タイ・イサーンのくらし

毎日のくらしの出来事。その中で感じたことを書く。

ムアングタム遺跡

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

第1章 
ムアングタム遺跡の発掘
 ムーアングタム遺跡の発掘(仏暦2531-2532)(西暦1988-1989)
 ムアングタム遺跡の修理に先立って、2回の試掘が行われました。仏暦2531(西暦1988)と仏暦2532(西暦1989)です。
 
 仏暦2531(西暦1988)の発掘
 この年のムーアングタム遺跡の発掘の目的は2か所の発掘でし
た。
① 中央祠堂の盛り土。


イメージ 1イメージ 2
 ② 池 (4隅にある池)
 
1 中央祇祠堂の土盛りの発掘
 中央祠堂の裏側は周りの土地にくらべて盛り土で高くなっています。例えば、西側の回廊には出入り口がなかったのではないかと考えられています。ある研究者はアーチ型の出入り口は北側と東側と南側だけにあったと考えています。            ヒンズー教の信仰が強まって西方に広がったので、西側に扉をつけなくてもいいと考えたのではないかと考えています。 このような疑問を晴らすために前に述べたようにこの周辺を発掘するという結論になったのです。
 
 発掘の結果、中央祠堂の裏側の高みからは、次のような重要な品々が見つかりました。
 
 1. 窓の格子のソロバン珠状連子の柱(ムクロジの柱)
 2. 砂岩の屋根飾りの柱。
 3. 鴨居と中央祠堂の妻壁
 4. 中央祠堂の回廊の壁の飾り柱。
 
 発掘の結果、ムアングタムの回廊には西側に出入り口があり、真ん中の大広間を挟んで両側に小さい部屋のあったことが分かりました。こちら側の大部分の出入り口は煉瓦で出来ており、窓枠、扉の周縁、飾り柱、鴨居の基盤、屋根飾りの柱などは砂岩でできていました。
 
 
Ⅱ 池の発掘
 イメージ 3イメージ 4ムアングタム遺跡の東南隅の池を他の3つの池と比べるために
池の隅から水を吸い出すと、他の4つの池と同じ水位であったことが分かった。池の縁は壊れて傾いたが、水を吸い出しとてみると縁の方の干上がった部分にはラテライトが並べられており、土台がしっかりしていたので、傾いてはいたがまだ壊れてはいなかった。池の底は泥が一杯で、池の底にラテライトが敷いてあるかどうかは分からなかった。池の真ん中へんの干上がった部分に赤土に覆われた部分があり、20㎝ほど掘ってみると水が湧きだしてきたので、掘るのをやめて2日ほど待つと水は元の水位まであふれてきた。
 

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

 ムアングタム遺跡は4つの建物が残っています。北東の隅の方形仏塔は砂岩でできており、シバ神と妃ウマ―が聖牛ノンティに乗って、シバ神が妃ウマ―を抱きかかえている姿が彫られています。 南西のレンガ造りの方形仏塔には雨の神(梵天)とその乗り物である白鳥が彫られています。残る2つの方形仏塔の扉の鴨居ทับหลังは崩れ落ちて散乱しています。4つの方形仏塔は砂岩の回廊で囲まれています。内外に窓があり、殊に外側の窓はソロバン珠状連子の柱あるいはムクロジの柱が7本ずつついています。この回廊の周りには西以外の北、東、南の3方にアーチ形の入り口があります。回廊の外側には池が掘られていますが隅は欠けており、まともな池は4つです。
 乾期には水が減って水面が下がります。池の一番外側にはラテライトの外壁があり、東西南北の4方向にアーチ型の出入り口があいています。
 イメージ 1イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

       ムアングタム遺跡の発掘と
    ムアングタム遺跡周辺の集落の発掘調査報告書

  第一部
    ムアングタム遺跡の発掘
       仏暦2531年−2532年
       西暦1988年−1989年

イメージ 1
  
  はしがき
 ムアングタム遺跡は先祖が建設した文化遺産として、仏暦2474年・西暦1935年3月7日、古代遺跡目録 「ラーチャギット・ジャーヌベクサー」 【ราชกิจจานุเบกษา  raachakitcaa-nubeeksaa】 第52巻75章に登録された。
 社会の現状と必要に応えるためにこれらの歴史上非常に価値のある財産・遺産を維持することが大切です。それはまた、現在の社会、文化、自然その他さまざまな学問の専門分野、古代史や人類史、建築学、工学などを研究する手助けになります。そのほかにも過去の文化やわれわれの祖先が何をしてきたかをしてきたかを知る上にも不可欠です。

 この古代遺跡のある場所は、ブリラム県プラコンチャイ市チョラケーマーク地区バーンコークムーアング部落です。
 農家の多い中規模の部落で、パノムルング遺跡の南東の方角8㎞の所にあり、お寺と学校があります。
 ムアングタム遺跡の北側に幅約500m、長さ約1000mのため池(バーライ)があります。子のため池の北西方にクティールッシーと呼ばれる小さなラテライトの遺跡があります。建築学上仏暦17世紀の建物です。ここから南西方向にカオクライバット山と呼ばれる低い山があり、小さな宗教施設が2か所あります。そこは仏暦16世紀の建物です。
 ムアングタム遺跡は仏暦15−18世紀に広がったカムボジア(クメール)文化の勢力下にあったものです。
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事