ここから本文です
肉・魚・野菜 自給自足中!

書庫全体表示

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

年越し浅瀬

あーっと言う間に、2017年も最終日。
そして、今夜は大潮・磯祭り!
最後の最後まで殺生しようとしている…。
せめて、正月三が日くらいは ノン殺生というわけで 今夜は正月の食糧原材料の調達へ!

ネイルしたって、まつエク(まつげエクステ)したって、全身脱毛したって…、あたしは、アラフォー。
寄る年波には…。 
今年の夜磯 シーズン初旬から感じていた冷え。

そんなアラフォー熟女主婦への 夫からの誕生日プレゼントが、コチラ

イメージ 1


イメージ 2


水中で着れる(ウェットの下に着る)電熱線ホットベスト!
なにしろ海水&電気って事で 感電ってワードが チラリと頭をかすめますが、この寒さには勝てません。
貰ってスグに使用してみたところ、ぜんっぜん暖かくなくて ???でしたが、どうやら使用法を間違えていたよう。
正しい使い方も分かったところで、いくよー!

大晦日!
安室ちゃんも頑張ってる!!
主婦はおかずとり!!!

この記事に

日々、おかず捕り

ほんとーに、久しぶりの更新。
夏のイケメン君にフラれても! ぎっくり腰になっても! 初白髪を見つけても! あたしは、日々おかず捕りに励んでおりました。

7月以降おかず捕りをダイジェストで!

イメージ 9
川の漁業組合へ入りましたー! もれなく、アユの塩焼きパーティーついていました。


イメージ 1
スッポンとズガニ  次男 早くも指を詰めかける事に。
ズガニはこの季節、どんどん美味しくなっていますね。
このスッポンは秋前に 夜、川下から上へとリバーウォーキングしてスッポンGET! 素手(手袋忘れた)で、捕まえるの、勇気いりました・・・。




イメージ 2
エビ!
夏の夜は子供とエビすくい!  この夏はタモングにハマりいろんなもの掬いました。
サザエ〜子供までいろんなのを掬いました。
サザエがよく這いあがってくる漁港を見つけました。
同じ漁港に、エビがいるの発見! 夜、ライトで照らすと目が光るのでどんどん掬えます。
子供、漁港で落水。


イメージ 10
好きな食べ物TOP3にうなぎ。


イメージ 3
やっぱ、ムニエルかな。




夜磯で。イメージ 4





イメージ 5
 カメの手 エ? 長くない??


イメージ 11イメージ 6
子供とおかず捕り遠征石垣島! あまりにもセクスィーな寝姿に感心。

石垣島ファミリーシュノーケルツアー中、タコ捕まえたり魚も手掴みして、他の参加ファミリーにスゴーイ!と、ほめられいい気分に。
どこへ行ったって、おかず捕り主婦!


イメージ 7
夜磯の魚  最近一夜干しがブーム
ベラの一夜干しがおいしくてハマってマス。


イメージ 8
シイタケ、ゾクゾクとできてまーす。

そんなこんなしながら、日々 おかず捕りしてました。
11月の猟期・夜磯に入ってからは わたし、すっごく忙しい。
本業は休業。 いや、本業が入れ替わり。
(今週の主婦の動き)
月曜日に畑仕事で〜
火曜日はイノシシ剥いて〜
水曜日は鴨撃ち行って〜
木曜日はサウナとネイル
金曜日は夜磯行って〜
土曜日は昼磯行って〜
日曜日は鴨撃ち行って~

昨日は、イノシシが檻に入ったので朝から解体。
私は、独りで解体(なーんか地味・・・。孤独のジビエって感じで・・・。)するので、大きいときは軽トラの上で剥いちゃいます。
昨日は、40キロ弱なので作業台の上で。
なんと! 初めてみましたが 表皮付近に寄生虫が! 1ミリ×4センチくらいのヒョロッとした長細虫が1匹いました。 
野生で生きるって、ほんとうに厳しい。

で、今日は鴨撃ちへ

イメージ 12
もう・・・。
毛毟り疲れた!地味!!!!!
ってことで、商売道具のワックス使って・・・ワックス脱毛。
イメージ 13
ツルツル。 ワックス脱毛、おすすめ!

先日、12月2日誕生日でした。
前日はイノシシ追いかけ山の中。当日は鴨撃ちと夜磯。
だれか〜! 止めてー!!!!!




この記事に

浅瀬の昼ドラ

もー! ほんとに久しぶり!  
相変わらず、おかず捕りに励んでいます。

私の住む街には、セクシー姉ちゃんが、ハイヒールで押し寄せる ビーチがあります。
冬に差し上げた猪肉のお礼に、バナナボートの無料券をもらった私。
やったね! 
汗疹治しに、久しぶりに海水浴行っちゃいますか!
ウエットスーツを着用せずに海に入るなんて、海水がダイレクトに海水が腹にまとわりついて・・・なんだか、こしょばい。

さてさて、タダ券片手に事務所へいくと・・・!
!!!
夏がお似合いの、THE ビーチボーイ!
キャーン。 
ダニ跡だらけの体が恥ずかしい・・・・。

「いえ、あのね・・・。不潔にしているわけじゃないんだけど・・・。イノシシが・・・。モゴモゴ…。 剥くときにね・・。 モゴモゴ・・・」

「ハンターっすか〜、かっこいいっすね。」
「そういうの、いいっすね。」

ビーチボーイ君、その一言で、あたくし 燃えちゃいました。

「あたし、浅場の潜りも ちょいと自信あるわけよ。」
「ちょっと、銛取ってくる。待ってて!」



イメージ 1
イケイケビーチボーイに見せたくて。コブダイ


見つけてから、台所へ来るまで、ものすごいドラマがありました。
アーしてコーなって、そんでからグサッとしてバチーンとなって、こっちにこうしてあっちがわがあーなって・・・。
浅瀬でもそれなりにドラマがあった訳ですよ。

