ここから本文です
すみだ山の会のブログ
随時 新規会員募集中

書庫全体表示

会山行:飯能三山(多峰主山~柏木山~龍崖山)
日時: 平成31年3月10日(日)           
参加者:T畑Ⅼ含め25名                      N藤(記)
 
池袋7:05発乗車、電車に日の光が入る。天気が持ちそうだ。飯能駅は8:15出発。
今回は、入会希望のS木さん、12月に入会したばかりのF田さん、久しぶりのM下さんの顔もみえる。駅からぞろぞろ歩き20分程度で天覧神社に到着。
班分けも無事に済み、8:30出発。天覧山は岩トレで参加したことがある。十六羅漢を通り過ぎたあたりで岩場へのルートとなる。イメージ 1

イメージ 2さて、私たちは天覧山展望台を通り過ぎ多峰主山へ向う。名前の由来を聞いた。









「ここは展望素晴らしく、たくさんの峰が見えると云ったことから、この名がついたそうだ。頂上、黒田直邦のお墓の前で記念撮影。質素な墓であった。


この人物を調べると      常陸下館藩主・上野沼田藩の初代藩主で飯能を領した方だそう。

「学を好み、欲のない人となりの良い人」と記載あり。
さて、八幡神社に安全登山を祈り下っていく。里山なのに巨木の木々に驚く。
車道に出る前に無人店舗がある。フキノトウ、クレソン、干し芋とお買い上げです。
ドレミファ橋を渡り次の山 柏木山を目指す。
イメージ 3
道横の黄色い老梅に目を細める。
柏木山には、カモシカ親子が居るという。前回、下見の際、見かけたのだ。
イメージ 4

今回もと期待するが、この団体では難しい。だが、わが墨田山の会の女子は頂上で歓喜する。手作りのテーブルや椅子(全員が座れるほど、あちこちにカラフルなテーブルがありました)また、廃材で作ったであろうカモシカのモチーフ、楽器をもった3人の演奏者、かわいらしい巣箱もありました。インスタ映えしそうな風景でしょうか?しばし、撮影タイムです。
リーダー、女子が喜ぶことを知ってますね。皆々乙女であります。






来た道を戻り、今度は龍崖山へ登ろう。八耳堂で鯉を見ながらトイレ休憩。
御神木に守られているような軍太利神社をくぐり登山道へ入る。
多峰山、柏木山 二山登り、車道歩き、皆疲れがある様子。

しかし、途中でエスケープすることなく全員、龍崖山へ到着しました。
イメージ 5


ここも展望よい。広場みたいに広々。調べましたら、大河原城があったそうな。
お城から市内が大きく見渡せたのでしょうね。
竹で作った望遠鏡に愛情を感じます。




イメージ 6荷物を担いだ古木の幼子は遠くを見つめています。
我が家を見つめているのでしょうか?山に囲まれた秩父の生活に思いを寄せる山行となりました。飯能三山、地域に大切にされている山なのでしょうね。
さて、下山開始。同じ道を下り、吾妻峡の遊歩道で下り駅に向かいます。
水が澄んでおり、気持ちの良い遊歩道です。
イメージ 7













話は飛んで、宮沢湖近くにムーミンバレーパークがオープンとなった。温泉は楽しめましたか?
この地域に選ばれた理由がムーミン谷に似ているそうだ(私たち年代は皆ムーミンで巣立ちました)自然との共有。それは、この地を大事にしている住民の力によるものでしょうか。私たちハイカーは大事に大切に登山をさせて頂きますね。
さて、我々は、岩根橋バス停に乗車し、飯能駅に無事到着です。
お疲れさまでした。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事