sumirere日記

sumirere日記が移動しました。これからもよろしく!

かるがも会のバス旅行

父の介護でしばらく参加していなかったかるがも会の旅行に参加した。参加者20名のほとんどの人が、股関節の手術をしている。いわゆる患者会である。杖をついている人もたくさんいた。しぼりで有名な「有田しぼり記念館」は、とてもすてきだった。ホテルは、西浦♨の銀波荘で、窓からの景色は海が見えてとてもきれいだった。夜の宴会は、みなさん元気はつらつでおおいに食べて、歌って、最後は全員で河内音頭を踊りました。私の場合は、踊るというレベルではないけれど……。とりあえず参加。翌日は、老舗の味噌工場や水産加工のお店で、みなさん買うわ買うわ。重い物は、ちゃんと送ってもらっていた。私は、しぼりのハンカチと干物を少々。新大阪に早めに着いたのでやれやれ。来年もよろしくと散会。とても楽しい二日だった。
イメージ 1
味噌蔵
イメージ 2
紫陽花が満開

この記事に

開く コメント(0)

萩の町 散策

夫の兄の法事で長門市へ帰郷した。法事の前日に時間があり萩の町を散策した。さすがは萩、維新発祥の地で、吉田松陰先生に薫陶を受けた人の事がたくさん見られた。昔の藩校の跡は、小学校になり、古くなったので建て替えられ今は記念館になっていた。得に長州ファイブと言われる五人の若者たちがなした偉業には驚かされた。これは、まさしく日本の夜明けを支えた人たち。
井上馨・遠藤謹助・山尾庸三・伊藤博文・井上勝の五人。イギリスに長州から秘密留学をはたして、帰国後は日本の産業改革を起こした。他にもたくさんいると思うけれど、この若者たちが今の日本の礎を築いたのかと思うと感無量だ。
イメージ 1
長州ファイブの真ん中にいるのは、だれかのダンナさん。

明倫館
イメージ 2

萩の城下町
イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

工事がうるさい!

家の前の駐車場にワンルームマンションが建設中。ほこりと騒音で参っていたが、とうとう堪忍袋の緒が切れて、ご近所さんを筆頭に地区長にお願いした。なんども現場監督に申し入れしてもラチがあかない。さてどうなるやら。うちの猫、三匹も音にびびって外へでかけない。まっ、たまにはいいか。家庭菜園のタマネギを収穫してきたが、かなり小さめ。中には、ゴルフボールみたいのもあったりして。でも、食べれはおなじ。ご近所さんにも少しおすそ分け。みんなで、夏のキュウリとナスビを楽しみにしている。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

金と聞くと、なんかリッチじゃございませんか。東京の友人が送ってくれた鎌倉のお土産。さっそく一杯。「うーん?」金の味は、しませんでした。(そもそも金の味は知りませんが)飲み終わった後に、カップの底に金粉がちらりほらり。もったいないので指にくっつけてペロン。なんか、いい事あるかしらね。                             
イメージ 1
                           
 という私、あいかわらず病院通いが続きます。でも、長引いていた皮膚の湿疹もようやくおさまりつつあります。薬も大事だけれど、結局時間が必要なのですね。
イメージ 2
猫のユズが、恋煩い?。一日中みかけなかったので、心配になり近所をさがしました。
ご近所さんの息子さんが、「昨日、家の前を歩いているのを見た」との事。その夜、主人がまた探しに行くと、別の家の軒下でへんな声でニャーゴニャーゴ。あれは、彼氏を呼んでいる声と思われます。なにしろ、このへんは猫だらけ。たいていの猫たちは、家の中でのみ暮らしているのですが。うちの猫たちは、出放題。家の中は、サファリ状態。でも、人ってなれるのですね。まあ、人間も動物ですから、猫に負けずにがんばろう。
イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

金魚復活。

ひれがほとんどなくなって、ドジボールみたいになっているリュウキン。それが、夫の介護のおかげで、食欲が増進してなんとか泳ぎ出した?。人間も金魚も努力すればなんとかなるのか。なんとなくからだも大きくなってきたみたいだ。ホームセンターで、二種類の餌を買ってきてささっそく水槽に入れると一生けん命に食べている。がんばれ!
そのとき、ペットコーナーで、猫用のアルミのナベを売っていた。なんでも、入っているとひんやりとするそうな。アナさんは、プラスチックの洗面器でごきげんです。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事