ここから本文です
sunnysideのブログ
意外に明るい得俵人生

書庫全体表示

肝臓癌を治療して3年が経ちます。
C型を庇護療法中に突然現れた 28mmの肝細胞癌、そのことは以前にも1月17日に
思うでも書いています。
その時に色々調べまくり辿りついたのが   小俣政男先生の言葉です。
2005年4月  ちょうど10年前ペグリバが出始めの頃の話しで、肝臓癌を再発させないのは 「 ウィルスを消すこと 」 が何よりも大切、、、詳しくは以下の通り


肝臓がんの治療、   東京大学 医学部 教授  小俣政男先生   2005年 4月

(1) 手術、(2) ラジオ波焼灼療法等の経皮的局所療法、(3) 肝動脈塞栓療法及び化学療法の3つが柱だが、それぞれいずれも1回の治療で終わることはほとんどない。

初回治療で一旦がんを消失させても、術後1年以内に25〜30パーセントが再発し、年を追うごとに増え、5年以内に70〜80パーセントが再発する。

肝臓がんが再発するのは、肝炎ウイルスによって慢性肝炎から肝硬変へ進行した肝臓を発生母地としているからだ。日本の肝臓がんの8割はC型肝炎ウイルスの感染が原因だ。B型肝炎ウイルスによるものは1割で、両者をあわせると肝臓がんの9割は肝炎ウイルスによる。

「肝臓がんの原因の大半を占めるC型肝炎ウイルスは、感染後、急性肝炎から慢性肝炎に移行し、『雨だれが石をうがつ』ように肝臓への障害を積もり積もらせて肝硬変へと進行し、最終的にがんを発生させると考えられています」

と、東京大学医学部付属病院消化器内科教授の小俣政男さんは指摘する。

つまり、初回治療でがんを消失させても、肝臓にウイルスが残っている限り、がんの発生は繰り返される。そのたびに先述した3本柱の治療が行われるものの、いずれ治療できなくなるというのが肝臓がん治療の最大のネックだった。それを突き破る新たな治療法として、いま注目を集めているのがペグインターフェロンとリバビリン併用療法にほかならない。

ペグインターフェロン、リバビリン併用療法は、C型肝炎ウイルスを肝臓から駆除し、がんの発生原因を根本から取り除くという根治療法だ。がんのみを治療していた従来の肝臓がん治療の5年生存率は45パーセントにとどまるのに対し、続けて同併用療法でウイルスを駆除したときの5年生存率は80パーセントにのぼるというデータも明らかにされ、がん患者とその家族から大きな期待が寄せられている。

この文章が書かれた時点での 5年生存率 80%は肝臓移植に匹敵する根治療法と言われています。



 小俣政男先生は千葉大学を卒業後40年以上、日本、世界の肝臓病研究、治療を牽引して来られました。 また生え抜き以外での東大教授極めて稀であります。先生の研究室からは現在日本を代表するラジオ波治療の椎名秀一郎先生や東大医科研の加藤直也先生、杏雲堂の小尾俊太郎先生などたくさんの専門の先生方が輩出されています。 先生は現在も 山梨県立病院機構 理事長として活躍され、医療行為だけに限らず病院として地域との連携などの改革にも取り組まれていらっしゃいます。

その  小俣政男先生が    3月29日(日)に東京肝臓友の会 主催  で
医療講演されます。 詳しくは  ↓    長井記念 ホール   14時〜 16時


小俣政男先生 の紹介
             ↓

  • 顔アイコン

    > akioさん
    おはようございます。
    有意義な1日でしたね、朝の9時から講演会を
    挟んで なんと12時間以上、
    ほんとうにたくさんの方々のお話しを聞けました。
    特にシメプレ3剤でも治せなかった方々が何人も、
    中には シメプレ→アスナプレビル・ダクラタスビルと連続してNGだった方まで・・・・
    そんな中で すずめさんが参加して 下さり、リアルにギリアドの経口剤でSVRされた話しは大きな福音でした。

    小俣先生からギリアド経口剤の総括的な発言があるのでは?

    [ sunnyside ]

    2015/2/10(火) 午前 9:37

  • 顔アイコン

    Yukさん、おはようございます。
    川西先生自らが日本全国を回られますから、各地から人々も集まりますし、地域の実情もかいま見えます。
    大都市部では患者が病院を選べますが、地方では肝臓の専門医すらいないのが実情です。
    セカンドオピニオンという言葉は地方には存在しないのかも、だから地方では私たちの情報を元にして一発で治せるような薬の情報を待っている方々がいると思います。

    Yukさん、肝臓の仲間は私の誇りです。悩める人たちに的確なアドナイスが送れるように努力していきましょう。

    [ sunnyside ]

    2015/2/10(火) 午前 9:54

  • 顔アイコン

    サニーさん、こんにちは!
    日曜日は朝早くから本当にお世話になりました。
    大好きなみなさんに出会えて、憑き物が祓われた気がします。これからも単調な日々を工夫して楽しく頑張ります!

