ここから本文です
すみだ山の会のブログ
随時 新規会員募集中

書庫全体表示

日和田山 岩トレ

12月19日(水)日和田山 岩トレ
K野(記)
 
12/19の会長主催の岩トレに私は初めて参加させてもらいました。
事細かに教えて頂き、沢山のことを勉強させてもらいました。
本当に行ってよかったという思いと、感謝の気持ちで書かせてもらいました。
池袋で田中さんと待ち合わせて,高麗まで行く。日和田山ロックゲレンデまで歩いて10時頃に着く。既に、H子さん・A谷さん・T島さんの3人はトレーニング始めている。聞くところによると、会長は8時頃から来てくださって、ザイルを張って準備万端してから職場に戻られたしい。本当に有難うございます。
勤務中にもこうして会の為に月1回練習の場を備えて下さるとは何と有難いことでしょう。
私達二人もハーネスを装着して開始とする。まずT中さんから。慣れた手つきでスイスイと登っていく。
さて私は…。先ず、ロープの結び方から教えてもらわなければならない。八の字結び…前にも教えてもらっているはずだがすっかり忘れている。
何回も手取り足取り繰り返して、ようやっと出来るようになる。それでも2回目には又出来なくなっている。情けないことだ。年のせいだけでは済まされない。
さて、岩登り開始。いきなりでどうなるかと思ったが、何とか上までたどり着く。そしてクライミングダウンで降りる。場所を変えて4回繰り返す。初めての場所だったが何とか頑張って出来た。でも怖かった・・・・
とても難しい所がある。つかまる所が見つからない、挑戦してみるがその度に落下してします。命綱があるからこそ怪我はしなかったが、私には無理だと観念する。でも浩子さんがやるのを見せてもらうとスイスイとおサルのように登るのです。 さすがに感心しました。
色々なことを教えて頂きました。
  1. 先ず、足の置き場を、良く見て探す。
  2. 足を置くときは、つま先だけを使う(バレリーナーのように)
  3. 右手を使うときには、左足を使い、左手を使う時には右足を使うようにする。
    (そういえばおサルが岩登りする時はこのようにしている。)
  4. 3点を確保したら、次の場所を探す。
  5. 手は指先だけを使うのではなくて、腕全体を岩につけるようにして力を入れ。
    等など事細かに教えて頂き、大変いい勉強になりました。なかなか体が思うようにはいかないのですが、これは練習の回数を増やしていけば少しずつでも上達するのではないでしょうか。地味な努力が必要です。5回やったからもう良いとか、10回やったからもういいというものでは有りません。何年も何年も練習してこそ、大先輩に近づけるのです。
    会長ご夫妻には、このように月1回の岩トレ教室を開いて下さる事に心より感謝いたします。会員の皆様にも大勢の方が参加くださいますよう願っております。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事