「ビーチボーイ君、コレ、いる?」
もうね、いつも通り 毎回こんなん獲ってます~。な涼しい顔して、言ってみた。

「え、コブダイっすか〜。 旨くないっすよね〜。」

「・・・・・・。」


フーフー言いながら(重いのホントに!) 連れて帰ってきて、昆布じめにして
食べました。

「うまいなー。 でかいから まだまだアルな! 妻よ、でかした!」

愛だよね。愛。
これが、愛。 


























この記事に

昨年の10月以来、間が空いてしましました。
何をしていたかというと、「おかず捕り」

11月は、漁港に大発生した「サヨリ」を獲るため、
エ~イッと投げた、投網を漁船に絡ませたり、
スバル(ボラ等を引っ掛ける針が何本もついたもの)を投げてみたところ 隣のライバル釣り師のクーラーボックスを引っ掛けてしまい、彼の一投げ一投げ地味に釣り上げたサヨリをぶちまけてしまったり・・・ごめんね・・・。
サヨリに燃えた11月。
今後、どなたかのおかず捕り師の参考の為に・・・。
サヨリが爆発した際におすすめなのが、バス釣り用の3又に分かれた釣り針がお勧めです。 ギャング針などと呼ばれるボラ釣り用の針にはカエシがついていないので、せっかくかけたサヨリが外れてしまいます。
そして、表層で群れるサヨリには軽い錘のほうが使いやすかったように思います。
イメージ 1
      サヨリのお造り

12月は、「鴨」と「夜磯」「ワタリガニ(タイワンガザミ)」
アラサー狩りガールの友人と、鴨撃ちの後は、いつもどうり夜磯おかず捕り!
11月12月の夜の海が一番好きなシーズン。
大潮の日には、漁火漁で賑わう夜磯!
そして、ハマったのが「ワタリガニ掬い」
満潮の夜には、イワシ網片手に怪しい主婦。
結構 大きなガザミがフラ〜っと出てきていますので、網でひと掬い。
ちなみに、イカも掬いました。
マゼと呼ばれる南風が吹くと「カニが酔って、フラフラ出てきておる。」とは、近所の漁師の言葉。
確かに、マゼの日により多く掬えたような、気のせいのような・・・。
イメージ 2
      青いのが雄のガザミ

イメージ 3
             豆板醤炒め
イメージ 4
            掬ったイカのお造り 
   

1月は、「イノシシ」
今期は100KG越えのイノシシが掛かることが多く、解体で疲れ気味。
わたしの箱罠は有害駆除の地域に4基設置していて、猟期となる今も有害駆除の認定を受けれます。 捕らえた際には県や市の職員が確認に来て、軽トラにイノシシを載せるのを手伝ってくれます。
最近、猟友フィリピン人の仕事が忙しく、なかなか応援を頼めないので、1人で解体しますが、1人だと軽トラから降ろして作業台に乗せることも無理なので、
軽トラの上ですべてを行います。
昨年は、住宅街の玄関前、
「パラソルが立てば解体中!見るの嫌なら、カーテン締めてね。」
という状況での解体でしたが、
今猟期からは、解体場を作り、ロケットストーブや七輪なんかも置いて、
すっかり 一丁前の猟師です(笑)
なんだけど、重くて、解体小屋に猪を入れられない・・・・。
わたしは、青空解体に縁があるようです。


この3カ月、相変わらずおかず捕りに励んでいまして、ほとんど仕事が手に付かず。
そろそろ、ヒジキとモズク獲りが始まるなー。

コメントを下さったり 溺れたのではと、心配をしてくださった皆様、お知らせがおそくなりすみません。 元気でおかず捕りに励んでいますので、(遅くなりましたが)今年もどうぞよろしくお願いいたします。














この記事に

網師

ここ1カ月くらい、堤防ではイワシやアジがわいていて、おっさん・おばはん、 兄ちゃん、 姉ちゃん、そして放課後の子供も網を片手にイワシ掬いに興じています。
サビキ師よりも網師の方が、幅を利かせる田舎の堤防。

夫の網を無断で持ち出して・・・。
うふふ。
漁業用前掛け(防水のエプロンプロ仕様・3800円也)で、うん! それっぽい。
恰好だけはいつもどうり、いっちょ前。
「オオー!ノー。」
黒い網目って、ダメなのね・・・。
イワシには黒い網目は見えているようで、実にうまく躱して泳いでゆきます。

「ねえちゃん、あかんあかん。黒いノンはあかんで!」

「(魚を)追うたらあかん。 網の上へのせてから斜めにな。」

「コマセ撒いて、(魚を)アホにさせんのや。アホになったらなんぼでも掬える」

と、おっさんに囲まれ、釣り業界(掬い業界)女性不足をチラリと垣間見ました。

ちなみに、実感としてイワシのほうが小あじよりもシビアに黒網に反応していました。

さっそく翌日には、イワシすくい用網(4800円也)と、お手軽魚網(400円也・網目は水色)を購入し、再び。
イケる!
一攫千金 イワシの水揚げ!!
気分は、女網師。



イメージ 1
               イワシのミンチ   

ただ・・・、網って風情はないよね。
















この記事に

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事