臣は「日本を取り巻く安保環境が悪化してきています。」と繰り返すだけです。ホルムズ海峡とか、サイバー攻撃とか、テロの危険とか日本にはおよそ縁のない例を挙げるだけで、時間を潰して歳費を稼ごうとしています。安倍首相に「アメリカのする戦争に巻き込まれる危険があるのではないか。」という具体的な質問をすると「そんなことは絶対にありません」という否定を繰り返すだけです。
中国がミサイルを日本に向けて並べて、いつでも発射できるようにしていると元防衛大臣が言うので、その真意を訪ねたら、外務大臣は、「中国とは互恵関係があり、話し合いが進んでいるので脅威はありません」とはっきりと脅威を否定しました。
国際条件が悪化しているならそれに対応する国会討議も必要ですが、それをやるなら「戦争準備に足場を置くのではなく」「平和構築に足場を置く」国会運営をしてほしいものです。安倍政権では無理なことは分かっています。あと、2, 3回の選挙で民主的な政権に変え、日本国憲法を守る政治に発展してほしいものです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事