モモとクーの徒然草

さようならモモ、そしてありがとう

さよならモモ

 東日本大震災以来の投稿になります。

昨日、このブログのタイトルにもなっている我が家の愛犬”モモ” (♀13歳)が亡くなりました。

(ブログは休眠状態ですが)モモの追悼と今までの感謝の気持ちを込め、筆をとらせて頂きました。


 本題の前に

愛犬”クー”についても少し触れておきたいと思います。

実はクーは5年前の2月にすでに亡くなっております。(享年7歳♀)

当時、私は仕事の関係で山形に引越したばかりでした。

慣れない仕事と職場環境で体調を崩しました。

(言い訳がましいですが、ブログ休眠の理由でもあります。)

そんな時、母からクーの突然「死の知らせ」を聞かされた時はとてもショックでした。

(あの当時、愛犬の死をブログに書くというような気力はなかったと思います。)


 それでは、モモについて近況も合わせ書かせて頂きます。

モモは我が家に来て以来、母と二人で12歳まで札幌で過ごしました。

(私は仕事の関係で、札幌を離れて生活している事が殆だったので)


 そんな母とモモの生活に去年、転機が訪れました。

横浜に住んでいる兄から、「母を家に迎え入れたい」という話が突然出ました。

母は病気もなく、元気だったものですから、その事について今まで自分は考えもしませんでした。

しかし、高齢者(77歳)の一人暮らしは何かと心配です。

母としては、土地勘もない場所で、知り合い、兄弟から離れて暮らす事についてとても悩みました。

しかし、自分の体が元気なうちに兄の家に行く事を決心しました。

そして2014年7月に母とモモを連れて横浜に行く事に決まりました。

 私の中でのもう一つの心配事と言えば...

モモ(12歳)に「移動に耐えれるだけの体力があるか?」不安でした。

何故かと言うと、春に子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)とい病気になったからです。

生まれて初めて、さらに高齢での手術でした。

モモの頑張りもあって手術は無事成功し、生き長らえる事ができました。

 横浜までの移動手段について考えました。

飛行機の移動ですと、母にとっては移動時間が少なく、体への負担も少ないです。

しかし、モモには飛行機の貨物室での移動になります。

気圧差の激しい乗り物での移動では、体への負担が大きいと感じ、

小さな犬種(チワワ)のモモにはとても耐えられないと思いました。

 そこでいろいろ考えた結果

(時間はかかりますが)車とフェリーを使い、横浜まで移動する事に決めました。

それでも車やフェリーでの長距離移動は、モモにとっては初体験なうえに負担が大きいです。

しかし、それが一番ベターな方法だと思いました。

 そして引越し当日

数日前から兄が先行して札幌に来て、母の引越しの手伝いをしておりました。

私も休暇を取り、仙台空港から新千歳空港へと向かいました。

 引越し荷物搬出完了後、兄が母の車を運転し新千歳空港へと向かいました。

兄は新千歳空港へ着いたら、私達の受け入れ準備のため、飛行機で先に家に帰ります。

そのため新千歳空港からは、私の運転で苫小牧フェリーターミナルへ向う段取りとなっておりました。

心配した交通トラブルもなく、予定通りみんなと合流できました。

4ヶ月ぶりのモモとの再開でした。

術後で体力の消耗が心配でしたが、モモの元気な顔を見て少しホットしました。

 フェリーターミナルへ向かう途中で、”ウトナイ湖”に立ち寄りました。

ここはバードウォッチングができる湖です。

フェリーに乗れば、モモにとっては、北海道の地を2度と踏む事はもうありません。

そこで母と一緒に北海道最後の記念撮影をしました。

イメージ 1

 フェリーターミナルに到着し、無事乗船手続きを終えました。

モモは私達にとっては家族です。

しかし、フェリー会社の規約上、ペットは”荷物”扱いです。

ペット用のゲージがある部屋に預けなければいけないルールです。

ゲージに入れようとすると、とても緊張してました。

夜は入口のドアに鍵がかかるため、ペットの様子を見に行く事ができません。

モモと離れて寝るのは心配でしたが、フェリーでの一夜を我慢して過ごしてもらいました。

夜の海は凪が穏やかでした。

これなら大丈夫かなと思いました。

 一晩が過ぎ、午後定刻通りに大洗フェリーターミナルに到着しました。

モモは一人で夜を過ごしたせいか、少し元気がない感じでした。

(いつもなら母と一緒にベットで寝てますから)

しかし、フェリーの移動さえクリアすれば、あとは横浜の兄の家までもう少しです...

母とモモの横浜での新しい生活がもうすぐ始まります。

イメージ 2
横浜の兄の家での新生活

新しい家では、環境の変化のせいでしょうか?

以前のようにトイレを覚える事ができず、何度も粗相し母を困らせました。

歳のせいなんでしょうか?

「札幌の家から無理やり連れて来られたんだから、それくらい勘弁してください。」

モモはそう思っていたかもしれません。


 そして月日は流れ...

