Shizuoka University Motors 部ログ

静岡大学公認サークルSUM(Shizuoka University Motors)の活動日記です

2年サスペンション班の川端です.
2月は順調に進んでいた製作が,3月に入って遅れて激萎えしています.
今は冶具製作の毎日です. 
春休みがもう終わろうとしていることに驚きが隠せません.

気晴らしに22日に幕張でmarshmelloのライブに行くことが心の支えです.
お金が吹っ飛びますがしょうがないです.
もしこのブログ見ていく人いたら,コメントしてね( ◠‿  ) 
ライブは人生で一番ストレス発散できると思います.
一度も行ったことない人いたら,是非行ってほしいです.

あと今ハマってることと言えば,やっぱり五等分の花嫁ですよね.
とにかくみんなが可愛い!推しが決まらないですね.
最近はニ乃の株が急上昇中ですが.
これからの展開が楽しみです.
書くのも疲れたのでここら辺で

この記事に

開く コメント(0)

はじめまして

初めまして.
ボディ班の横井です.
今年度,私はフレーム担当になったため,現在,冶具との製作とパイプのすり合わせを行っています.どちらも工程自体は簡単なのですが,いかんせん数が多いため,ものすごく大変に思えます.音楽を聴きながらだとか,本読みながら作業できればいいなぁとしみじみと感じます.工作機械を使うときは材料を注意深く観察しながら音にも気を配らなければならないのでかなり集中力がいります.気を抜けばドリルの刃が折れたり,削るべき量や削った量を忘れたりして,危なかったり面倒なことになったりします.更に普段使わない筋肉を使っているのか,変なとこが筋肉痛になります.舌ベロが筋肉痛になって以来,舌ベロから力を抜くようにしていますが,気が付けば舌ベロを上あごに押し付けています.癖でしょうか.
 とにかく,大変な冶具製作やパイプのすり合わせですが,それももうすぐ終わります.早くフレームが完成してほしいものです.

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ガチャは悪い文明

初めまして
今年,静岡大学sumのボディー班の班長を務めさせていただく
電気電子工学科2年 野田 岳靖
と申します.

今,私はfate grand oderというゲームをやっています.1年半前にもやっていたのですが1度やめてしまい
そのまま引き継ぎ設定を行わなかったことで1からストーリーを進めています.
なぜか,最近自分の財布からお金が減って,カードになっていることが多いんですよね.どうしても欲しいキャラがあると何円もかかっていても手に入れたくなってしまいます.とくにFGOは魅力的なキャラが多いううえに声優も豪華なので,つい欲しくなってしまいます.やはりガチャは悪い文明.
 しかし今後,部活でもお金を多く使うので課金は控えようと決意しました.(どうせ,次のイベントで課金してしまうけど)

この記事に

開く コメント(0)

こんにちは
プレゼンテーション班長の若月です。

学生フォーミュラのプレゼンテーションはビジネスの基礎知識が必要だったりするので、去年から学生フォーミュラ以外のビジネス系イベントによく参加して勉強しているのですが、何度も参加していたら数ヶ月前からStartup Weekend 浜松という起業体験イベントの運営をお手伝いすることになりました。
そういうイベントの運営する側に回って考えるようになったことで、学生フォーミュライベントが何を狙っているのか、特にプレゼンテーション審査なんてものがなぜ存在するのかを考えるようになりました。
なぜ、次世代の自動車業界を担う技術者を育成するための大会に、ビジネス的要素を求めるのか。
それは、車はただ技術的に優れたものを作ればいい訳ではなく、車はお客さんに売ることが目的で、お客さんの存在を忘れて作られた売れない車はどれだけ性能が優れていても社会的に価値がない、ということを技術者たちに分かっておいてほしいということもあるのだと思います。決して技術者にビジネスの知識をつけて欲しいのではなく、そこを分かった上で車作りをして欲しいのだと。
なので、プレゼン審査には、示す調査データが現実のものでなければならないというレギュレーションがありません。この大会ではプレゼンで使うデータは多少なら、実際にはそうでなくても、自分達に都合のいいようにいじってもいいというのが暗黙のルール(?)のようになっています。お客さんが何を求めていて、自分達の提供する車およびその車を使ったビジネスはいかにお客さんのそのニーズを満たしているかを、根拠を元に論理的に考えられるようになれば点数は高くつくのです。
これからの時代、自動車業界はMaaSという考え方をできなければすぐに海外のベンチャーに負けて家電業界の二の舞になるなんて言われています。そうならないように、プレゼン審査はとても重要な審査項目なんだろうな、なんてことを考えながら今年も頑張っていきたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

