世界一HAPPYなサイコパスww

栄光への旅立ち〜からの早くも挫折wwww

啜磨専科

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

啜磨専科@上大岡

 
 
新年始まってしまいました。
 
本年も宜しくお願いします。
 
ブログ更新は思うようになりませんが、
 
相変わらず喰いまくってますw
 
しかも充実しております。
 
昨年は途中で更新が止まった関係で
 
データ全部をアップすることが出来なかったので
 
今年は残念ながら年間ベストを発表することが出来ません。
 
毎年楽しみにしていた年間ベスト麺類。
 
取りあえず、適当に総括したいと思います。
 
他のブロガーさんにも似たような企画している人見かけますね。
 
パクリですかね?ww
 
ある人は昨年は印象に残るラーメン店が少なかったと言い
 
企画内容を縮小した酷い評論家気取りがいますが(笑)、
 
何なんでしょうね?
 
容赦なく斬りまくり、メッタ切り!!
 
気に入らないお店に5回も通うとか(笑)
 
あり得ない。
 
そんな彼の1位は身内のお店でしたwwww
 
手放しで褒め称えております。
 
食べ手側のツボを押さえた優良店なんですがね。
 
私のところでもランクインしてますがw
 
美味しいものが食べたいと言って、
 
インパクトばかりを求めれば飽きが来るに決まっている。
 
料理は嗜好品ですし、
 
特にラーメンはね、好みが大きく分かれるよね。
 
ま、所詮
 
「自分は他人と違って頭がいいんだ」
 
という乗りでブログで自慢したいだけで
 
伝えたいものがないんでしょうね。
 
ラーメンの魅力が理解出来ないということでしょう。
 
単にひっそりDISることが快感なんでしょうな(笑)(笑)
 
そうとしか思えない。
 
だ・か・ら
 
今後はスイーツやとんかつでも食べていればいいよwww
 
そんな奴ほっといて、昨年の記録を紹介します。
 
 
 
2014年度の合計252杯
 
 
 
啜磨専科        17回     前年比同じ
 
G麺7          15回        +7
 
自家製麺SHIN    13回        +9 
 
成            11回       −21
 
大桜           7回        +5
 
はま家          4回        −6
 
るい斗          4回        −3
 
天下一品        4回  
 
きたくり家        4回 
 
支那そばや・本店   4回
 
本牧家・本店      3回        −16
 
 
 
 
 
こんな感じでしたww
 
仕事をしていた上半期は近所が多く、
 
仕事を辞めた下半期は都内が多いんですよ。
 
いろいろと紹介したかったのですが、高齢の親の面倒も見ているから
 
時間はあるのに忙しくて精神的にもストレスが溜まります。
 
なのでブログも放置状態になりがち。
 
落ち着いた時に更新しますわ。
 
今年は既に16杯以上食べてるんでw少しづつアップしますね。
 
今年も宜しくお願いします。
 
続いて新年のレポです!
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
「啜磨専科(すすりませんか)」さんですwwww
 
昨年12月20日から提供されている限定麺を遅ればせながら
 
食べに行きました。
 
一昨日のレポです。
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
啜磨専科の室井仁君の作ったあさり出汁と納豆の味噌ラーメン850円。
 
長い…ww
 
スタッフのムロさんが作った限定麺です。
 
その前に提供されていた味噌つけ麺のタレを引き継いだものらしい。
 
因みに味噌つけ麺は5回もリピートしました。
 
納豆味噌ラーメンとはどんなんでしょう!?
 
 
 
イメージ 4
 
 
納豆味噌ラーメン(略)
 
 
イメージ 5
 
 
お馴染みのモロヘイヤと納豆です。
 
もっと量が欲しいと思いました。
 
 
イメージ 6
 
 
チャーシューは甘味がほんのり。
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
 
動物系と味噌ダレをブレンドしたスープは
 
ややもすると味噌汁ぽいですが、
 
旨味がしっかりと濃厚です。
 
底のほうにあさりのむき身がありましたね。
 
これもいいアクセントでした。
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
自家製の中細ストレート麺は存在感のあるしっかりしたもので、
 
コシ、歯応えとも十分です。
 
 
 
 
 
 
 
 
旨かった!!
 
