タイ・イサーンのくらし

毎日のくらしの出来事。その中で感じたことを書く。

全体表示

[ リスト ]

テロ 1

テロ  2015-08-10
 テロという言葉を聞き、文字を見てまず思い浮かぶのは「アメリカ」という文字です。世界最大のテロ国「アメリカ」が私の印象です。
 二番目は「爆弾三勇士」です。これは絵も見えます。カーキ色の軍服を着て、爆弾を抱えた三人の兵隊が走っています。元祖自爆テロです。
 三番目は安倍首相の演説している姿です。場所はイスラエルです。後藤さんを見殺しにしておいて一言の謝罪もありません。
 しいて四番目はと言われてようやく出てくるのが、黒覆面のアラブ人です。アルカイダとかアフガニスタンなどは、はるかに記憶の外です。
 
 テロとの戦い、凶悪なアイシスを非難しないで、まあまあという態度を取ると避難ごうごう、半殺しに遭うような世の中です。「アイシスにはアイシスの事情があるさ」、などと人に聞こえる声で言うと、「テロを容認しているのか」、と非難されます。もちろんテロは悪い、テロには反対ですが、「テロとは徹底的に戦う。武器を持って戦う」、と言わなければ世間は納得しません。「あんな悪い奴らは皆殺しにしてしまえ」という雰囲気があります。
 憲法9条は「平和のパスポート」です。武器を携えずに、平和でいれば誰も危害を加えないというのが本来の社会です。
 日本国内のテロの危険はアメリカによってもたらされます。アメリカが近寄らなければ絶対に安全です。アメリカが助けてあげようと言って近寄って来るからテロに狙われる危険が出るのです。
 日常的に日本の中にも思わぬ犯罪が多いです。「通り魔」がいます。けれども、誰もすれ違う人が通り魔だとは思っていません。それが当たり前の世の中です。けれども暴力が平気でまかり通る世の中を作ってしまいました。だからと言って見ず知らずの他人を警戒しない人が悪いとは言えません。
 自分に被害を与えるものを排除しようとするのは当たり前のことです。しかし、その排除の仕方にはいろいろあります。暴力的に殺せばいいというものではありません。
 
 7月31日はワン・カオ・パンサーでした。お寺の坊さんが寺籠りに入る日です。一説によると、雨期に入り、田んぼの虫たちの活動が活発になります。大勢の坊さんが托鉢に歩いて虫たちを踏み潰してはかわいそうなので、出歩くことを差し控えるのだと言われます。小さな虫たちにも命があり、その命を無理に奪わないという思想です。
 私が畑で草抜きをしていると、アリが食いつきに来ます。自分たちの棲みかが壊されるからです。私はすぐに退散します。
 アリでも何でもいやだなあと思うと、ワンはすぐ殺虫剤を持ってきて噴霧します。日によって机の上をアリが這いまわります。私は原因になるものを探して取り除き、アリと共存します。
 半年ほど前に、お勝手の石膏ボードの天井の継ぎ目にシロアリが入り込み天井が崩落しました。最近やっと修理しましたが、5万円ほどかかりました。ブロック建築の家は倒れませんが、内部の木を使った部分はみんなボロボロです。シロアリの被害は大きいので、シロアリについては殺虫剤を使うことを黙認しています。
 虫の命にも気遣うというのは仏教徒でなくても大切なことだと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事