    また、新しい情報をありがとうございます。
    講演に出席する度、貴重なお話が聞け、尊敬するお医者様が増えていくことに、希望と喜びを感じます。
    3月29日も時間が許せば是非伺います。

    [ Yuketta ]

    2015/2/10(火) 午前 11:59

  • 顔アイコン

    Yukettaさん、こんにちは
    そしてお疲れさまでした。
    BMSの経口剤が始まっていますが、それでもやはり
    約12%の方々が 再燃または無効、すでに全国で1万数千人の人達が開始されています、12%だと1,000人以上が残されます・・・耐性は時間の経過とともに消えるのか、
    BMS、ギリアドの経口剤 NS5A で重複するし、

    [ sunnyside ]

    2015/2/10(火) 午後 2:34

  • 顔アイコン

    サニーさん
    pancoと申します。
    先日の講演会では大変お世話になりました。
    はじめての参加でしたが、サニーさんやakioさんの細やかな心配り、そして川西先生の穏やかなお喋り…温かい空気感に包まれてとても充実した時間を過ごさせて頂きました。
    交流会では皆様がご苦労をされている体験談の一言一言、胸が熱くなりました。
    サニーさんのお言葉で、ウィルスを消す、肝機能を維持する努力、定期健診…、まさにこれからの課題です。肝に命じて気をつけていきたいと思っております。

    心残りはサニーさんおススメの隠れ屋に行けなかった事^_^;
    行きたかったな〜。
    今後共どうぞよろしくお願い致します(^_−)−☆
    一段と冷えて参りました、体調を崩されないようにお過ごしくださいね。

    [ panco ]

    2015/2/10(火) 午後 9:41

  • 顔アイコン

    おおおおお、そうだった、サニーさんがみんなと行ったイタリアン、気になるー。奥さんの手料理が一番だとは思いますが。あは。これからもよろしくお願いいたします。

    [ Kawanishi ]

    2015/2/11(水) 午前 1:26

  • 顔アイコン

    > pancoさん
    おはようございます。
    先日はお会いできて光栄でした。
    私のメモによりますとpancoさんはソブ3剤終了されて
    SVR待ちですね、お元気そうでしたから順調に薬の副作用が抜けてきているのかな? SVR 間違いなし!
    治療の終盤から終了直後には薬の蓄積で副作用に苦しむ仲間が増えます。 これからもアドバイスお願いします。
    大切なことは 継続です。 SVRも単なる通過点です、
    一病息災 楽しく継続していきましょう。

    PS. イタリアン、平素は会社の仲間とランチで行っている定食屋さん。 少しだけ無理がきくだけです、次回はご一緒に、

    [ sunnyside ]

    2015/2/11(水) 午前 6:43

  • 顔アイコン

    > Kawanishiさん
    先生、先日はありがとうございました。
    ついつい感情的に なりすぎまして発言しすぎました。
    申し訳ありません、
    ガイドラインを破れ ですから・・・・

    都合がつきましたら日本全国出張します。
    なんでも鑑定団 のようです。

    [ sunnyside ]

    2015/2/11(水) 午前 6:49

  • 顔アイコン

    sunnyさん、こんにちは。
    sunnyさんの熱い想いが伝わってきます。
    皆さんの頑張りに敬意を表します。
    ご存知の経緯で著効となった私。
    申し訳ない気持ちもあります。
    待ち望む薬が早く認可される事と
    それでも再燃してしまった方の為の薬が
    登場するよう願っています。

    [ でこぽん ]

    2015/2/11(水) 午前 10:38

  • 顔アイコン

    あはは、ガイドラインは8割の人があてはまれば充分なので、あてはまらない人の治療はガイドラインどおりに行くはずが無いんです。だから、いいんですよー。みんなにあった治療が受けられるように、アドバイスありがとうございます。医師目線で追加発言しますしね。あは。

    [ Kawanishi ]

    2015/2/11(水) 午前 10:45

  • 顔アイコン

    > でこぽんさん
    おはようございます。
    いい天気ですね、サンルームの気温は暖房器具無しで24度あります。立山アルミの3畳ですが、、 笑い

    でぽこぽんさんのような方々がいらっしゃるから新薬が生まれる訳です。でも一歩間違えれば 深刻な副作用の薬だったかも、、、
    結果オーライすべて良し、待ってる人達の希望が膨らみます。
    これから来週水曜日夕刻からの準備をします。
    そのうちにお茶でも、

    [ sunnyside ]

    2015/2/11(水) 午前 11:44

  • 顔アイコン

    > Kawanishiさん
    先生、ほんとうににたびたびすみませんです。
    肝臓癌患者さんとなるとムキになってしまいます。
    治療中の癌の再発、治療の中止
    ガイドラインを考えながら・・・
    ウィルスを消すことを優先にするか、癌の治療を優先するか、もちろん癌の進行速度や位置(動脈or門脈) など
    いろいろ問題ありますね、
    人生いろいろ、患者の気持ちも いろいろかな

