ここから本文です
すみだ山の会のブログ
随時 新規会員募集中

書庫全体表示

3月24日    黒斑山 再チャレンジ       E藤(記)

昨年1月黒斑に行ったときは、あいにくの吹雪模様となってしまって赤ゾレの頭までしか行かれなかった。その無念を晴らすため、324日I東リーダー、M原、E藤の3人は新幹線で佐久平。そこからバスで懐かしの高峰高原ホテルに9時半到着。

 天気は上々。登山道の雪質は固めだが、当初からアイゼンが必要だ。車坂峠から車坂山を過ぎると右の針葉樹林が切れて去年は全く見ることが出来なかった展望が開けた。今登ってきた足元には佐久平等の盆地が遥かに広がり、右手の去年みんなで登った高峰山、その奥の篭の塔山のはるか後方から北アルプス、御嶽、中央アルプス、八ヶ岳等々が遠く明るく広がっている。「うわー!槍はあそこかしら?」去年は心で描いたところだ。なんか初めての気がしない。
イメージ 1
 
やがて右手木立の中に懐かしい鉄のカマボコ形シェルター。ちょっと行くと浅間が頭を見せてくれる。独特の雪の線条が裾野に流れて白く輝いている。またちょっと行くと赤ゾレの頭。
イメージ 5

去年は全体が白く霞んで浅間も全く姿なく、ただ足元からの急峻な絶壁が右、左に墨絵のように浮かび上がっていた深い谷で凄い迫力だったのに、今年は嘘のように明るくやわらかで浅間の風景の一角に過ぎない。こんなにも違うものか?「おーい。来たよう!」去年再会を誓ったので、今年は結構人も入っているので小さな声で言う。谷ものんびりしていて笑っているかのようだ。

 さてここからは谷の左手に山あいの細く急峻な登山道が登りあがって行くところだ。去年は泣く泣く左の下山道に曲がってしまったが、かえって谷に転げ落ちないで済む、と内心ほっとしたくらいだったっけ。だが実際に歩いてみると温かいので雪も柔らかくなっているし斜面もそれほど急峻には感じない。ところどころ黒い土と岩肌が見えたりもする。左は針葉樹林帯、右が絶壁というシチュエーションがひどく危なげに見せるだけなのか?登りあがったところは岩峰のトーミの頭のすぐ左。黒斑との鞍部だ。ここからは絶壁の上から浅間山が全容を見せてくれる。そしてこの黒斑から浅間を円状に取り巻いて清水山、蛇骨岳等々の外輪山、これらと浅間の裾野を繋ぐ湯の平高原を始めとするなだらかで平和な景色が美しい。
イメージ 2
 
 この露岩の傍で昼食を終え右前方の黒斑山まで一登り。山頂のすぐ下には鉄塔があり、浅間に向けられたカメラが取り付けられているそうで、爆発等の時はサイレンも鳴って急を知らせるそうだ。生きている山なんだねー。血肉があるようで親しみを感じる。山頂に着いたのは12時半頃。今まで左手に見えていた浅間が右手になり、より一層大きくパノラマを広げる。
イメージ 3

イメージ 4
そこからは来た道を下って先述の赤ゾレの頭の手前から針葉樹林帯に入り高峰高原ホテルに着いたのが2時半。樹林帯は雪が少なく去年の方が雪景色を楽しめたと思う。
ホテルでお風呂とお茶を楽しんでこの山旅は無事終了しました。
企画してくれたI東さんに感謝です。

 反省点;去年の帰りの吹雪の印象が強くてパンツを厚めのスパッツと雪用のアウターにした。そのせいだと思うが(アイゼンが重いということもあるのかもしれないが)足の上げ下げに伸縮が効かずこれ以上早く歩けなかった。私のアポ(時間等を書き入れた地図)ではこの行程で十分なのだが、登山計画書は次の外輪山の清水山までであった。ホテルで時間もあったし、いつもの登山パンツで伸縮を効かせて、もうちょっと早く歩けていたら行けたかもしれないのに、、、!  
反省しています。もっと経験を積んで、的確な判断をしたいです。


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事