ゆす村農園のトロピカルフルーツ日記

マンゴー、ライチ、リュウガン、アテモヤ、アボカドなど熱帯果樹の農園です

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
嬉しい嬉しいご報告を頂きましたので、紹介いたします。
京都のご自宅で、鉢植えのマンゴーを育てて下さっているUさんよりメールを頂きました。
 
Uさんは昨年、花芽やミニマンゴーの付いた樹を購入して下さいました。
今年は、花芽をつけ、開花、受粉するところからのスタート。未知の領域を手探りしながら育て、収穫してくださったそうです。
 
メールを一部、引用させて頂きます。
 
今年の我が家のマンゴーですが、3月下旬から4月下旬にかけて計大小5箇所の花芽が出て、かぐわしき(笑)香りを、春の部屋に充満させてくれました。
 
部屋にはマンゴーの他に食べたパイナップルの冠芽を植え育てている鉢などもあり、そこに与えていた油カスに夏の間屋外でハエが発生していたのでしょう、部屋に自然とハエが飛び交う好条件?が整いました。実際、マンゴーの花にハエが止まっている時もあり、それに加えて、小筆で人工受粉も試み、努力の甲斐もあって着果した感じの赤ちゃんマンゴーも見受けられました。
 
昨年教えていただいたように、小さな実のうちから出来るだけ窓際の直射日光の当たる場所に鉢を動かしたりしながら、効率よく日光が当たるよう努力してみたところ、よく本やネットで見掛けるような、小さな実ながら、赤紫色に色付いた状態で育ち、昨年のような緑色のままの実ではなかったので嬉しかったです。
 
後半は満遍なく日光が当たるように、実の周りにアルミホイルを立てて、窓際の反対側にも日光が当たるよう工夫してみましたところ、自然落下する数日前より、急激に赤味を帯びた綺麗な果実になりました。
 
5箇所のうち、まともに着果があったのは割としっかり大きめの花芽3つだけでした。その実もある程度大きくなりかけては、成長を止め、生理落下を繰り返し、徐々に実は減って行きました。
 
最終的に一つの花芽の2個だけが卵くらいの大きさになりましたが、6月になっても一向に大きくならず、少し勉強をしたところ、どうも無胚果の実は大きくならないミニマンゴーになるということを知りました。
 
でもミニマンゴーは糖度が高く、商品価値が少なく市場に出回りにくいため、希少価値があるともネットで書いてありましたので、それはそれでいい勉強になったかな?と思っています。
でもやはり、大きな実を育てたいものです。
結局2個のマンゴーは、7月21日と22日にそれぞれ、昨年より赤く色付いて自然落下しました。とてもいい香りがしています。
 
南の地域とは異なり、冬場は冷え込みが激しいこちら京都では、なかなかマンゴーを育てるのは難しいのかもしれませんが、まだまだ試行錯誤で頑張っています。
 
ミニマンゴーという、収穫結果は成功とは言えないかも知れませんが、とりあえずご報告させていただきます。
 
 

アルミホイルを立てて果実の裏側にもしっかり日光を当てて下さったことは、素晴らしいですね!
そのおかげで、果実がしっかりと綺麗に色づいているのですね。
 
ご自宅で、花芽をつけ、このように鮮やかなマンゴーを収穫してくださったこと、とても嬉しく感動しました。
ご報告を頂きまして、本当にありがとうございます。
 
樹上で完熟したミニマンゴーは、さぞかし美味しかったことと思います(*^_^*)
 
この収穫体験が、ご自宅でマンゴー栽培に挑戦して下さっている方々の希望となりますように・・・!
  
イメージ 1
花の様子です。
イメージ 2
幼果の様子です。
イメージ 3
ご自宅の窓辺で育つマンゴーの果実
イメージ 4
収穫されたミニマンゴーです。
しっかりと色づいてとてもきれいです。
手間暇かけて頂いた成果ですね。素晴らしい果実です☆
 
Uさん、本当にうれしいご報告を、ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 

開く コメント(0)

今年収穫のライチも種類が増えてきました。品種特性の確認用に着果させています。
写真は,果肉がもちもちのノーマイチ(糯米滋),別名もちごめライチです。
果実の大きさは20gほど,香りがよく,果汁たっぷりで果肉はもちもち,糖度は21.4度と最高の甘さでした。
ちょっと晩生の8月になってから味を乗せて収穫する品種です。
樹はコンパクトで,鉢植えやハウス栽培で育てやすい特性を持っています。
多くの方に楽しんでいただけるよう,果実の方も準備していきたいです。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2

開く コメント(6)

今年はほとんど果実を作らなかったため、とっても貴重品となってしまったゆす村のマンゴーと、ライチ。
 
その果実を食べてくれた、S君とFちゃんの可愛い笑顔が届きましたよ。
 
喜んでいただけて、良かった良かった(*^o^*)
 
真っ赤な果皮の 採れたて新鮮なライチ、そして完熟マンゴーは、子供たちにもとっても喜んでもらえたようです♪♪
 
(写真を送って頂き、ありがとうございます!)
 
イメージ 1
 

開く コメント(4)

アボカドの「ピンカートン」が大きくなっています。
ピンカートンらしい、洋ナシ形の果形になってきました。

着果がよいのにびっくりしています。
生理落果も少ないです。
樹がとても落ち着いているからでしょうか。
...
3年生の、人の高さほどの若木に現在7個の着果です。
10個以上ついていたのを、少し摘果しました。
指宿の知人の方も、とてもよく着果しているそうです。

まずは、実がついてくれると、お世話しているこちらもとても元気が出ます。

皆様にお勧めしたい品種の一つです。
 
イメージ 1

開く コメント(2)

ミルクフルーツに今年もつぼみが見えてきました。
これまでのピンク種に加えて、今年は紫種にもつぼみが見えています。
ハワイのフランキー・セキヤさんから頂いた紫種、初結実が楽しみです。 
 
イメージ 5
今年のつぼみです(2013.7.20)
 
 
イメージ 1
 
 こちらは、昨年の開花の様子です
 
イメージ 2
 
そして、昨年の幼果
 
 
イメージ 3
 
昨年の収穫前の果実です
 
イメージ 4
 
糖度は20度を超すとても甘い果実でした
 

開く コメント(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事