作りも特に問題ないと思います。
 
後半ネバネバでスープが少なくなりがちですが、
 
大きな不満はなし。
 
喉越しスッキリでも旨味はしっかりした、
 
コクのある味噌ラーメンでしたね。
 
既に2日連続で食べてますww
 
いつまでの提供かは聞きませんでしたが、
 
出来る限りリピートしたいです(笑)
 
寒い冬に温まる味噌ラーメンでした。
 
御馳走様でした
 
 
 
 
 
 
 
神奈川県横浜市港南区上大岡西2−14−15
 
営業時間
 
11:30〜14:30、
18:00〜21:00
 
定休日
木曜
 
 
 
 
 
 
 
 

啜磨専科@上大岡

 
数日前のレポです。
 
今年は夏麺スタンプラリーの開催はなし。
 
ですが、夏の冷やし麺は各店舗でやっているみたいなので、
 
何軒か行ってみることにした。
 
ますは近場のこちらへ。
 
 
イメージ 1
 
 
 
「啜磨専科(すすりませんか)」さんです。
 
久々の啜り!夏メニューが今月3日より始まってます。
 
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
今回は冷たいつけ麺です。
 
開始当初はギバサという食材を使ってたようですが、
 
試行錯誤の結果、じゅんさいと豚軟骨に変わったようです。
 
 
イメージ 4
 
黒ゴマの冷やしつけ麺大1000円。
 
 
イメージ 5
 
 
見た目から、あっさりなのか、こってりなのかは判断出来ませんな。
 

イメージ 6
 
 
お馴染みの鷹の爪、向かって左側奥は豚軟骨です。
 
 
イメージ 7
 
つけダレは動物系清湯と魚介出汁の醤油味がベースで、
 
黒ゴマの風味はあまり強くなんくてほんのりと香ばしっく感じる程度なので
 
サッパリして喉越しがいいです。
 
爽やかな辛さを醸し出す鷹の爪は最早名脇役ですね。
 
じゅんさいはちょっとだけでした。
 
個人的には控えめな胡麻の風味が
 
冷やし中華を食べている感覚と被るのがいいですね。
 
爽やかな美味しさです。
 
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
 
細麺は今回も様々な粉を使用しているみたいで

「手打讃歌(うどん粉)」+「ゆめ飛龍(北海道産地粉)」使用の切り刃22番、
 
流星軒に提供するコラボ麺(とG麺7の鶏節の麺)は同じ麺帯の切り刃18番、
 
G麺7の「冷やしまぜそば」の麺は「麺八州」+「ゆめ飛龍」

だそうですww

もう違いが何か分からない感じですが(笑)、
 
ツルツルした食感でコシの強い細麺。
 
 
イメージ 11
 
 
イメージ 12
 
本当、細麺なのによく絡む麺ですね。
 
しなやかな食感で箸が止まりません。
 
 
 
 
 
 
 
夏に相応しい、冷たいタレにピッタリな細麺でした。

今回も大満足リピート必至でした。
 
ただ、豚軟骨はいらないかな?これは最初躊躇してしまいました。
 
クセのない味わいの冷たいつけ麺で夏を乗り切れそうです。
 
御馳走様でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神奈川県横浜市港南区上大岡西2−14−15
 
営業時間
11:30〜14:30、
18:00〜23:00
 
定休日
木曜
 
 
 
 
 