    [ sunnyside ]

    2015/2/11(水) 午前 11:55

  • 顔アイコン

    こんにちはsunnysideさん
    先日は朝から晩までいろいろありがとうございました。
    まったく有意義な会合だったと思っています。他の
    医療講演会とはちがった患者目線での講演、交流会。
    ブログオフ
    いくら新薬がどうこう私が書こうと、実際の
    体験者さんの言葉にかなうものではありませんね。
    sunnyさんの「熱き思い」こちらにも伝わってきました。
    個人的には自分にとってやはりすずめさんのお話が
    一番ありがたかったです。

    「全国出張なんでもXX」燃える闘魂
    がんばってください。XXは肝臓病相談あたりで
    どうでしょう。

    [ matrixboy001 ]

    2015/2/11(水) 午後 3:49

  • 顔アイコン

    > matrixboy001さん
    kuniさんですよね、先日は強引に連れ回して申し訳ありませんでした。
    はい、すずめさんは男です。
    前日まで、冬野菜の出荷でどうしても手が離せないと
    いっておられましたので無理かと思っていました。
    わざわざ那須から来てくださいました。
    特にシメプレ無効組の方々に大きな勇気をくれましたね。
    ちょっと助平ですが・・・MVP・・ 最高です。 笑い

    小さな親切、大きなお世話と言われるのを承知で
    親爺目線で、頑張ります。

    [ sunnyside ]

    2015/2/11(水) 午後 4:07

  • 顔アイコン

    >sunnyさん
    あ〜失礼いたしました。
    そうですkuni(kuni)です
    いえいえ強引に連れ回されたなんてとんでも
    ないです。ブログの先輩方とじかにお話が
    できただけで光栄です。ただすずめさんはず〜と
    若いお兄ちゃんだと思っていたのは事実です。
    いや事実万年青年でしょう。
    スマホをバリバリ使ってらっしゃいましたから)))

    [ matrixboy001 ]

    2015/2/11(水) 午後 7:59

  • 7日の 講演会 おつかれさまでした。
    私も ずっと 検査は
    していくつもりです、いつも 大切なことに 気づかせていただいて ありがとうございます。

    [ りんちゃん ]

    2015/2/11(水) 午後 11:47

  • 顔アイコン

    > matrixboy001さん
    kunikuniさん、おはようございます。
    お仲間さんで、最初すずめさんは女性ですか?
    なんていう方がいらっしゃいましたからね、

    でもドッコイ、、りっぱな男性です。

    〇ぐ さんは 彼の エ〇トークのファンです。

    農閑期になったら軽やかなトークが聞けるハズです。

    [ sunnyside ]

    2015/2/12(木) 午前 10:19

  • 顔アイコン

    > りんちゃんさん

    いつもありがとうございます。

    いよいよ秒読みに入りましたね、
    しっかりチェックさせていただいています。
    私の読みではもうウィルスはいないでしょう、
    あとの2-3回はダメ押しです。
    万一 2.3匹残っている奴らをぶたたく。
    そんな感じかな、、

    ただ、長期間の薬がたっぷり溜まっていますから
    今が一番きついでしょう、たくさんの仲間が現在同じ
    ような状態あるいは通ってきた道です。

    通さぬは、通すが為の道普請

    頑張れ!!

    [ sunnyside ]

    2015/2/12(木) 午前 10:29

  • 顔アイコン

    「小俣政男先生」、よく冊子で見ていた名前ですね。

    病気が治らない頃、新しい薬が出るまでの過ごし方とか、気の持ち方とかいろいろの先生の言われることを
    良く読んだものです。
    心の底では、どうにかしてウイルスを排除したかったです。

    3月に小俣先生の講演会が開かれるということは、また先生の話が冊子に載りますね。前のとき、サニーさんが
    小俣先生のこと書かれたとき、冊子を見ましたが、最近の冊子で先生の講演を見つけることができなくて、えっ…?と思いました。
    私、知っておられるかもしれませんが、東京肝臓友の会に20年前に入りました。

    四国遍路の旅結構有名ですね。話には聞いています。
    こちらからも参加される人が、ありますよ。

    [ カテキン ]

    2015/2/18(水) 午後 8:03

  • 顔アイコン

    > カテキンさん
    おはようございます。
    4回目の四国から帰ってまいりましたが、
    もう来月はいつから行くか、どこまで行くか
    検討中です。
    車で周れば1週間程なのですが、歩くと42日くらいかかります。 ご利益は同じ、、
    ただ無心で歩いていると、頭の中をいろいろな事が
    よぎります。
    小俣先生、肝臓学会で多くの専門医を前にして
    一喝したそうです。
    「 治らなかったら次の薬での声に対して、患者さんの気持ちを考えなさい、」 と

    [ sunnyside ]

    2015/2/24(火) 午前 9:40

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事