とある京都サンガサポのツブヤキ

角田、33にもなって何やってるんだ・・・

全体表示

[ リスト ]

初めてのDAZNと福岡戦

福岡戦、DAZNで見ました。

福岡戦の前日の土曜に申し込んでさっそく千葉と名古屋の試合を観戦。
この時は特に止まることもなく、
「うわー千葉、いいサッカーしてる・・・」とか思いながら快適に視聴できました。

で、翌日。
肝心のサンガと福岡の試合。

キックオフからずっと普通に見れて、
35分くらいに1回止まってあの丸いのが回ったんですがそれはすぐ治りました。

前半のトラブルはこれくらい。

ただ後半は最初の20分くらいで4、5回止まることがあって、丸いやつ回りまくり。
おかげで菅野のファインセーブのシーンが見れなかったです。

後半の半ばくらいから試合終了までは普通に見れましたが、
どうもリアルタイムでやってる試合より、1分か2分遅れてたようで。

時折、速報サイトとか見ながら視聴してたんですけど
画面の中ではまだ投入されてない大野が、速報では交代出場してピッチに入ってることになってるし。
こちら側の環境で遅れが発生するってことなんだろうか・・・?


と、まぁこんな感じですかね。


評判通りいろいろとアレですが、
それでもまぁ当初の予想よりはまだ酷くなかったかな・・・というのが自分の感想。
どうしても開幕節の件があったので
もっとしょっちゅう長い時間止まったりするのかと思ってましたw

自分の場合は家にスカパーは付けられなかったので
昨年までアウェーの試合はほとんど見れなかった分、
トラブルはあるにせよ見られるようになっただけいいかなと思えてしまう部分があると言いますか。

逆にスカパーで見てた方はとんでもなく不満だろうな、と察しますけども・・・。


さて、
DAZNの話はこれくらいにして福岡戦ですけども・・・


正直な感想としては、
開幕節・第2節よりはマシになったかな・・・くらいのものですかね。

でも、
スコアは1−2ですけど1−4か1−5くらいの現状の力の差は感じました。

やるべきことが明確で、選手もちゃんとそれをやっているチームと
そうでないチームの差が分かりやすく出てた試合という印象。

そして過去にいた選手にきっちり得点を許すサンガの伝統芸。
・・・ホントに何でこれ毎度の様によくやられるの?


相変わらず手詰まり感の漂う攻撃陣ですが
マシになった点としては初スタメンの小屋松がかなり走り回ってくれたので
他の選手のプレーにも余裕を与えてくれたという感じ。

今まで皆無だった追い越す動きとか、
仙頭の初ゴールのようなああいう飛び出しとか見れて、
何か少しはサッカーらしくなったなぁ・・・って。
サイドからいい形でクロスを上げるシーンも増えましたしね。

ただ、そのサイドからのクロスの精度は両方ともに低いし、
そもそも中に大黒以外は枚数いないから可能性も低い。

あと、3枚のFWで1トップ2シャドーにしても頂点が大黒だと機能しないと思いますよ。
特に縦にポーンと長いボール入れても収まらないわけだし。
大野投入したあたりからは結構押せ押せになってただけに余計に引っ掛かりを覚える。

もちろん大黒の決定力は捨て難いわけですけど、そのシュートを撃つシーンがないですからね。
どうしても大黒使いたいなら
彼がフィニッシャーとなれるようなやり方をしないといけないわけで。
その辺、布部監督はどう考えてるのかな・・・。

今回はオリスが怪我でベンチ入りも出来なかったわけですが
正直、アレだったら大野をスタメンさせてた方がまだ勝つ可能性が少しは上がったと思う。

で、
過去2試合よりマシになったとはいえパス回すのにも四苦八苦してるし、
無理なパス通そうとしてパスミスしたりトラップミスしたりで奪われて・・・の悪循環は健在。

多分、サンガサポのかなりの人が感じてると思うけど
こんなにいろいろと問題あるのに3−4−3にこだわる必要あるのかな?って。

それが最大の疑問ですわ。


これで1勝2敗。また負け先行。

次は岡山戦。
何とか2勝2敗の五分に戻して西京極に帰ってきてほしいけど・・・。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事