ひとりごと

ご訪問、ありがとうございます☆

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全697ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

やっちまったぜ!

パソコン教室の入っているビルは、地下〜5階建てですが、
トイレのある階は、地下1階と2階と4階です。

で、パソコン教室は4階。

廊下の前がトイレです。

トイレの無い階のテナントさんやお客さんは、地下に行くか、2階か4階を使います。
で、2階は男女分かれていますが、
4階は、男女共用です。


外ドアを開けて入った所に
男子小用があり、
その横のドアあけて便座のある部屋に入れるようになっています。


で、困ったことが・・・
女性は外ドアから鍵をかけて入ります、当然ですが。

男性は、オールフリーな場合が多いです、なんでか。



今日も、当然のことのように、休憩時間にトイレに行きました。

次のレッスンが迫っていますから、タイトなスケジュールの中、
手早く済ませないと、ネ。

ドアノブの下の使用中なら赤になるサインを見て、
赤なら、また次回にします。

で、外ドアも青色、
そして中ドアも青色でした。

これは、空いている、って思いますよ、フツー。

ただ、蛍光灯がついていたのが気になりましたが、
前の人が消し忘れているのはよくあることで、

思いっきり中のドアを開けたら、
ナント、ナント!

男性が座って使用中でした!!!

え〜〜〜!!

普通、個室使用中なら、鍵かけるでしょ。
それに、外ドア開けたところで、人の入る気配があるんだから、
すぐにでも内ドア鍵かけるでしょ。普通なら。


赤トランクス、見ちゃいました。

見るつもりはなかったですよ、人がいるなんて思いもしなかったですから。

でも、ですね、使用中なら、鍵かけろ! って思いました、ネ。

「ゴメンナサ〜イ!」って、叫びましたら、
バタンと閉めたドアの中から

「ゴメンナサ〜イ! スミマセ〜ン!」って帰ってきました。


鍵かけ忘れているんだから、マッタク!


それにしても、このビル、変な造りになっているんだから。

困りますね。

あ〜〜〜、ビックリ!

ワタクシ、何も悪くないですよ。




イメージ 1




この記事に

開く コメント(0)

radikoでFM放送を聞いておりましたら、
今日、10月14日が鉄道の日、ということで、
ユーミンのシンデレラエクスプレスという曲が流れてきました。

シンデレラエクスプレスとは



東京発新大阪行き最終便のことなのですが、
当時、学生時代に知り合った相手とは、遠距離恋愛で、

学校卒業したら、
後にオットットとなる彼は、就職して東京、
そして自分は山口県の片田舎に住んでおりまして、

数か月かけて一生懸命旅費を貯めて、東京まで会いに行くのですね。


週末、といっても、当時は、勤務先は半ドンで午前中仕事をして、
午後2時くらいの新幹線に広島から飛び乗って東京に着き、一泊して、
翌日、東京駅発博多行き新幹線の最終便がたしか午後6時頃でした。

それで、広島駅に着いたらJR在来線で自宅近くの駅まで、やっと当日中に帰る、
ということをしておりました。


束の間のシンデレラみたいな時を過ごし、また現実生活に戻るのです。



当然のことながら、親は大反対です、そんな素行の悪い娘に対しては。
大げんかというか、娘に対して完全無視というか。


今、親になって考えてみれば、
娘はいませんけど、やはりそういう態度をとるでしょうね。

嫁入り前の娘がどこの馬の骨かわからない奴に熱を上げて、追いかける・・・
とんでもないですよね。

日曜日の夕方、東京駅 新幹線のホーム上には、
同じようなカップルがた〜〜くさんいました。

カップルによって、新幹線に乗るのが女性だったり、男性だったり。


発車のベルが鳴ると、静かにドアが閉まり、
ゆっくり発車するドアのガラス越しに相手を見て、バイバイしながら、
涙、涙 です。


今日こそ泣くまい、と思っているのに、
電車が動き出すと、後から後から、涙が。

これからまた数か月会えないのです。

その後、結婚して一家を構えることがどれほど大変か、
その時は分かっていなかったのですね。

相手との距離感しか考えていませんでした。







鉄道の日、一気に40数年、思いが引き戻されました。



イメージ 1








この記事に

開く コメント(4)[NEW]

