酒と鉄道の日々 ビジュアル版

呑み鉄バンザイ ! 自由・権利・平和 現憲法を護ろう !!

全体表示

[ リスト ]

ED79の思い出

イメージ 1


 86年6月に
土崎工場で
ED75をタネ車に
開通迫る青函トンネル用の
専用機関車 ED79が
産声を挙げていた。

 全長53.9kmに及ぶ
青函トンネルが供用開始されたのが
88年3月。
 以降、 快速「海峡」が
ED79の主たる運用で
ヘッドマークを掲げて
50系客車の先頭に立っていた。

 やがて 2002年12月改正で
「海峡」が廃止され、
JR貨物の50番代の活躍も、
後継のEH500に譲る形で
終焉を迎えている。

 結局 元ED75 700から
派生したED79は
基本番代が21両,
100番代が13両改造されたものの、
国鉄末期に咲いた
儚い花だったのかな。

 86年6月、土崎工場から
奥羽南線に向けて
ED79 101+ED79 1 による
試運転が実施されて
その際の土崎駅での撮影。
 ただ、当時 この情報が
どうして入手できたのかは
今もって 思い出せない。

 交流電気機関車って、
ED70からED79まで
70番代すべての形式が登場しているものの、
ED71 ED75 ED76以外は、
いずれも短命に終わっている。

※ 86年6月、土崎駅構内で許可を得て撮影。ポジフィルムからのスキャン画像。


 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事