啜磨専科@上大岡

 
5月に入って更新が遅れがちで、間隔が空くことが多い。
 
レポは沢山溜まってますが、忙しくて思うようにアップ出来ません。
 
本日はようやく落ち着いたので、更新したいと思います。
 
最近のレポです。
 
 
イメージ 1
 
 
「啜磨専科(すすりませんか)」さんです。
 
お馴染みのお店ですが、
 
現在提供している限定麺、水出し昆布つけ麺の味噌Versionが販売されてます。
 
4月2日から150食限定だそうですが、先週行ってきましたら
 
未だありましたので頂きました。
 
実は最近、髪型をスキンヘッドにしており(笑)今現在は少し伸びてきましたが、
 
後藤氏驚くかと楽しみにしてましたが、不在でした。
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
基本はつけダレに梅酢風味を効かせたものですが、
 
味噌味にはそれを抜いて生姜ダレを入れてるそうです。
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
水出し昆布つけ麺味噌Version大1000円。
 
 
イメージ 7
 
 
メンマに着いてるのはモロヘイヤかな?
 
 
イメージ 8
 
 
先ずはこの塩に漬けて食べる。
 
堪りませんな!出来れば別皿で提供してほしいけど。
 
 
イメージ 9
 
 
比較的に円やかな味噌ダレに生姜ダレの旨味が加わり、
 
クセを和らげるので最後まで飽きさせない味わいですね。
 
旨し!
 
 
イメージ 10
 
 
うどん粉である道産子Uという地粉に、
 
ゆめ飛龍という北海道地粉をブレンドして
 
味噌味に相性のいいコシのある細麺にしたそうです。
 
 
イメージ 11
 
 
イメージ 12
 
 
しなやかで滑らかな細麺は汁をよく掬いますね。
 
 
 
 
気品のある醤油味よりも気に入りました。
 
何か個人的には味噌味のほうがクセがないように思えたのですが。
 
細麺は相変わらず素晴らしい出来でした。
 
細麺のつけ麺は今後も追及したいと思います。
 
G麺7の牛骨は終了しましたが、
 
これはいつまでなのか未定ぽい。
 
最近は営業時間が変更になったりしてますが、
 
夜の部の終了が早くなってますのでお気をつけ下さい。
 
御馳走様でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神奈川県横浜市港南区上大岡西2−14−15
 
営業時間
 
11:30〜14:30、
18:00〜21:00(20日まで)
 
定休日
木曜
 
 
 
 
 

啜磨専科@上大岡

 
 
イメージ 1
 
 
「啜磨専科(すすりませんか)」さんで、
 
19日より新たな限定が始まっているそうなので
 
訪問しました。
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
昨年、販売された限定が多少のアレンジを加えて再登場しました。
 
69、飯田商店にインスパイアされたスタイルのつけ麺。
 
 
イメージ 4
 
 
そして、どうやらこれらのサイドメニューはレギュラー化されたのか!?
 
アブらー麺が終わっても残ってますね。
 
 
イメージ 5
 
 
水出し昆布のつけ麺並950円。
 
数時間前にカツカレー80gを食べてるので、控えめにしました。
 
 
イメージ 6
 
 
一工夫を加えたつけダレ。
 
 
イメージ 7
 
 
見た目は鷹の爪が増量されたかなという感じですが、
 
殆ど変りませんね。
 
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
 
今回はガゴメ昆布と、羅臼昆布、真昆布をブレンドした水出し式になってます。
 
汁の量が少ないのでやや解し難い。
 
 
イメージ 10
 
 
つけダレには梅風味を加えたそうですが、あまり分からないな。
 
なんとなくそんな風にも感じるけど、
 
鷹の爪の味わい深さが被ってしまってるのかも?
 
でも美味しいです。
 
変わらぬ安定の美味しさ!
 
 
イメージ 11
 
 
まずは塩だけで頂く。出来れば別皿でじっくりと頂きたいけど無理だろうな。
 
もし実現したら塩だけで食べてしまうかも知れないほどに、旨い。
 
 
イメージ 12
 
 
イメージ 13
 
 
ツルンツルンの中細?麺の舌触りは最高ですね。
 
箸の止まらぬ旨さ。
 
 
イメージ 14
 
 
折角、セルフチャーシュー丼の魅力に嵌っていたほどの美味しさですが、
 
ビールのつまみにもいいだろうなw
 
アブライスの登場でセルチャ丼は封印か!?
 