イメージ 3
2015年のお正月を無事迎える事ができました。

 
 そしてさらに月日は流れ...

 今年5月に横浜へ遊びに行った時のモモの写真です。

イメージ 4

お正月に会った時よりも、かなりヨボヨボした歩き方になっておりました。

なんだか急激に体力が衰えた感じです。

目もあまり見えていない感じです。

4ヶ月でこんなに様子が変わってしまうものかとと驚きました。

 それでもいつものように散歩に連れて行きました。

家の目の前には川が流れており、遊歩道になっています。
イメージ 5

春には川沿いにソメイヨシノが咲きます。

5月になると鯉のぼりの吹流しが見られます。

ジョギングしている人、犬を散歩に連れた人達を沢山見かけました。

しかしモモは自力で歩く事が殆ど出来なくなっておりました。

私はいつもの赤いバックにモモを入れ、一緒に遊歩道沿いを散歩しました。

モモもバックから顔を出して、興味深く景色を眺めておりました。

イメージ 6

春になり暖かくなったせいか、モモの顔が気持ち良さそうに見えました。

(体調が悪い時は、まったく顔を出さない時もありました)

次にモモと会えるのはお盆休みの予定です。

その時はまた一緒に散歩できるかな...

そう思いながら自分の家に帰りました。

しかし次にモモと会う事は叶いませんでした。

 
 2015年 6月27日 午後8時30分

 モモ ♀ 永眠

 享年13歳

兄から電話でその知らせを受けました。

朝、母と話した時には体調が悪いと聞いてなかったので、

突然の訃報にビックリしたのと同時に、まだ現実を受け止められない感じでした。

電話越しから母が泣いているのがわかりました。



 最後に

モモと出会ってから13年経ちました。

私や母、亡くなった親戚の叔父さんとは本当の家族同様の付き合いだった気がします。

そして母が横浜での生活に慣れるまで、モモが一緒に居てくれた事にとても感謝しております。

きっと本人も亡くなるまでの最後の1年は、母と一緒にいたい気持ちで頑張ったんだと思います。

 私自身、モモには長い間とても癒されてきました。

病気で仕事が出来なくなった時期に飼った犬だったせいかもしれません。

こうして今社会復帰できているのはモモやクーのお陰だと思っております。

 またオフ会、HP、ブログを通して沢山の方々と知り合いになるキッカケを作ってくれた犬でした。

 モモやクーとの思い出は沢山あります。

しかし、この場ではとても語り尽くす事ができません。

※私に限らず、ペットを飼ってらっしゃる皆様は、きっと沢山の思い出をお持ちなんだと思います。

私も沢山ある思い出の中から今回、最も印象に残った出来事として皆様に紹介させて頂きました。

書いて思いましたが、「愛犬の死」について文章化する作業はとても難しい事だと改めてわかりました。

(自分の淋しい感情とは反対に、文章では客観的に説明しなくてはいけないものですから)

 今後は、今まで撮り貯めた写真を整理しながら、当時の記憶をまた思い返したいと思っております。

まだ昨日亡くなったばかりなので、モモの死を受け入れるにはもう少し時間がかかりそうです。

それについては、<楽しい思い出>として時間が解決してくれるだろうと思います。

まあ、きっと、たぶん、モモは天国でクーと再開していると思います。

モモ、クーいままでありがとうございました。

本当にお疲れ様。

























 

 

その他の最新記事

すべて表示

年末・年始の過ごし方3

2009/1/18(日) 午後 0:02

 年末・年始の最終日は、家族と小樽に出かけました。 小樽は家から近いので、車から降りて通りを歩く事はほとんどありません。 今回は観光客気分になったつもりで、カメラ片手に散策しました。 寿司屋通り〜堺町通りは観光客で賑わいます。 今回、初の試みですが Googleマップ の ストリートビュー をリンクしました。 これを ...すべて表示すべて表示

2009年最初のご挨拶

2009/1/5(月) 午後 10:10

「モモとクーの徒然草」へ遊びに来てくださる皆様へ    みなさん、明けましておめでとうございます。 いよいよ2009年がスタートしました。 昨年の世相は漢字で表すと「変」と表現されておりましたね。 今年はいったい、どんな文字があてはまる年になるのでしょうか? ニュースなどを見ていますと、去年よりもいっそう厳しい世の中になりそうな感じがします。 ...すべて表示すべて表示

2008年最後のご挨拶

2008/12/27(土) 午前 1:24

 2008年もまもなく終わりです。 今年も「あっ」という間に駆け抜けた感があります。    <2009年(丑年)>を迎える前に「今年あった出来事」を振り返ってみると 北海道洞爺湖サミット開催 北京オリンピック開催 福田内閣から麻生内閣へ交代 ガソリン価格高騰 中国冷凍餃子問題 食品偽装表示問題 サブプライム問題 社会保険庁 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事