ひとりごと

ご訪問、ありがとうございます☆

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全660ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2月25日

眼の具合があまり良くないので、自宅でゆっくりしていました。

滅多に自宅に居ることは無いのですが、こんな時のあるあるで、電話が鳴ります。

出なくても良いのですが、一応出てみます、
名前は名乗りません無言で。


予想通り、
T電力のアンケートだそうです。

もう二度目ですから、
こちらにも対応があります。

大体T電力である、と言う情報が本当かどうかわからないのですから、
ちゃんと答える必要もありません。


いきなり質問が始まります。
全部で1分ほどで終わります、って
結果的に終わったのは少なくとも3分はかかっていましたネ。

・電気料金が10,000円以上の方は*番をその他の方は*番を。
・この電話を取られている方が奥様なら*番をご主人様なら*番を
 その他の方なら*番を。
・給湯器を設置している方は、*番を、設置していない方は*番を。
・給湯器をお使いの方で、エコキュートをお使いの方は、*番を、
 その他の方は*番を。

最後に・・・なんたらかんたら





なんて、この前と同じようなことを聞くので、

こりゃ、ちょっとからかってみよう、ってことで、
全くデタラメを押してみました。

今回は、薄謝の件はなく、早口での質問が終わり、勝手に電話は切れました。

これがもし、本当にT電力からで、そしてこれがなにか国会で議論の対象になるようなデータ処理されるのだったら、これは(アンケートの)やり方を考えた方が良いかもしれませんネ。

と思った次第。

あ〜〜〜、自宅で休んでいても、静かに寝てもいられない・・・





今日の夕食は、
頑張って作りました。

眼の不具合とは関係なく作れます。

ガスや電器が頑張ってくれるだけですから。

昨日、お箏の先生のお宅にお邪魔した際に、
桃の節句だからと、ひし餅を手作りされたとかで、一セットいただきました。

イメージ 1



昨年までは、先生ご自身の手作りだったそうですが、
今年からは、津田沼にいらっしゃるお嬢様(お嬢様もお箏の先生)にレシピを伝授されたとかで、今年のひし餅はお嬢様作だそうです。

で、いただいたので、このお餅を使ってお雑煮です。

それに、季節の素材で炊き込みご飯、
シャケが特売だったので、ホイル焼き、
こんな献立です。


イメージ 2





この記事に

開く コメント(0)

2月24日

午前中、歯医者さんへ。

歯石をとってもらいます。

今日は、下の部分だけでしたので、一週間後、上も処置していただきます。


そして、午後は、お箏のレッスン日。

先生のお宅の梅は満開では無いですが、段々と咲いてきました。

イメージ 1




夕食は、油淋鶏です。

イメージ 2



我が家の油淋鶏は、あらかじめ鶏肉を醤油や調味料に漬け込んで、
片栗粉をまぶして揚げ、タレは、
刻みネギに醤油、ごま油、酢、醤油にハチミツ、そして輪切り唐辛子を加えてあります。

今日は、その輪切り唐辛子を第二シェフが袋のまま容器に振り込んで、
袋の半分くらいが入ってしまったので、タイヘン!! 

それはそれで、ピリッとスパイシーでしたけど。




今日は、体調がイマイチ。

眼がヘンなのです。

見えないものが見える、というか、
右目が濁って見える、というか、

これも疲れからきているのかな。


ブログなんか書いている場合じゃないかも・・・





この記事に

開く コメント(0)

2月23日

お昼休み、ゆっくりしておりましたら、お客様です。

以前在籍していらした方です。

色々とおしゃべりして帰って行かれました。

お土産にいただいたのが、春の香り。

イメージ 1

イメージ 2




おいしいお茶を入れていただきました。

イメージ 3



ケーキも良いけど、

このような和のお菓子もほっこり落ち着いて良いですね。










この記事に

開く コメント(0)

2月22日

帰りの電車、いつものようにホームに到着したら、
一番前に車椅子に乗っている人がいました。

車いすの人が電車に乗るには、この頃では、車両に渡し板みたいな道具
があり、今回も車掌さんがソレを持ってくるものだろうと思っておりました。

電車がホームに入ってきたら、
その車椅子に乗っていた男性が、車椅子から自力で下りて
車椅子の横にしゃがんで待っています。

イメージ 1



この時点でアレッと思いました。

歩けないんじゃないの?

で、電車が止まり、皆が電車に乗ります。
その人は立ち上がり、自分で車椅子を押して自分の足で電車に乗ります。

乗ったら、座席に座らず、車椅子に自分で腰掛けて、本を読んでいます。
数駅過ぎて、降りる駅になったのでしょう。

読んでいた本を閉じて車椅子から立ち上がり、自分の足で車椅子を押しながら、
自力で下りて、ホームに車椅子を降ろしたら、

また車椅子に乗っかり、自力で車椅子を動かしています。


電車は発車し、ワタクシの視界からその光景は過ぎ去っていきました。

さて、今、目の前で見た光景は何だったんだろうか。

ただ、どこかへ車椅子を運んでいただけの人???

毎日不思議なことだらけ・・・

ま、どうでも良いことですけど、ネ。





この記事に

開く コメント(2)

気をつけよう!

夕食を食べた後、ゆっくりしておりましたら、
自宅の電話が鳴ります。

イメージ 1




ウチは、ナンバーディスプレイでは無いので、出てみるまで誰からの電話かは不明です。

パソコン教室の会員さんかもしれないし、
色々と困っていらっしゃって自宅にまで電話をかけてこられているのかもしれないし、
(そんなことは、今まで何度もあったから)
とりあえず、電話が鳴れば出てみます。


それでも、
「もしもし、」と言うだけです。名前は名乗りません。

そしたら、相手は、
「ビデオリサーチインタラクティブニールセンデジタルなんたらかんたらの○○です。」と。

誰だろう?って思って黙っていたら、
「パソコンやモバイル、スマホに関するアンケート調査にご協力ください。」だと。

協力するかどうか、考えていたら、
「すぐに終わりますので、」と のたまう。

こちらの電話番号は、下四桁を自動合成させているので、
当方がどこの誰だかはわからない、と言う。

自動合成、って言ったって、ネ、
市外局番も押さなければ、電話はかからないのよね。

何かの情報を見てで電話していることは明白ですね。
あれこれ次から次へと聞いてくる。


自宅および職場でパソコンを使っているかとか、
そのパソコンは専有か共有かとか、
OSはWindowsかMacかとか、
週に何回インターネットを見るかとか、
ネットはどの会社と契約しているかとか・・・

こんな質問、ただの主婦なら答えられないかも、ネ。


すぐに終わる、って言ったって、30分も。

耳が痛くなっちゃいましたよ。

ワタクシは、基本、電話が嫌いなので、長電話、一番の苦痛です。

「最後に」と来た。

「今後、定期的にこの調査にご協力願えませんか。
こちらからお送りするDVDをインストールしていただいて、
簡単な質問にお答えいただきます。
薄謝ではございますが、お礼もお支払いします。」

はは〜、コレが本題か。

段々、怪しくなってきた。

何か送ってくれる、ってそれ、こちらの個人情報丸見えじゃない。
それに、薄謝、振り込んでくれる、銀行口座丸見え。

働かないで、報酬が得られる、
そんなうまい話はアリマセン。


早々に電話は切るべきでした。
ま、こちらの個人情報はまだしゃべっていないけれども。

危ない危ない。
皆さんもお気を付けあそばせ。







この記事に

開く コメント(0)

全660ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事