ここから本文です
Ran'sストレンジ・ブリュー
ロックン・ロールの源流とその他諸々。

まっちゃん

#明日待子
#ムーランルージュ新宿座
#アイドル
イメージ 1

この記事に

まっちゃん


#明日待子
#ムーランルージュ新宿座
#アイドル
 イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

この記事に

ダウンタウンの年末の番組で浜田雅功がブラックフェイスを披露ことが論議を呼んでいる。黒塗り顔、縮れ毛、スタジアム・ジャンパーのいでたちで「ビバリーヒルズ・コップ」 のまねをしたのが黒人差別に当たると指摘を受けている。
アメリカ出身の黒人作家で日本在住13年のバイエ ・マクニールさんは浜ちゃんのブラックフェイスについてツイートした。
「ブラックフェイスで出演する日本の人へ。黒人であるというのは、オチや小道具じゃないんだよ。(略)でもお願いだから日本でブラックフェイスは止めて。カッコ悪いから」
一方でタレントのフィフィは「日焼けして黒人並みにするほど黒い肌に憧れている人もいるし、黒人ファッションも真似てる人もいる。意図によっては批判されるだろうけど、黒人に扮しただけで差別って?そう指摘する人達こそ、優劣を付けて人種を見てる気がする」と持論を展開。

イメージ 1

かつてシャネルズは黒塗りでパフォーマンスしていたがそれは、フラミンゴス、スタイリスティックス、テンプテーションズなどの黒人グループへのリスペクトの表れであり差別の意図はなかった。それでも一部では「黒人を道化にしている」との批判はあった。いづれにしろゆるやかな時代だから可能だったのであり現在では到底無理な話だ。

イメージ 2

もう1人思い出されるのはタレントの島崎俊郎だ。黒塗り、カツラ、腰ミノの扮装で「アダモステ」というキャラクターでテレビ番組に出ていた。これは南洋の黒人を笑い者にしたパフォーマンスであり、完全にアウト。今にして思えばよくあんなことやってたよなあ。

イメージ 3

この記事に

ウーマンパワー

イメージ 1

最近知ったのがこのデル・ウッド。すごいですこの人。一応カントリーに属するようですがそんなの超えた超絶ピアノです。それではデル・ウッドさんの演奏をお聞きください。


メイミー・スミス、マ・レイニー、ベッシー・スミス、それにメンフィス・ミニー、女性のパワーをあなどっちゃいけません。このクレオ・ブラウンさんもすごいですよ。



この記事に

リズムとは?

イメージ 1

我々が普通聞いているポップスにはリズムが存在する。広義のリズムは民謡やクラシックにも存在するが狭義のリズムとはドラムによるリズムパターンと言える。
その源流はマーチでありバロックやロマン派と異なり打楽器が鳴り続ける音楽だ。そのマーチを受け継いだ、つまり管楽器やドラムを受け継ぎ、ラグタイムやアフリカのリズム、その他諸々をミクスチャーしたのがジャズである。
軍楽隊では大太鼓、小太鼓が別々に演奏されていたが20世紀になると大太鼓、小太鼓、シンバルも加わりドラムセットが成立する。それをドラム担当が一人で演奏するスタイルができた。
リズムパターンには多くのアイデアが持ち込まれ、4ビート、8ビート、16ビート、その他多くのバリエーションに進化してきた。8ビートと言うと50年代発祥かな?というイメージもあるが、30年代にはすでにブギウギとリズムセクションの融合が試みられているから驚きだ。ピアノ単独ではないバンドスタイルのブギウギを聴いてみてほしい。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事