酒と鉄道の日々 ビジュアル版

呑み鉄バンザイ ! 自由・権利・平和 現憲法を護ろう !!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

新JT 「海里」 見参

イメージ 1

 [新ニイ] 所属の
JT(ジョイフルトレイン =   乗って楽しい列車)として
JR羽越本線をメインに
運用されてきた「きらきらうえつ」が
この秋に、引退することが決まっている。

 その後継車として、
「海里(かいり)」と名付けられた
ニューカマーの
訓練運転が
26・27の両日、
秋田まで実施された。
 車種としては、
「リゾートしらかみ 青池・橅 」と同種の
ハイブリッド HB−E300。
配置区は 無論 [新ニイ]。

 せっかくだったので
「海里」という愛称に因んで
日本海バックでキャッチ。

 それにしても
ここの撮影名所も
手前の樹木の生長で
海が望めなくなる日が
近づいているなあ。

 ご参考までに、
海里は、航海・航空用の
距離の単位で
1海里=1852m 。
1海里を1時間で進む速さを
1ノット っていうんだって。
 よう 分らん。

 この秋デビューのJT 「海里」。
活躍を祈っておこう。

※190827撮影   JR羽越本線 試9872D.


イメージ 1

 久しぶりに
HB-E300「あすなろ」が
奥羽北線に現れた。

 羽越線に入って
坂町から米坂線を巡る、
その名も
「<あすなろ>で巡る東北の原風景」号
という、長ーい名称の
団臨の送り込みだった。

 見上げる空には
入道雲崩れのような
灰色がかった雲軍団が。
 線路脇の田圃は
相当に色づいてきている。
あと 二週間もすれば
沿線は
収穫機械の稼働音で
賑やかな頃だろう。

※190826撮影  JR奥羽北線 回9529D。


「いなほ」50周年−1

イメージ 1

 再三ふれているとおり、
この10月、
羽越本線特急「いなほ」が
デビュー50周年を迎える。

 懐かしい国鉄カラーはじめ
車輌の変遷をメインに
振り返ってみたい。

 まずは
10年12月改正まで走っていた
奥羽北線での
活躍の模様なぞを
御覧いただこう。

 当時の「いなほ8号 7号」で,
このころは
昼行特急最長距離ホルダーだった。

 7号で 秋田駅に到着後に
青森を目指すのだが
翌日の8号に運用されるため、
国鉄カラーのチェックのため
夕刻の秋田駅を訪ねていたのも
懐かしい思い出である。

※100927 撮影  JR奥羽北線2008M.

夏の終わり

イメージ 1

 当地での
小中学校の
夏休みは
今日 25日まで。

 全国的には
8月末日までのようだが
一足はやく「秋授業」が
始まる。

 といっても、
今は年間を通して
上期・下期の二学期制。
 夏休み明け イコール二学期では
無くなってるんだよね。

 暑い夏だったけど、
夏休み期間を通して
彼の五能線「リゾートしらかみ」は
三姉妹がフル稼働。
 利用者の思い出づくりに
一役買っていた

 従前の 40・48系DC改で残る
三女「クマゲラ」のハイブリッド化は
いつになるのだろうか。

 ※160613 撮影  JR奥羽南線での「橅」 訓練運転の模様。試9436D。.


思い出の 大曲花火臨

 昨日に続いての
大曲花火臨の話題なぞを。

 当日限りながら
入線車両が注目されるのだが、
14年の花火臨には
驚いた。

 ナンと 485系T編成が
登場したのだった。

 思えば、99年改正で
「こまくさ」が(特急としては)消えてから
奥羽南線での15年ぶりの邂逅だった。

 [新ニイ]の485系の終焉を飾る
ニクい演出だったのだろうか。
 文字通り、最後の南線入線だった。

イメージ 1


※140823撮影  JR奥羽南線9410M。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事