ヨーグルトの試食販売

今日は、土曜日なので、午後、和楽器のお稽古日です。

それが終わって、最寄り駅を降りたら、スーパーマーケットでお買い物です。


一通り、明日の献立の食材(今日のものは昨日買ってある)を求め、
エコバッグに詰め込んだ辺りで、若い女性から声をかけられます。

「ヨーグルト、って食べますか?」って。

「ん? 何かのセールス・・・??」

ヨーグルトの写真が載った下敷き大の一覧表を見せられて、
どれを食べたことがあるか、聞かれました。

全メーカー、ほぼ、すべてのものを口にしたことがあります。

そして、今は、抗がん剤を飲んでいるので、カルシウム不足になりやすいので、
毎日の朝食にはヨーグルトは欠かせません。
夜食にも必ず食べるようにしています。


一番のお気に入りは、
森永のアロエヨーグルト、
定番のブルガリアヨーグルト各種も。
明治のR1やLG21もおいしいです。
雪印メグミルクのガゼリも、ネ。


今回のセールスは、

森永の宅配ヨーグルトの「ラクトフェリン入り」だそうで。

飲むタイプと食べるタイプのどちらかを試食できる、そうで。

「どちらか選ばなくちゃならないんですか〜」ってすっとぼけてみました。

できれば、どちらも試食しちゃおう、って思ったりして。

でも、そう上手くはいきませんね、
「では、食べるタイプで。」ってカップに入ったヨーグルトとスプーンを持たされました。

sunakobo、味覚・嗅覚障害者ですから、
味や風味はほとんどわかりません。何とコメントして良いか、考えていましたら、

「マズイですか?」と聞いてこられました。

「イエ、まずくはありません。美味しいですよ。」って答えました。

この商品は、お店には置いてなくて、宅配のみなんだそうで。

我が家は、駅前で、しかも目の前にスーパーマーケットが3軒もあり、
買い物に不自由していないので、宅配、って考えがまずありません。

だいたい自宅にほとんどいないから、宅配、って言われても、困るんですよね〜。
保冷ボックスを設置します、って言われましたが、

宅配後、数時間も取り込まないと、
商品が傷んでしまいますね。


って、ことで今回は、さっさと「食い逃げ」です。

捕まえたお客さんがまちがいでした、ネ。
ゴメンナサイ!











この記事に

開く コメント(0)

教室のパソコンには、はがき作成ソフトの「筆○○○」が入っています。

新しく入会される方で、真新しいパソコンを買ってみえる方のパソコンには、
一番新しいバージョンのハガキ作成ソフトが入っています。



今日もそんな方がお教室に。

旧パソコンの住所録データを移行したり、
住所録の一覧表を印刷する、というレッスンをしておりました。

これらのソフトは年々バージョンアップ版が発売されます。

来年の干支のイラストはたくさん入っているのですが、
困ったことに、住所録の移行が上位互換のみで、
下位互換にはなっていないのです。

旧バージョンソフトで作成した住所録データは新バージョンソフトで開くれど、
その反対はできない。

それがしたければ、とりあえずExcelに落として取り込むしかないのです。



今日は、持ち込みパソコンで作成したデータを教室プリンタで印刷、
ということを考えていました。

会員さんのパソコンには、教室の最新プリンタのドライバが入っていません。

で、メーカーのサイトからドライバをダウンロードしたりしておりましたけど、
印刷が上手くいかないので、
データを教室パソコンにUSBメモリで移動させて・・・

ここで、問題が。先ほどの上位互換ではあるけれど、下位互換になっていない。
「バックアップから戻す」ボタンを数度押しても何も起こりません。

急遽、Excelに落として移行させました。



さて、次に住所録一覧印刷です。

会員さんの前で、住所一覧印刷は、
こうやるのですよ〜、って得意げに説明しておりましたら、

新しいバージョン24では、その前のバージョンまであった、
あのボタンが無い!のです。

かなり、焦りました。でも解決できました。

パソコンにはトラブルつきもの、です。

もう30年近くもインストラクターやってますから、

ほぼすべてのトラブルには別の方法で解決できることを
経験上知っておりますので、何事もなかったようにレッスンをまとめて

終わり! です。

ボケてなんか、いられません、ネ。

イメージ 1




この記事に

開く コメント(2)

勝手な妄想

sunakobo、仕事の帰りに行くスーパーは、大体午後7時前。

今日もそんな日です。
会計を済ませて、スーパーマーケットの入り口で、カートやカゴを元に戻していたら、
そこにベビーカーに乗った子供とそれから5歳くらいの子を連れた
その子達のパパと思われる3人が、カートを戻しに来ました。

おそらく、パパは仕事帰りで、
子供達を保育園からのピックアップの帰りでしょう。



そこで、パパが5歳幼児に言います。

パパ 「今日さ〜、ママ、遅いんだって。」

幼児 「え〜!飲み会?」

パパ 「仕事だって。」

幼児 「ふ〜〜ん、仕事か〜。」




たったこれだけの会話で、このお宅がどんなお宅なのか、
だいたい想像がつきます。

ママが遅い → 飲み会? って聞く  ことから、


ママはフルタイムで働いている。
ママの帰りが遅いときは、どうも職場の飲み会があるらしい。
このようなことは、日常茶飯事らしい。

って、ネ。
マンウォッチングも日々の楽しみです。

って、
会話は本当に聞きましたが、
それから先は、sunakoboの勝手な想像ですよ ・ ・ ・  フッフッフ ・ ・ ・


色んなご家庭があるんですね〜。










この記事に

開く コメント(0)

全697ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事