ひとりごと

ご訪問、ありがとうございます☆

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全688ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

お教室でお箏のレッスンをしてくださっている増田先生の
ライブコンサートが次の日曜日の午後、開催されますので、

ご都合のつく方は是非いらしてくださいませ。
私の教室、アカデミーパソコン倶楽部市川校が主催の演奏会です。


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

日時:2018年8月19日(日)15:30〜
                                   (開場は、15:00〜)

場所:しまやカフェ 下図参照

入場料:¥2,000


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

イメージ 3


イメージ 4




このしまやカフェさんで開催するにあたって、
色々とあったのですが、

ま、最終的には、しまやカフェさんのロゴマークが「ペンギン」であること
も、大きな理由です。


店内は、バリアフリーになっていて、車いすも全然OKです。
お手洗いなども車いす対応となっておりますので、どなたでも
お越しいただけます。

このどなたにでもやさしい、だれでも利用できる、といったところが、
演奏者の箏の先生が大変お気に召された、理由だと思います。


で、私 sunakobo は、何ができるか、考えました。

これは、やはり、ペンギンで応援するしかないでしょ!


当日、皆さんのお茶受けにと、
考えて今日の午後、ペンギンクッキーを焼きました。

イメージ 1


ひとつ、味見!  なかなかオ・イ・シ・イ !! ←自画自賛

イメージ 2


まだ数が足りていないと思いますので、明日も続きを焼きます。
当日おみえになる方は、どうぞお楽しみにしていてください、ネ。


お越しいただくには、事前予約が必要です。
(椅子を人数分用意する必要があるため)

お教室までご連絡ください。

夏休みですが、sunakobo 教室に詰めております。








この記事に

開く コメント(1)[NEW]

アリャ〜〜!!

今日は、ほぼすべてのところがお盆やすみ、
または夏休みであるにもかかわらず、

ここは営業しています。
パンフレットにでも使いたいような、いい写真が撮れました。

イメージ 1



28日ごとの検診日。

いつものように、体調を聞かれ、

いつものように、お薬を処方してもらい、

そして、いつものように、薬局でお薬をもらい、

です。





病院へ行く前に、ちょっと用事があって、

街中へ出たのですが、

信号待ちで、直射日光はあまりに暑いので、
このま〜るい柱に寄りかかって、

イメージ 2


イメージ 3




青信号になるまで待っておりました。

で、青信号になって、渡ろうとして一歩踏み出そうと思うのですが、
体が前に出ません。

誰かが、腕というか、服の袖を引っ張っているのです。

誰??

ナント、

このタイルの目地がこの気温で溶けてしまって、

そのベタベタが、着ている洋服と二の腕にベタ〜〜〜っと
くっついてしまい、進もうとした反動で、引き戻されました。

気合を入れて、ヨイショ! って柱から離れました。

まるで、マンガの一シーンみたい、

こんなことってあるんですね。


炎天下の交差点で一人、「バッカみたい・・・」ってボヤきました。

あとで、鏡で二の腕を見ると、
なんだか工事現場のペンキ職人みたいにみごとにベタベタがくっついています。

洗面所で、二の腕は住まいの洗剤つけて、タワシでゴシゴシで何とか落ちましたが、
さて、着ていたお気に入りのジョーゼットの洋服は、どうなることやら。

洗っても落ちないかも、ネ。



この記事に

開く コメント(0)

がま口、出来たよ!

夏休みで暇があるので、

パソコン教室の他校さん(同業他社さん)
がどんなレッスンをされているのか、
ネットでのぞいてみました。

初めのうちはプログラミングの講座がどうなっているのか、
を調べたかったのですが・・・

あれこれみていましたら・・・



そうしましたら、ナント!
意外と、「がま口レッスン」というのが目についてしまいました。

がま口、ってあの小銭をいれるオサイフのことです。


口金をつかって、あとは布地を切ったり貼ったりして、作るらしいです。
で、これは面白そう!



ということで、ワタクシsunakoboもやってみました。
「縫う」という手順がないので、工作感覚です。


少し前から、お箏倶楽部の爪入れを金襴の布で縫って作ろうと
考えていたのですが、
口金があれば、より簡単にできるかもしれない、という思いもありました。

ネットで口金を売っているお店を色々と検索してみました。

で、出来上がったのがコレ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6





布地は、英国産、リバティプリント地を使用しています。

生地が薄いので、ハードな接着芯と、
それからフェルトタイプの芯地を貼っています。

初めての作成なので、ボンドを乾かしたりで、2日ほどかかりましたが、
慣れれば、小一時間ほどで完成すると思います。

こんなものが自分で作れるなんて、ネ、ちょっと感激!



お箏倶楽部の生徒さん方、ご自身の爪入れにどうでしょう?

イメージ 7

イメージ 8




印鑑入れとしても、使えそう。

イメージ 9




ご希望の方にはレッスンして差し上げますよ〜!

