沈静・前進・真直そして軽快

新馬の調教にあたっては、先ず完全な沈静を得た後、推進扶助で前進させ、次いで真直性と軽快性を要求する

記事がありません。

その他の最新記事

すべて表示

騎乗姿勢について

2005/5/23(月) 午前 1:16

 馬場馬術・障碍飛越・野外騎乗あるいは牛追い・競馬・流鏑馬・打毬・エンデュランス騎乗等々、馬に乗る目的は様々であっても、騎乗者に要求されるのはただ一点、「目的に応じて馬を操る」ことに尽き、それ以外は瑣末である。  主として方向と速度を規制する事に依って「目的に応じて馬を操る」為には、「必要な扶助を自由に使い得る」事が必要/充分条件であるから、両手両 ...すべて表示すべて表示

軽速歩

2005/5/20(金) 午前 0:37

多くの人は乗馬を習い始めると間も無く軽速歩を教えられたのでは無いだろうか? 調馬索で何とか速歩が出来るようになると、早速「イチニ、イチニ」の掛声で鐙に立つ練習をした経験がある人は多いと思われる。 しかしながらかなり上達した者でも『正しい軽速歩』の出来ない者が相当数見受けられるので、私は軽速歩を教えるのは可成りの鞍数(少なくとも50鞍程度) ...すべて表示すべて表示

雑然と言い訳を・・・

2005/4/6(水) 午後 11:39

 先日から初めてBlogなるものに手を染めましたが、これについては全くの初心者ゆえ戸惑う事ばかりで、最初にアップした時にはキチンと表示されていた筈のものが、次に覗いた時には文字化けで意味をなさないとか、画像を添えたいけれどサッパリ思った様にならない等行きつ戻りつの有様で、今更ながら『速歩の反撞に付いて行けない』、『馬が言う事を聞いてくれない』と言う、馬術の初 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事