アップライト製作中

こんにちは。
サスペンション班の石橋です。
学校は春休みに入り、本格的にマシン製作が始まりました。
現在サスペンション班はアップライトを製作しています。
材料は超々ジュラルミンというアルミ合金を使用しています。
アルミとはいえ厚みが35mmで、ノートパソコンくらいの大きさがあるので流石に重いです笑

今回のアップライト製作では、肉抜きと外形加工を行いました。
主な製作としては、放電加工という方法を利用しました。
特徴としては、他の加工法に比べ、非常に精密な加工が可能です。
事前準備として、CAMで加工経路の設定をしたあと、その設定通りに進められるように、材料にワイヤーを通すための穴を開けます。
この穴が加工のスタートになります。
そしてこの材料を放電加工機に設置したら、あとは待つだけ!
簡単なお仕事です。
しかしここからが長い…
放電による加工速度は、条件にも依りますが非常に遅いです。
今回の加工では、1分間に5mmという速度でした…。
ひとつ完成させるのにやく7時間かかりました。
放電加工は加工面の仕上がりが非常にきれいですね。
この調子で残りのアップライトも製作していきたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

F1-日本GP観戦

こんにちは。
電装班長兼プレゼンテーション班の稲木です。

先日、三重県鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GPを観戦しに行きました。

中学3年で初めてF1というものに出会い、そのビジュアルに一瞬で惹かれました。
それからというもの、一度はF1マシンを生で見てみたいと思っていました。
そして今年、念願叶ってレースを見ることができました。

鈴鹿サーキットのゲートを通過した直後から、そこは全くの別世界でした。
どこを見てもF1一色で、自分と同じようにF1が好きな人がこんなにも多いのかと実感しました。
居心地がいいの一言です。
そこで買った「Red Bull Racing」の帽子は普段も時折被っています。
同じ帽子を被っている人を見つけると、勝手に仲間意識を持ってます。

本当にあっと言う間の二日間で、終わった後の喪失感が半端じゃないです。
(正直、学生フォーミュラの設計どころじゃなかった)
でも実際に鈴鹿まで足を運んで分かりました。
「こりゃ、来年も行くわ」と。
それだけF1は価値のあるイベントなんだと再認識させられました。
ぜひ皆さんもF1観戦してみて下さい。

話は変わりますが、一年生がSUM入部を決めてくれた理由を話してくれたので、
僕も1年前のことについて少しお話しようと思います。
僕の入部の理由は大方の人は予想できているかと思いますが、
そうです、F1がきっかけです。
今でもそうですがF1エンジニア、F1ドライバーに強い憧れがありました。
その本格的な擬似体験ができる学生フォーミュラに参加しない理由もなく、
大学を選ぶ上での絶対条件として学生フォーミュラのサークルがあることが条件でした。
そんなこんなで電装担当として設計し、ドライバーとして走行を行なっている今、
ちょっぴり人生の目的が達成でき、とても充実した大学生生活を送っています。

この記事に

開く コメント(0)

お久しぶりです‼

お久しぶりです。
エンジン/マネジメント班の機械工学科2年の宮本です。

すっかり朝夕が冷え込むようになって,最近は鍋が恋しいです(笑)。

近況としては,現在は第17回大会出場車両の設計を行っています。
初めての設計なので,結構難しく感じることも多いのですが,わからないことは先輩に聞きながらなんとか進めています。
期限内に設計が終わるように頑張りたいと思います!

また,11/3(土)に愛知県の幸田サーキットで行われたドライビング講習会に参加してきました。
危険回避の体験や,ミニジムカーナコースでのタイムアタックを行ったりして,普段は体験できない車の限界付近での走行を体験することができ,とても楽しいイベントでした。
さらに,自分の危険判断能力や車の限界,自分の現在の運転技量など,本当にたくさんのことを知ることができたので,とてもためになり,普段からもっと安全意識をもって運転しようと思いました。

ここからは告知になりますが,今週末11/10(土),11(日)に静岡大学浜松キャンパスにて「テクノフェスタ in 浜松」が開催されます!
SUMは,第16回大会出場車両の展示・走行を行います。
走行は,両日とも11:15〜11:30,14:15〜14:30の2回行う予定です。
大会以外ではなかなか見ることのできない車両の走行シーンをご覧いただけますので,是非お越しください‼

以上,告知でした!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

初めまして!

