酒と鉄道の日々 ビジュアル版

呑み鉄の、撮影と蛇足話。 青空と花咲く春。憲法を護ろう。

全体表示

[ リスト ]

 9回にわたって、
由利高原鉄道・鳥海山ろく線を
羽後本荘から 矢島に向けて
おばこ号とサクラとのコラボ撮影名所を
紹介してきた。

 本日が ラストステージ。

イメージ 1

 西滝沢(にしたきさわ)駅から 矢島(やしま)駅を目指す。
吉沢(よしざわ)駅を左手に俯瞰しつつ進むと
やがて 川辺集落に至る。
川辺(かわべ)駅入り口の交差点を過ぎて
すぐ左手の住宅地の中を左折。

 踏切にぶつかるので、
支障無きようクルマを寄せて
川辺駅を見返ると
ホームのはずれに佇む
一本サクラが見事。

 100〜200mmの望遠レンズで
おばこ号との並びを捉える。

 なお、サクラではないが
川辺駅から 前杉(まえすぎ)トンネルに至る
築堤の法面には 地元の方が造成(?)した
水仙アートが眼を引く。
 こちらも おばこ号と撮りあわせてみたい。

イメージ 2


        ☆

 由利鉄 サクラ白書。
むろん、今回紹介した以外にも
ポイントは少なくない。
 一度は おばこ号に乗って
車窓からのポイントを探ってみてほしい。
 終点(本社所在地)矢島駅には
有名な マツ子さんが笑顔で待っているし、
同駅から至近の 多賀部(たかべ)食堂や
天寿酒造・出羽の富士酒造といった
造り酒屋の見学も楽しめる。

 曲沢(まがりさわ)・久保田(くぼた)・吉沢(よしざわ)の各駅には
駐車スペースがないので要注意。
羽後本荘駅にも無料のスペースはないので、
ひとつ先の 薬師堂(やくしどう)駅敷地内に
駐車するのがベター。

 近年、サクラの時期には
遠来の撮影者も増えてきている。
ビジター同士、また 地元の方とも
挨拶と笑顔を忘れずに、
由利鉄とサクラの思い出を
たくさん作ってほしい。

 なお、沿線のサクラ情報についても
由利高原鉄道本社に照会くだされば
応えてくれる。
(事前に時刻表をチェックして 
矢島駅での列車の発着時間帯の電話
は避けて下さいネ)
 由利高原鉄道本社 ☎ 0184-56-2736

※ 作例写真  上 160418  13.28 撮影 川辺駅
           下 120429 13.34  撮影 川辺〜(前杉トンネル)〜矢島


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事