材料費は、¥1,000程度で仕上がります。

どうぞ、お問い合わせくださいませ〜。






この記事に

開く コメント(0)

8月12日

午前中、美容室、
いつものように香草カラーと前髪のみのカット。


で、午後は、

この駅にあるホールへお出かけ。

イメージ 1




駅前にはモーツァルト像があり、

イメージ 2



そして、駅から数分歩くと、ココに到着。

イメージ 3

イメージ 4



今日のコンサートは、これ。

イメージ 6




尺八のみのアンサンブル、集団名は十哲(じってつ)と言います。

ある雑誌で、このコンサートのことを知ったのですが、
今回で、もう定期演奏会は26回目だそうで。


とにかく聴いてみないことには、
ってことで、行ってみた、ということです。


なかなか完成度の高いコンサートでした。
で、終了後、演奏者の一人に聴いてみましたら、

アマチュア集団だと言うこと。


で、帰宅してから、ネットで情報を見てみました。



自分が今までお箏を習っていて、
いつも伴奏で尺八の演奏を聴いていたにもかかわらず、
今日、初めて尺八の穴が4つしかないことに気づいたのです。

それは、今日のコンサートで作曲者の方が色々とお話をしてくださって、
作曲の苦労するところが、この穴が4つで出せる音を考えるのが大変、
と言うことを聞いて。

両手で楽器を持っているので、
当然前面に8つ穴があるものとばかり思っておりました。


今日のプログラムは、古典有り、現代曲有り、アニソンあり、昭和の懐メロ有り、と
どなたにでも合うように構成されていて、
飽きること無く最後まで聴かせていただきました。






そんな日の夕食。

イメージ 5



定番の手作りコロッケ ・ ・ ・   なのですが ・ ・ ・  

なんと、揚げている内に爆発!

でも、味はいつもと一緒で、
モチロン!美味しかったですよ。



今日も、良い日でした。





この記事に

開く コメント(0)


イメージ 1






土曜日で祝日ですけれども、
午後から用事があり、教室に出向いておりました。

時間は経過し、11時半でまだお昼には早いけれど、
隣の弁当屋さんで弁当を買ってこようと思いました。

早くお昼済ませて、午後に備えなくちゃ、ネ。



さて、お店に入ると、先客が6名、イスに座っている人が4人、
カウンターの前にいる人が2人(たぶん母と高校生くらいの子供と思われる)

で、カウンターには、幕の内弁当らしい包みが5人前くらい入った袋が
6袋置いてありました。

その親子が何かのイベントで頼んだものを取りに来たのでしょう。
で、色々とやり取りしています。


この時点で、弁当を頼むのを辞めようか、と一瞬、思いました。


この人たちの引き取りに時間がかかるかな、と思ったのです。

けれども、まぁ、今日は、待ってみようかと思い、
で、店員とその二人組のやり取りを聞いていたら、

ピンク色は sunakobo 心の声です。

店員「幕の内弁当○○個でいいのですよね。」

母親「はい。」

店「では、合計○○円になります。レシートでいいですか?」

母「領収書を書いてください。宛名は△△で。」

↑あ〜、時間かかりそう・・・

ここで、50歳過ぎと思われる女性の店員さんが
お客の子供の着ているポロシャツに気づきしゃべり始めます。

店「そのポロシャツ、あれですよね、○○の大会の・・・」

母「そうなんですよ。」

店「毎年、このデザインですよね。何年も前から。私たちの時と一緒。」

母「どこの高校ですか?」

店「○○高校です。」

母「ハンドボール?」

店「いえ、違う部です。」

店「あ〜、懐かしいな〜、このポロシャツ、思い入れがありますよね〜。」

母「なんたら、かんたら・・・」

↑おいおい、こんなこと話してる場合じゃないでしょ!


いつまでたっても仕事する気 無いみたいだし、
ま、一時に30人分も売れたんだから、sunakoboの買う一人分くらい売れなくても
大丈夫、ってことか、って思いました。

散々無駄に過ごした数分間ですが、すぐにその会話が終わるとも思えないので、
店を後にしました。

いつもなら、文句の一つも言うのですが、
この頃、年取ってきたせいか、文句言う元気もありません。

こんなこと、初めてじゃないので。

2年くらい前にも同様のことが。

その時は、
お祭りかなんかのイベントでした。

50人、100人単位の弁当の注文が入ったらしく、
厨房内では、パニックもいいところ。

ご飯が炊けていないどころかそのご飯にする米が無いとかの事件の最中でした。
それでも、注文を受け続けているという、全く先の見えないことをしている、
それにひっかかったのです。

sunakoboの注文を頼んでさすがに30分後にはキャンセルし、出てきました。
その際、店のホームページにご意見を書いて送ったのですが、
なしのつぶてでした。


ウィークデーは、まだマシですが、
土日で何かスポーツとかのイベントがあると、
だいたいこの店はパニックになっています。

部外者のこちらとしては、
イベントがありそうなときは、人員を増員して対応するとか、
考えればいいものを、と思います。


前回までは、お店のホームページのご意見欄に投稿していましたが、
投稿しても、何の返事もないので、
今回はあきらめました。

解決策:土日にはこのような店を当てにしないこと、です。

これに限ります。

冷たいけど、どこかのスーパーでお弁当、買いましょう、今日は。





この記事に

開く コメント(6)

全688ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事