初めまして!
電装班所属、電気電子工学科1年の伊藤です。
今回初めて部ログを書かせていただきます。よろしくお願いします!

僕がSUMに入ろうと思ったのは、高校時代の先生の紹介によるものです。
工業高校に通っていた僕は、静大にAO入試で入りました。
もともと車に興味はあまりなかったのですが、志望理由書のネタとして、
その時話題になっていた「日産 新型リーフ」から電気自動車について調べていくうちに、徐々に車に興味を持つようになりました。
そんな時、AO入試対策として面接の練習に付き合ってくださった先生がSUMのOBで、SUMの話を聞き、静大に入学出来たらSUMに入ろうと決めました。

ICVでは電装班としてW/Hを担当していますが、まだまだ勉強しなければいけないことばかりなので、先輩に色々教わりながら頑張りたいと思います。
EVの活動にもほんの少し参加させていただいていますが、今はOBの方が製作した609_EVのW/Hの回路図をもとにネットリストを作成している最中です。

自分の担当パーツが決まり、本格的に活動に参加できるようになりました。
これからもよろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(0)

はじめまして

はじめまして
機械工学科1年の渡部慧です。初めてブログを書くのでとりあえず自己紹介をしたいと思います。
僕の出身は浜松で、工業系に進みたいと思い静岡大学の工学部に入学しました。
高校まではテニス部に所属していました。そんな僕がSUMに入ったのは、元々車に興味があったのと、何か新しいことに挑戦してみたいと思ったからです。そして、ただ大学で学んでいるだけではわからない、より専門的なことを身に着けられたらと思い、SUMに入りました。
今はエンジン班に所属していて、選んだ理由は自分が機械工学科であり、エンジンがほかに比べ、最も機械らしいと感じたからです。エンジン班はものづくりを多く行い、部品の設計や製作で得た知識や経験は今後の機械工学科の学習に生かして行けると思い、エンジン班を選びました。
エンジン班の仕事とは関係ありませんが、今週は大会のレギュレーションの一部を和訳しました。英語はたいして得意ではないので大変でしたが、何とか完成させることができ良かったです。
自分がこれまで製作に関わることはほとんどありませんでしたが、これからは冷却系を担当することになりました。知識は全くと言っていいほどないので先輩に頼ることがほとんどだと思いますが、チームのために精一杯頑張っていきたいです。


この記事に

開く コメント(0)

はじめまして

はじめまして。工学部電子物質科学科1年の大石泰己です。
今回は初めてなので自己紹介をしたいと思います。
僕は生まれは浜松で、5歳からは浜松市のお隣の磐田市で暮らしており、現在も磐田市に住んでおります。趣味はサッカー観戦です。高校生まではサッカー部に所属していました。大学生になりサッカー以外のことにも挑戦してみたいと思い、SUMに入ろうと思いました。SUMに決めた理由は、もともと自動車に少し興味があったからです。磐田市の小学校、中学校では校外学習で四輪車、二輪車製造企業の関連施設や工場を見学することができました。そのような環境下で育った僕は次第に自動車に興味を持ち始めました。また、高校生の時に東京モーターショーを見に行って、より自動車に対するイメージが変わりました。そこで大学に入った私は自動車に関係するサークルに入りたいと思い、SUMに入りました。大学入学から最近までは製作に関わることは少なかったのですが、これから少しずつ製作に携わると思うので頑張ります。
自己紹介はここまでで、本日行われた1次DRの感想についても書きたいと思います。
1次DRに出席して関係者の方、先生、OBの方がSUMの活動を本当に応援し、期待してくださっているなと強く感じました。長い時間をかけていろいろアドバイスを頂けるのはありがたいと思います。まだ僕にできることはほとんどありませんが、来年、再来年に向けて少しづつできることを増やしていこうと思います。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事