 
イメージ 15
 
 
アブライス200円。
 
上品な和風の味わいは堪りませんな。
 
最強のサイドメニュー!!
 
アブライスがレギュラー化したら選択肢が増えて嬉しい悲鳴です。
 
 
 
 
 
 
復活の水出しも安定の美味しさでした。
 
今回もかなりお世話になるでしょう。
 
3月下旬に開始が予定されてるG麺の牛骨塩ラーメンも楽しみ!
 
御馳走様でした。
 
 
 
 
 
 
 
神奈川県横浜市港南区上大岡西2−14−15
 
営業時間
11:30〜14:30、
18:00〜23:00
 
定休日
木曜
 
 
 
 
 
 

啜磨専科@上大岡

 
 
昨日の夜。
 
G麺の後は予定通りこちらに…ww
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
「啜磨専科(すすりませんか)」さんです。
 
先月13日に復活した限定、
 
モチ豚背アブらー麺の塩Versionを食べるのが目的でした。
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
 
(昼の写真ですいません)
 
昨年の10月以来の復活ですが、
 
今回はモロヘイヤライスも追加されました。
 
食券が消えない理由が分かりました。
 
魅惑のアブライスも復活してます♪
 
昨日の18時半過ぎに訪問。
 
先客0、後二名。
 
店員3名はただ突っ立ってて暇そうでした。
 
背油〜麺の食券購入して塩味をコール。
 
店員さんは自分がG麺で味噌食べてきたこと知らないだろうなww
 
最初、顔見た時ひとりがニヤっと微笑んでたので情報が入ったかも?
 
 
イメージ 4
 
 
モチ豚背アブらー麺塩味850円。
 
 
イメージ 5
 
 
禁断のモチ豚背アブライス200円。
 
実は数日前にこれらを食べており、早くも禁断症状が出ていたのですw
 
 
イメージ 6
 
 
鷹の爪、刻み玉葱、ほうれん草、三つ葉、モロヘイヤなど。
 
 
イメージ 7
 
 
豚チャーシューは厚みがあります。しなやかで美味しいです。
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
 
見た目はいかにも塩らしい透き通ったもので、大量の背油が浮いてます。
 
鶏出汁のドッシリした味わいをベースに繊細な塩味が効いてる感じのスープ。
 
背油の甘味から来るクドくない程よいコッテリ感に
 
塩味の慈しみ深さが印象的でとても旨いです。
 
今回追加された具の、モロヘイヤもいい味出しており印象的です。
 
醬油味よりも分かりやすいし、塩味の良さが活かされた味わいだと思います。
 
自分は塩のほうが好き。
 
 
イメージ 10
 
 
自家製の太麺はG麺の開業当時のものを使っており、
 
あちらに合わせたようです。
 
プルンプルンの抜群の歯応えの良さで、
 
ちょいコテ円やかスープに相性がいいですね。
 
箸が止まらん旨さです。
 
 
イメージ 11
 
 
 
魅惑のアブライスですが、
 
アラレの和風感、控えめな味わいのタレ、油感が織りなす
 
上品かつジャンクな味わいが堪らんですw
 
肉がなくても食が進みまくりです。
 
止められんわ。
 
 
 
 
 
 
昨年は未食でしたが、自分の勘違いで塩は販売中止だと思い込んでましたが、
 
今回の初チャレンジで嵌りました。
 
啜磨らしい塩味ですが、正油ラーメンの裏塩やG麺7の塩よりも好きかもです。
 
これまた食べたい〜。
 
いつまでの提供かは未定ですが、リピートします。
 
正油なんかより全然いいね。
 
なんかお腹いっぱいだなあw
 
御馳走様でした。
 
 
 
 
 
神奈川県横浜市港南区上大岡西2−14−15
 
営業時間
11:30〜14:30、
18:00〜23:00
 
定休日
木曜
 
 
 
 

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事